年金の期待度

Category : Diary
初めに言っておくと、今日の話題はカタいです。
しかも話が飛びまくって支離滅裂です。
よほど暇な人以外は読まないのが良いかと。



今、社会保険庁の在り方が問われている。
宙に浮いた年金納付記録はなんと5000万件。
元来貰えるはずであった年金が減額されていたり、既に時効が成立していて受け取れない年金もあるとか(なんだそれ!)



昨今流行っている株・為替・先物取引などは全て自己責任だから損をしても仕方が無い。この自己責任を広範囲に当てはめれば投資信託などプロに任せる投資も”その人・その金融機関”を信じ、投資を任せてしまった自分の責任とも言える。
しかし、当然のことながら年金は投資ではない。
何がマズイって、(厚生年金の)年金納付は国民の義務として強制的に徴収されているから性質が悪い。そこに選択の余地は無いのだ。
これがもし、『今から年金を納付していれば、将来年金として毎月一定額が支給されます。ただし、納付するか否かは貴方の自由です。当然納付しない人は将来受け取る額はゼロです。』だったら、社会保険庁というイイ加減な機関に納めてしまった自分の責任もわずかながらあるのだから、まだ話は分かる。(それでも十分マズイのだが・・・)

そもそも年金制度って何だ?
大体、世代間扶助っていうのが気に食わない。
今、支給されている年金の大部分は僕達サラリーマンが収めている税金だ。
(詳細はR25.jpを参照)
少子化の一途を辿るこの国で、仮にこのままの出生率が続けば、僕達が年金を受け取る頃には若い世代にかかる負担は相当なものになるだろう。もしくは支給される年金の額が減額されることは想像に難くない。
この世代間扶助という考え方は人口がある程度一定、もしくは子供の人口が増え続けることを前提としたものなのではないだろうか。

自分が払った税金なんだから、将来それに利子を付けて年金として返してくれればそれでいいよ。

更に僕個人の意見で言わせてもらえば、※他人に任せているお金に対する期待度は著しく低いので、仮にそれで損をしても元々期待していないから落胆も少ない。(だから自分で投資をしている)
※プロの投資家だろうが社会保険庁だろうが要は他人だ。
『年金なんて将来どうせ破綻するんだから、税金を払わないでその分は自分で貯蓄しておきたい』と常々言っているんだけど、これは今の僕が心身ともに健康で、安定した収入を得ているからこそ言える”強者の理論”なのかもしれない。

しかし、老後の収入が全く保障されないサバイバルな国家になってしまうと凄く殺伐とした社会になってしまうから、やっぱり年金制度の存在は仕方が無いのかもしれない。うーん、難しいね。



少子高齢化社会が進むと声高に叫ばれるのが『福祉の充実』で、納税額が高い代わりに老後の生活が手厚く保障されているヨーロッパ型の社会がよく引き合いに出されるのだけど・・・本当にその『ヨーロッパ型福祉国家』が目指すべき姿なのだろうか。

先日のフランス大統領選を振り返ってみたい。
今年のフランス大統領選は、従来のヨーロッパ型の福祉国家路線を重視するロワイヤル氏とアメリカ型の資本主義経済を重視し、経済力をつけることで国全体を豊かにしようとするサルコジ氏の事実上の一騎打ちとなった。
結果は僅差でサルコジ氏の勝利。
つまりフランス国民は福祉が充実したヨーロッパ型社会に不満を持ち、アメリカ型資本主義社会(=日本の資本主義社会?)を選んだことになる。

本当に豊かな社会って何なのだろうね。正解はどこにも無いのかもしれない。


難しい話は置いておいて、とりあえず『払ったモンはしっかりと管理しろ! そしてちゃんと還付してくれ! それが出来ないのなら年金なんて止めちまえ!』ってことだね。

安部首相は『不明な5000万件は一年間で全て調査します』と宣言した。
5000万(件)÷365(日)=136986(件) ※端数切捨て

1日13万件とか無理だから(笑)
しかもお金が絡む問題だから当然(照合)正解率は100%じゃなきゃマズイ。
『これからソフトウェアを開発する』って言っていたけど、そんな夢のようなソフトウェアが出来るのかねぇ?

甚だ疑問だ・・・。
Posted by りすお [RIS-O] on 14.2007   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend