美しい国に「出世意欲」は不可欠!?

Category : Diary
ちょっと気になる記事を見つけました。
アンケート自体はありがち(?)なものなんだけど、結果に対する意見が実に様々で面白い。

<高校生意欲調査>「出世意欲」、日本は断トツ最下位


日本の高校生は米中韓の高校生よりも「出世意欲」が低いことが、財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長)の「高校生の意欲に関する調査―日米中韓の比較」で分かった。「将来就きたい職業」では、公務員を選んだ高校生が日本では99年調査より約22ポイントも減少するなど、米中韓に比べ、明確な目標を持てない日本の高校生の実情が浮かんだ。
 調査は06年10月~12月、日米中韓の高校生計5676人を対象に実施。進路や人生目標、職業意識などを聞いた。所属する高校を通じて実施したため、回収率は100%になるという。
 「偉くなりたいか」という問いに、「強くそう思う」と答えた高校生は中国34.4%▽韓国22.9%▽米国22.3%に対して、日本はわずか8.0%。卒業後の進路への考えを一つ選ぶ質問では、「国内の一流大学に進学したい」を選択した生徒は、他の3国が37.8~24.7%だったのに対し、日本は20.4%にとどまった。
 また、将来就きたい職業(複数回答)では、日本は99年調査よりも弁護士や裁判官、大学教授、研究者の割合が低下。特に、公務員は前回の31・7%から大幅減となる9.2%だった。逆に「分からない」を選んだ生徒が6.2ポイント増の9.9%になった。
 千石理事長は「食べることに困らなくなり、今の高校生は『偉くなりたい』という意欲がなくなってきている。また、(従来『出世』と考えられてきた)職業に魅力や権威がなくなっている」と分析している。
(毎日新聞より抜粋)



予想では『嘆かわしいことだ』みたいな意見で埋め尽くされるのかな~って思っていたら・・・

・そもそも「偉い」って何だ!?
・「出世意欲」の無さが否定的に伝えられているのことが気になる
・こういうアンケート自体が感心できるものではないかと・・・

↑みたいな意見が結構多い。
時代が変われば意識が変わるのも当然。(変わらないものもあるけど)
世相を反映しているのかもしれませんね。

記事を見る限り、弁護士や裁判官、大学教授、研究者といった人が一般的に”偉い”とされる人々の象徴なのかな?

僕自身、このアンケートの趣旨がよく分からないのだけど・・・
ひょっとしたら「偉くなりたいか」という質問の裏には各々の「向上心」を探ろうとする意図があったりしたのかな。。。

いろいろな感想があって面白いね~。
何が正解というわけではなく、色々な意見があってイイのではないでしょうか。

本題の「出世意欲」に関しては、諸外国と差が出たといっても別段そこまでの危機感を抱かなくてもいいような気がします。
自分の周りが特にそうだっただけかもしれないけど、皆あまり考えてないように見えて、やることはシッカリやってましたからね。
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2007   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend