if I could be XXX

Category : Diary
月曜日。一週間の始まり。憂鬱。

今日は事務所に出社したので、何気なく全体のスケジュールをチェックしてみた。
今週の土曜日に結婚式(出席)の予定を入れている人が思ったより多い。
まぁ、ミキティはいわば社内恋愛だったわけだから当然いえば当然だけど。

結婚式に出席する人は、ウチの部では部長をはじめ、僕の同期(♂)が一人、派遣さん(既婚の女子2人)くらいなのだけど、相手(夫)が在籍する部ではそれなりの人数が出席するみたい。
ていうか僕の同期・・・ミキティとそんなに仲良かったっけ。いつの間にか飲み友達になってたのかな。

僕は連名で電報を打ってあげるくらいで、出席はしません。(お呼びもかかっていません)
この状況で考えられる要因は・・・

・彼女と僕はずっと同じ部だったものの、さほど仲が良いというわけでもなかった。
・実は密かに恋心を抱いていたのがバレバレで、気を使って式には呼ばなかった。
・僕は式にお呼ばれしている他の社員とはほとんど交流がないため、呼ばなかった。
・むしろ最初から嫌いな方だった。

可能性が高い順に並べてみたけど、二番目だったらメチャクチャ恥ずかしいな。

でもこれでいいのさ。
出席しても自分が惨めになるだけだから。

式場で、夢にまで見た女の子が、太陽みたいに眩しい笑みを浮かべてる姿はとても美しいことだろう。
でもその笑顔を独り占めできるのは彼だけ・・・。
つまり、結婚とはそういう契約なのだから。

もし僕がスゲー金持ちだったら
もし僕がもっとハンサムだったら
もし僕がもう少し背が高かったら
そして僕にもう少しだけ勇気があったなら・・・

ウェディングドレスに包まれた彼女を笑顔を見送りながらも、心の中でこういうことを絶対に思っちゃうもん。

↑は歌詞をもじって書いたものなんだけど、まさにELLEGARDENの『Marry me』状態。


予備校生のときに英語講師が「if」(イフ)の意味をこう解説してくれた。

「if(イフ)は、直訳すると『もしも~なら』だけど、『現状は、想像(理想)と対極の位置にあり・・・実現不可能な状態におかれている。』
受験対策上はそう考えた方が分かりやすいぞ。」

これを聞いた僕は妙に納得した。
実現できないから、できなかったから「if」なのか。
思えば自分の人生、そんなことばかりだ。

こんなネガティブ思考だからイケナイのかな。
もっと俺について来い思想(?)にならなきゃだよね!!

最近趣味の方もパッとしないし、かといって僕から趣味をとったら何も残らないし・・・
周囲に合せる必要はないのだけれど、皆が歩いている方向とは明らかに違う方向へ歩いている気がする。
漠然とした不安、焦燥感、そして諦め。

派遣の女子、Sさん(既婚)から帰り際にこう言われた。

Sさん:『りすお君、吉報を期待してるからね。(*'-')フフ♪』
RIS-O:『突然何さ(^_^;) 電撃結婚とかそういう話?』
Sさん:『いきなりそこまでいかなくても・・・素敵な彼女が出来ました!みたいな報告とか』

有り得ないね。・・・ていうか、その気配すらない。
フツーに生活してて女子との接点がないし。

いわゆる会社の同僚との飲み会とか、そういう類のものは苦手。
趣味の分野でも自分からは話しかけることはまずないから、交流関係が広がらない。
周囲の男友達は『ここ何ヶ月も女子と会話してない』とか、そういう人達ばかりだし、そこからのツテも期待できない。
うーむ。
言い方は悪いけど、やはり類は友を呼ぶみたいだ。

先日、そんな下らない事を友人とゴタゴタ話していた。
出た結論がコレ。

『やはり、男子校に入ってしまったことが間違いだった。』
『環境が大事だ。多数の男と女が一緒の空間にいれば、何かが起こるはず(笑』

確かに多感な青春時代に異性のいない環境に置かれたせいで、ずっしりとオタク文化に染まってしまったからなぁ。
僕等がこんな風になってしまったのは、僕等自身が悪いのではなく環境が悪かったから? つまり世の中のせい?
これって犯罪者の考え方だよね(笑 キケンキケン。

結果的に大学受験で浪人してしまったし、もうちょっとランクを落として共学校に行ってもよかったのかもしれない。
もしあの時に共学校に入っていたら、今頃は結婚して幸せな家庭を築いていたのだろうか。
Posted by りすお [RIS-O] on 22.2007   2 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend