『大島優子ネパールに行きたい!天空のヒマラヤと野生の楽園を巡る』 放映日決定

Category : TV


元AKB48で今は女優として活躍している大島優子の紀行番組が3月4日に放映される。

元々大ファンというわけではなかったのだけれども、AKB48では小嶋陽菜に次いで好きなメンバーだった。

当時は『握手会に行ったら負け』と思っていたので、ひたすらAKB48の劇場公演でパフォーマンスを見ていた。
実際それだけで満足していたので、彼女と握手をしたり会話をしたことは一度もない。

仕事上なかなかまとまった休みが取れない僕は、頻繁に海外旅行に行くことが出来ない。

「仕事疲れたなぁ」とか、「気分転換したいなぁ」と思ったとき、僕はBSで放映されている旅番組や散歩系の番組をよく見る。

そういうわけで、(元)アイドルと旅番組のコラボは個人的にかなり好きな組み合わせなのである。

AKB48時代から大島優子の凄さは理解していたつもりだけれども、過去2回放映されたこの「地球感動スペシャル」を見て、改めて大島優子の凄さが分かるようになった。

英語はペラペラに喋れるわけではないけれども、舌の巻き方とか発音とか、相当勉強してきたのだろうな…と感じさせる喋り方だったし、AKB48時代から変わらず今も常に自分を高めているであろうことが分かった。

AKB48時代は前田敦子が卒業した後、AKBの顔として活躍していたこともありアンチからの風当たりが強かったけれど、バラエティ番組『めちゃイケ』の学力テストで、トップとはいかないまでも常に成績上位に食い込んでいたのを見たヤフコメ民が『大島優子って何でも出来るんだね』と舌を巻いていたのが印象的だった。

しかし、当時おバカキャラとしてイジられていた川栄が女優として大成するとは思っていなかったなぁ(苦笑

それはともかく…。
ナレーションも落ち着いていて聞き取りやすいし、元々大島優子が好きだった人ではなくてもオススメできる番組だと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2018   0 trackback

新橋のサラリーマンの年収が意外に低かった件

Category : TV
先週放送されていた「めざましテレビ」の賃上げ特集から。

本当はすぐに書きたかったのだけど残業三昧でブログを更新する気力が無かったデス。。。

20180130_01.jpg
20180130_02.jpg

アパレル業32歳。
年収約400万円。

うーむ。。。

20180130_03.jpg

WEB広告業21歳
年収約450万円。

21歳で450万円はかなり凄いと思う。

20180130_04.jpg

今よりも毎月5万円賃上げしてほしいそうだ。

20180130_05.jpg

マッサージ業24歳
年収280万円。

え…ここ新橋だよね?

24歳で新卒の可能性を考慮しても、マッサージ業ってこんなに低いのか。。。
業種というよりも就職している会社によるのかもしれないけれど。

20180130_06.jpg

飲食業34歳
年収約230万円。

自ら『給料は低めです』とへりくだっていたが、転職も視野に入れているとのこと。

飲食業は大変さに比べると割に合わない年収という印象がある。
他の人はどうなんだろう?

20180130_07.jpg

携帯電話のアンテナ工事業43歳
年収約390万円。

新橋あたりにいるサラリーマンは概ね年収500万円以上の人たちばかりだと思い込んでいたけれど、どうやらそうでもないらしい。

そもそもサンプルが少なすぎるし、全国放送されるテレビのアンケートで本当の年収を言っているのかどうかも怪しい。

ただ、疑い出すとキリがないので信じることにする。

果たして年収200万円台で東京で暮らして行けるのだろうか?という疑問が。

東京は他県と比べて家賃や駐車場代が異様なほど高いから、それなりの家・マンションに住もうと思ったら少なくとも400万円は無いと厳しいのでは。。。

おそらく年収200~300万円台の人は首都圏でも東京以外の県から通勤しているのだろうけれど…。

20180130_08.jpg

突如給料を15%カットされて『やってられないと思った』男性。

『(車でドライブなどの)レジャーに使うお金を我慢して節約するしかない』とのこと。

自分はいわゆる”人並みの年収”だと思っているけれど、運が良かったなとは思う。

自分みたいにやりたい仕事が無く、消去法で業種を選択、勤務地で会社を選び、「なんとなく」でそれなりの規模(社員数)の会社を選んだ結果が「今」だから。

選んだ業種や会社によってここまで年収に差があるなんて、学生時代には想像もつかなかった。
(TV業界と商社は年収高いんだろうなぁ程度で、そもそも選択肢になかったけれど)

■大学教授が源泉徴収票を公開して話題に


税金がこんなに重くのしかかってくるなんてことも知らなかった。

自分もガッツリ3割程度税金取られていたから。。。



社会人になるにあたってバラ色の未来を見据えて目を輝かせている学生は良いとして、「やりたいことが特にない」という貴方。

とりあえず、それなりの規模があり、東証一部上場している会社を選ぶと、それなりのお給料とお休み(有給休暇)を取得できるよーと声を大にして言っておきたい(笑)





この人のような例もあるから、やはり会社選びは運なのかもしれない。。。
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2018   0 trackback

YOSHIKIが紅白歌合戦でドラムを叩いた理由

Category : TV

【紅白】X JAPAN、YOSHIKIが9ヶ月ぶりドラム 「紅」で“奇跡の復活”
2017/12/31(日) 22:11配信 オリコン

■『第68回紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 8回目出場のX JAPANは、今年5月に頚椎(けいつい)の手術を受けたYOSHIKIが「紅」でちょうど9ヶ月ぶりにドラム演奏を披露した。

 YOSHIKIが人前でドラムを叩くのは3月31日のテレビ朝日系『ミュージックステーション』以来。5月には頸椎椎間孔狭窄症のため米・ロサンゼルスで緊急手術を受け、一時は「アーティスト生命に支障をきたすばかりか、日常生活さえもままならない」(現地主治医)と予断を許さない状況だった。その後はドラムを封印し、7月からのツアーもピアノ演奏のみでステージに立ち続けていた。



事前に公表されていた曲目は『ENDLESS RAIN』のみ。

20180101_01.jpg

”紅白スペシャル”となっていたので、追加でもう1曲演奏するであろうことは予測出来たものの、まさかこのタイミングでドラムパフォーマンスが見られるとは思わなかった。

20180101_02.jpg

『紅』のイントロが流れてドラムセットがステージ下からせり上がってきたときの観客の反応凄かったな…。

自分も意表を突かれて鳥肌が立った。

20180101_03.jpg

しかし、なぜこのタイミングでドラム復活なのだろうか?

YOSHIKI自身がサプライズ好きであること、作曲者・演奏者としても名を馳せているが、根っからのエンターテイナーであり”魅せる”ことに重点を置いていること…様々な理由が挙げられると思う。

20180101_04.jpg

紅白歌合戦でドラム演奏を復活させた、その鍵となる発言が2016年に放映されたNHK『SONGS』ならびに昨年公開されたドキュメンタリー映画『We Are X』の中にあったと思う。

YOSHIKIのインタビューを掲載してみる。

ロックシーンの異端児 紅白への思い

X JAPANは2015年、本格的に再始動し、18年ぶりに紅白に出場した。YOSHIKIには、紅白に対し特別な思いがある。ロックシーンからも異端児として出てきて、なかなかみんなに受け入れられず、自分たちのやっていることは正しいのかなどと葛藤しながらやっていて、どんな大きな会場でやっても認めてくれなかった家族に、紅白に出た瞬間に「よく頑張ったわね」と言われたのがすごくうれしかったと話す。
 紅白のためにYOSHIKIが作り出場歌手全員で歌った「Tears」は、亡きhideが愛した曲だったことからX JAPANにとっては特別なバラードとなった。 (映像:紅白歌合戦での2015年「BORN TO BE FREE」、1991年「Silent Jealousy」、1992年「Tears ~大地を濡らして~」の演奏風景)
https://datazoo.jp/tv/SONGS/1020949



YOSHIKIには、紅白に対し特別な思いがある。
(中略)
(東京ドームのような)どんな大きな会場でやっても認めてくれなかった家族に、紅白に出た瞬間に「よく頑張ったわね」と言われたのがすごくうれしかった



完全に憶測なのだけど、一番の大きな要因はここにあったんじゃないかと。

世代間のギャップは想像以上に大きく、日本のロックシーンを塗り替え、東京ドームでLIVEを行うまでに成長したX JAPAN(当時はX)であっても、家族/親世代の理解を得るまでには至っていなかった。

それがNHKの『紅白歌合戦』に出演したことを契機に周囲の評価がガラッと変わったのである。

今の若い人たちにとって、レコード大賞や紅白歌合戦にはさほど権威を感じないのかもしれない。
しかし、やはり昭和を生き抜いてきた親世代にとって紅白歌合戦は特別なのだ。

『ロックバンドはピアノなんか弾いちゃいけない』

『ロックバンドがテレビに出るなんて有り得ない』

『髪の毛を落ち着かせた方がいい』

評論家やレコード会社の人間の言う事を聞かず、むしろ逆のことをやってきたX JAPAN

YOSHIKIは他人の評価なんて全く気にしない人だと思っていたけれど、やはり家族だけは特別なんだろうな…。

実際、バンドが有名になったことで家族が崩壊していったToshlは、苦しんだ末に洗脳され、X JAPANを脱退してしまったわけだし。

世界中が敵だらけになっても、家族だけは最後まで自分を信じてくれる。
盾となって自分を守ってくれる。
だからこそ理解してほしい。

YOSHIKIにもきっとそんな思いがあったのだろう。

20180101_05.jpg

X JAPAN格好良かったなー。

しかし、自分がオッサンになってから再び紅白歌合戦でX JAPANを見られる日が来るとは思わなかったな。
人生何が起こるか分からないね。



Posted by りすお [RIS-O] on 01.2018   0 trackback

YOSHIKI、GACKTの相棒として「芸能人格付けチェック」に登場

Category : TV

GACKTの相棒はYOSHIKI 来年格付けチェックにネット「最高最強かよ!」
12/12(火) 9:34配信 デイリースポーツ

 毎年元旦にテレビ朝日・朝日放送系で放送される「芸能人格付けチェック!」で連勝記録を伸ばし続けるGACKTの2018年パートナーに、X JAPANのYOSHIKIが決まったことが12日、分かった。X AJAPNのドキュメンタリー映画「WE ARE X」公式ツイッターで発表された。

 この番組は、一流と三流の食事や音楽、映像などを見極め、一流を当てるというもの。その中で無類の強さを発揮し、連勝記録を個人では51に伸ばしたのがGACKT。毎年、GACKTのパートナーに誰が選ばれるかに注目が集まっており、2017年はホリエモンこと実業家の堀江貴文氏だった。

 そして、この日「WE ARE X」公式ツイッターで「『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』に最強チーム『YOSHIKI&GACKT』が登場!最強チームで、絶対に間違えられない戦いに挑みます。どうぞお楽しみに!」の告知が。

 これにはファンは熱狂。「YOSHIKI&GACKTはやばすぎ!」「凄すぎ!」「最高最強かよ!」「どうしたって期待しちゃう」など早くも元旦への期待感が沸騰していた。



GACKTが連勝記録を伸ばしていることで毎年話題になるこの番組。

今まではなんとなく敬遠していて見ていなかったのだけど、YOSHIKIが出るとなれば話は別。

絶対に見ようと思う(`・ω・´)

しかし、先日の『しゃべくり』といい、今回の『芸能人格付けチェック』といい、バラエティ番組に立て続けに出演するようになるなんて、YOSHIKIも丸くなったなぁと。

出身が『天才たけしの元気が出るテレビ』だったし、音楽バラエティーの先駆けともいえる『HEY!HEY!HEY!』にも積極的に出演していたから、意外にバラエティ番組・お笑い芸人との相性は良いのかも!?


Posted by りすお [RIS-O] on 12.2017   0 trackback

乃木坂46メンバーの仕事観 ~趣味を仕事にした方が良いのか~

Category : TV
10月上旬に放映された「乃木坂46のガクたび」

乃木坂46のメンバーが地方の学校に”1日転校生”として入学し、
生徒と共に学んだり実習をしたり、スポーツをするというもの。

西野七瀬、井上小百合、堀未央奈の3人が入学したクラスでは総合学習が行われたのだが、
なかなか哲学チックなお題で非常に興味を惹かれた。

西野七瀬に対し『今の仕事は趣味として考えていますか?』と問う教師

20171028_01.jpg

西野七瀬は『趣味とは全く別です』と回答

20171028_02.jpg
20171028_03.jpg

今日のお題は『趣味を仕事にしたいかしたくないか』をディスカッションするというもの。

20171028_04.jpg
20171028_05.jpg

井上小百合は『趣味を仕事にしたい派』

『ライブとか芝居とか舞台とか見るのが好きだから (中略) 今この世界で頑張れている部分がある』

20171028_06.jpg

一方、西野七瀬は『趣味を仕事にしたくない派』

20171028_07.jpg
20171028_08.jpg
20171028_09.jpg

西野:仕事と趣味が一緒になってしまったら(嫌なことを)忘れられるような時間がなくなる。

20171028_10.jpg

2期生 堀未央奈の意見

20171028_11.jpg

堀:自分の好きなことを仕事にしたい。

リクルート社が以前から提唱していた「好きを仕事に」とまさに同じ。

20171028_12.jpg

教師曰く、『(趣味を仕事にすべきか、そうではないかに対し)正解はありません。みんなの価値観次第です。』

20171028_13.jpg

『実際に仕事をしてみないとわからないこともいっぱいある』



個人的には西野七瀬さんの意見と同じだな…と思った。

趣味を仕事にしてしまった瞬間に”楽しめるもの”ではなくなってしまう気がするから。

ただ、自分の知り合い/フォロワーさんは自身の夢や趣味を仕事にしている人が意外なほど多い。

仕事と趣味を完全に分けている自分は、趣味を仕事にしている人と比べて幸福度が高いのだろうか。

幸福度って数値化できないから分からないよね。

仕事以外にも余暇の過ごし方、人間関係、家族、配偶者、恋人、子供の有無でも幸福度は変わってくるだろうし。

ただ、国民的アイドルグループへと成長し、一般的には”成功者”として認知されている乃木坂46のメンバーですら、それぞれの仕事観が全く異なっているという事実。
非常に興味深い内容だった。
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2017   0 trackback

NEWS ZERO サラダ専門店特集で強烈なマウンティングをキメる

Category : TV
NEWS ZEROキャスター 桐谷美玲のコーナー

20170530_01.jpg

最近都内に専門店が増えているとのこと。

20170530_02.jpg

二子玉川に出来る行列とは…!?

20170530_03.jpg
20170530_04.jpg

キーワードは「健康」「野菜」

20170530_05.jpg
20170530_06.jpg
20170530_07.jpg

サラダ専門店が都内に急増しているのである。

20170530_08.jpg

桐谷美玲ちゃんがサラダ専門店を取材

20170530_09.jpg

SNS映えするサラダ








■サラダとは
20170530_14.jpg

■随分と壮大な話に
20170530_15.jpg
20170530_16.jpg


■自分の人生を自分で切り開く女性(例)
20170530_10.jpg

・・・!?

20170530_11.jpg





20170530_12.jpg





20170530_13.jpg














Posted by りすお [RIS-O] on 30.2017   0 trackback

岡副麻希アナ めざましテレビのレポでなぜか笑いを取る

Category : TV













Posted by りすお [RIS-O] on 20.2017   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend