東京スタイルTV ~十味・monogatari・花咲れあ出演~

Category : idol
スマホアプリCHEERZが協賛している『東京スタイルTV』に行ってきました(*・∀・)ノ

“平成最後の奇跡の原石”と呼ばれて各種雑誌の表紙やグラビアを席捲している 十味(とーみ)ちゃんがMCを務めるインターネット番組。

その番組のゲストとしてmonogatariの柊宇咲・倉澤遥の二人が出演するということで、一回くらい観に行ってみようかな?と。

20190812_01.jpg
渋谷駅南口

アウェーの渋谷に来た。

ただでさえ人が多いのに凄まじく蒸し暑い…。

駅から青山学院方面に歩くこと約7分

20190812_02.jpg

本日の会場であるUNITED HALLが見えてきた。

20190812_03.jpg

( ´ _ゝ`)フーン 地下なんだ。

事前予約のPassmarketで『席に限りがある座席制』みたいなことが書いてあり、売り切れていなかったから「自由席制なら後ろの方でいいや」と思い、時間ギリギリに到着したら・・・席が全部埋まってる(汗

事前販売チケットは売り切れてなかったけれど会場内メチャメチャ混んでるじゃん。。。

ていうかフツーに後方立ち見エリアあるのね。

何人も折り重なる感じではなく余裕があるからいいものの、ずっと立ち見は(おじさんとか)ツライ人もいるんじゃないかなー。

モノガ(monogatari)の物販でチェキを撮っている青柳氏と十味ちゃんがMCを務めるインターネット番組「東京スタイルTV」

グラドルと(歌って踊る)アイドル達によるワチャワチャしたトークが面白く大いに盛り上がったヽ(´ー`)ノ

過去のインターネット配信を見ていて、モノガの倉澤遥ちゃんはこういう場でも結構喋れることが分かっていたけれど、柊宇咲ちゃんもこんなに喋れるようになったんだ…。 あと、グラビア界では既にかなり有名な花咲れあちゃん、こんなに細くて小さい子だったのか~と生観覧で見て驚いた。



■特典会
十味ちゃんをはじめとするゼロイチファミリアのグラドル組はチェキ1枚1k

モノガはいつものチェキ1枚2kのレギュレーションだった。

ほぼ個人イベントなんだからこんな時くらいイベント標準である1kのレギュレーションに合わせればいいのに…

今日、お金を使う昼の用事がなくなったこともあり、その分のお金を特典会につぎ込んでしまった。

ゼロイチのチェキ会は1kでお得だわ~ヽ(´ー`)ノ

20190812_04.jpg
(左)モノガ@倉澤遥 (中央・右)十味

3億年ぶりくらいにモノガの特典会に参加してしまった…。
今日の番組中に出されたクイズに対し、倉澤遥の答えが面白かったので、ついつい。





可愛いは正義\\\\٩( 'ω' )و ////
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback

夢みるアドレセンス 荻野可鈴&志田友美 メルカリのWEB CMに登場

Category : idol
夢みるアドレセンス(通称夢アド)の荻野可鈴&志田友美がメルカリのWEB CMに登場

ツイッターのプロモーションに突然出てきたので驚いた…。

20190810_01.png

ど真ん中直球勝負の可愛さを全面に押し出してきた2人に対し、ネットでは『可愛い』を連発する人が続出しているとか…!?

■荻野可鈴&志田友美バージョン
https://twitter.com/merpay_official/status/1159785141981589504


■荻野可鈴バージョン


■志田友美バージョン
Posted by りすお [RIS-O] on 10.2019   0 trackback

TIFに行かなかった夏

Category : idol
世界最大級のアイドルの祭典Tokyo Idol Festival 2019

いわゆる「TIF」に今年は1日も行かなかった。

巷で言われている「おじさんのTIF離れ」とはちょっと違う、個人的な理由によるものだ。

・真夏の炎天下は暑すぎる
・元々暑さが苦手
・汗だくでアイドルに会いたくない
・長時間紫外線を浴びたくない
・TIFの特典会テントの赤色が写メ・チェキに映り込むから嫌だ
・イキリオタク(ピンチケ)と同じ空間に居たくない

表向きの理由はこんなところだが、お目当てのアイドル(夢アド・monogatari・ヤナミュー等)は出演しているし、「見たいアイドルが居ない」という状況ではなく、決してモチベが上がらなかった訳ではない。



自分に大きく欠けていたのはモチベというよりも体力だったりする。

最近やたら疲れやすいし、特に炎天下で汗をかいた後、空調の効いた部屋に戻って来ると疲れ切ってすぐに眠くなってしまう。
おそらく加齢による体力・気力の低下だろう。

見た目的な容姿の劣化以上に、僕の体の内部は蝕まれているのかもしれない。

数年前から潰瘍性大腸炎の治療でずっと薬が手放せないし、時折皮膚炎にも悩まされるようになった。
更に昨年から結膜炎にかかることも数回あった。
これらは若い頃には一度も経験しなかったことだ。

毎年春になると花粉症が酷くなるのでアレルギー対策の薬を飲んでいるし、一日で10~15錠も薬を飲んでいるとそのうち薬漬けで死んでしまうのではないかと思うこともある。

仕事面の環境の変化が与える影響も非常に大きいものだった。

会社合併により幹部社員が頻繁に変わったり、勤務地変更問題も浮上した。
「働き方改革」で労働時間(残業時間)は減ったものの、仕事内容の変化により以前よりも疲れるようになったし、深夜残業などを行うと翌日以降も疲れを引きずるようになってしまった。

少し前に巷を騒がせた金融庁レポートの『老後2000万円問題』に影響された訳ではないものの、時折送られてくる「ねんきん定期便」に書かれている「将来貰える年金額(月額)」のあまりの少なさに将来の不安を覚えたりもした。
ちなみに年収1000万円を稼いでいる人でも将来貰える年金額は月額17万~18万円程度らしい。

結婚して奥さんの年金を足せば、それなりの生活水準は維持できるだろう。
ただ、今、オタ活に全力を注いでいる人達に十分な貯蓄額があるとは思えないし、歳をとってから”その気になって”サクっと結婚できるとも思えない。

将来どうするつもりなのだろうか。

それとも、僕が知らないだけで彼等には既に2,000~3,000万円の貯蓄額があったりするのだろうか。

人はいつか働けなくなる時が来る。

「いざとなれば生活保護がある」と考えている人もいると思うけれど、年金支給年齢がどんどん後ろ倒しされ、マクロ経済スライドで年金額が削られていくことを考えると、将来生活保護で支給される金額も相当減っていくことだろう。

LIVEに行くのは趣味なので「オタ卒」や「他界」をする気は毛頭無いが、体調面・金銭面の不安を払拭するために自分が目標としている金額が貯まるまではオタ活よりも資産形成・節約重視の方針で行こうと考えている。
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2019   0 trackback

山口はのん 20th Birthday〜ハタチだョ!全員集合〜

Category : idol
夢みるアドレセンスの(元)新メンバー 山口はのんさんのバースデーイベントに行ってきました(*・∀・)ノ

この日は3連休の最終日。

仕事が立て込んでいて出勤の可能性があったため、結局前売りチケットを買うことは出来ず当日券で急遽参加することになった。

夢アド宮古島ツアーの初日の食事会で『生誕イベント絶対来なきゃダメだよ!』と、本人から猛烈にアピールされたことが大きな要因なのだけど、そのときの雑談で『宮古島ツアーに来てる”はのん推し”ってどれくらい?』と聞いたら、『うーん、2~3人くらいかなぁ』と寂しそうにつぶやいていたので、生誕イベントは1人でも多くのユメトモにお祝いされた方が嬉しいだろうなぁと思った次第。

夢アド内ではリーダーの荻野可鈴がぶっちぎりの人気で、特典会では常に長蛇の列が出来ている。
次点に志田友美、続いて小林れいちゃん…かな?
ここまでは初期メンバーで、後の(元)新メンバーの3人に関しては荻野・志田の2名と比較すると明らかに知名度・人気に差がある状況で、日によっては特典会がサラっと終わってしまうこともあり…。
正直生誕祭イベントに駆け付けるファンがどの程度いるのか全くの未知数だった。

IMG_5655.jpg
赤坂Linkage-047 エレベーター案内

IMG_5656.jpg
赤坂Linkage-047入り口付近

IMG_5659.jpg
有志のファンによるスタンド花

IMG_5658.jpg

IMG_5660.jpg

えっ・・・想像の倍くらい人がいるΣ(・ω・ノ)ノ!

正直、(宮古島FCツアーの状況を見て)生誕イベントがスカスカだったら可哀想だなぁ…なんて思っていたのだけど、着席制ながら会場の9割程度は埋まっていたし、大成功じゃないか?

山口はのんは『(スタッフの)山縣さんと、大体これだけの人数が集まるといいよね』という話をしていたらしく、目標としていた人数を優に上回るファンが駆けつけてくれて喜んでいると語っていた。



元々ティーン誌のモデルをやっていた荻野可鈴、志田友美に関しては夢アド以外のファンも生誕祭イベントに来ているのだけど、山口はのんに関してはソロ仕事が徐々に増えてきたものの、今のところ夢アドのファン以外がこうしたイベントに来ることはないだろう。

この会場の様子を見て、山口はのん推しのファンは結構多かったんだなぁと思った。
まぁ2推し、3推し、箱推しのファンも結構駆けつけていると思うけれど。



上記ツイートに記載されている通り、様々なサプライズ演出があり、イベントは大いに盛り上がった。

クイズコーナーでは予想の斜め上を行く天然回答が次々と飛び出してきて面白かったヽ(´ー`)ノ

個人的に驚いたのがはのんちゃんの衣装だった。

ONE OK ROCKなどの”ロック好き”であることは周知の事実だから、クールな感じ、もしくはゴシック調の衣装で登場するのかと思いきや、ピンク色のフリフリ衣装だった。 
予想外だったものの・・・いや~可愛かった(*ノ▽ノ)

(例)ゴシック調衣装(宇垣美里)


■山口はのん ソロショット





あと驚いたのは…。

本当にアルコール初挑戦だったっぽいこと(笑)

成人したので初のビール挑戦!ということでビールを一口。

顔をしかめて『うぇ…苦い!』と一言。(ユメトモ爆笑)

(公には出来ない時代だが)なんだかんだで10代の頃からちょいちょいアルコール飲んでいたのでは?と邪推してしまいそうなほど酒に強い20代そこそこのアイドルをチラホラ見かける昨今(笑) 山口はのんに関しては本当に人生初ビールだったようだ。

■2ショット写メ
IMG_5664.jpg
「20」のハタチポーズで撮影

山口はのんさん、ハタチのお誕生日おめでとう\\\\٩( 'ω' )و ////
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2019   0 trackback

夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 3日目 ~夢アドメンバーとバーベキュー&交流会~

Category : idol
夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 3日目(*・∀・)ノ

3日目は『夢アドメンバーとバーベキュー&交流会』イベントだった。

この日は月曜日ということでイベント参加者のほとんどが有給休暇を取得していたに違いない…(笑)

残念ながら仕事の都合で昨日帰路についた1人を除いて、ほぼすべてのツアー参加者が3日目に参加していた。

20190701_01.jpg

ビーサンにスイカ(持参) Σ(・ω・ノ)ノ!

夏を満喫する準備凄いな(笑)

20190701_02.jpg
20190701_03.jpg

BBQの会場は昨年と同じお店だった。

20190701_04.jpg

去年は1階部分を使用したのだけど、今年は2階でBBQを行った。

夢アドツアーご一行様で完全貸し切り・・・かと思いきや、もう1組全く関係のないグループもBBQしていた(笑)

20190701_05.jpg

青い海と青い空、海を渡る橋が見渡せる最高のロケーション。

20190701_06.jpg

全国的に雨模様の中、沖縄地方だけ晴れていた。

この3日間、1滴も雨が降らなかったのだけど凄い幸運だったと思う。

20190701_07.jpg

夢アドのLIVEやイベントの日って、大抵雨だったり雪だったり何かしら降っていた気がするけど…(苦笑

20190701_08.jpg
20190701_09.jpg

2階からの眺めもサイコー!!○(≧∇≦)o

20190701_17.jpg

この写真にメンバーは映っていないけれど(無断撮影NGなので)

こんな感じでFCツアー参加者とメンバーが自由に入り混じる形で、適度に会話を楽しみながらBBQに興じるというイベント。

普段のリリイベで行われる”剥がし”などの概念は一切なく、ツアー参加者、スタッフ、メンバーを含め全員がバカンスを満喫していた。

ただ、それぞれメンバーは楽しんでいるように見せてユメトモに気を遣っていたと思うけれどね。

BBQの調理係に徹しているユメトモと混じって一緒に肉や野菜を焼いたり、日陰で涼んでいるユメトモが居たら一緒にテーブルに座って話しかけに行ってあげたり、オモチャの水鉄砲を使ってユメトモに水を掛けたり(リア充っぽい)、暇そうにしている人がいたら個別に話し掛けに行ったり。

特に自分を推してくれているユメトモには(他のユメトモと比較して)積極的に話し掛けに行っていたと思う。

今年、初日から3日目のイベントを通して特に驚いたのが小林れいちゃんの変貌ぶりだった。

真面目過ぎる性格が故に、目に見えて自分のファンを贔屓することは今まで無かったと思うのだけど、今年の宮古島ツアーに関しては違っていた。 3日目のBBQイベントでは小林れい推しのユメトモと個別面談のような形でテーブルをはさんでサシで話しているシーンをよく見掛けた。

れいちゃんを含め、他のメンバーも自分を推してくれているユメトモを少しだけ贔屓していることは傍から見ていて分かることなので特に不平等感を感じることは無かったし、初日の夕食会の時点でにかなり自由に話せたので、自分が見る限りメンバーの後ろを金魚のフンのようにくっついてガッツいていたユメトモはいなかったと思う。

ただ一人、リーダーの荻野可鈴ちゃんに関しては常に周囲に気を配っていて、誰一人として退屈なユメトモが出ないように縦横無尽に動き回って全員に話し掛けていた気がする。
リーダー流石だなぁといつも感心してしまうのだけど、気を遣い過ぎていて疲れないのかな…と老婆心ながら思ってしまった。

20190701_11.jpg

富豪のDさんが、自腹で”宮古牛ステーキ”を差し入れ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

20190701_12.jpg
※映っているのは志田友美さんの手と足

『宮古牛にKP!(乾杯)』ということで、ビール片手に上機嫌な志田友美さん(笑)

20190701_13.jpg

宮古牛ステーキ焼き上がりました!!

この宮古牛ステーキはツアー参加者はもちろん、メンバーにも振舞われたのだけど…

荻野可鈴:宮古牛うんまぁ~♪

荻野可鈴:おいD!! これは結成しろ!! (※「解散しろ!!」が口癖のD氏に対して)

D氏:何をだよ(笑)

20190701_14.jpg

BBQ交流会は午前11時半から14時までたっぷり行われた。

最後にメンバー全員写メと推しメンとの2ショット写メ会が行われた。(ツアー料金に含まれる)

20190701_15.jpg
メンバー全員写メ (別仕事で不参加の山口はのんを除く)

20190701_16.jpg
志田友美2ショット写メ

本来、ファンクラブツアーはこの写メ会をもって全て終了だったのだが…!?

帰り際、メンバーの発案で『ファンクラブ(アプリ)用に同じメンバーを推しているユメトモだけで集まって写真を撮ろう!』ということになり、スタッフの協力のもと最後の撮影会が行われた。




荻野可鈴+荻野可鈴推し+山口はのん推しで集合写メ

本日、別仕事でBBQイベントに参加できなかった山口はのん。

”山口はのん推し”のユメトモが疎外されないように、はのん推しのユメトモを交えて撮影していた荻野可鈴ちゃん流石や…。

我が推しメン、志田友美に関しては…

友美:みんな~!! 海に入って撮ろう! 走れ~!!

志田友美を追いかけてユメトモが砂浜をダッシュ!!⊂(・ω・ )⊃≡3

青春かよっ!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

小林れい:こういう時ってメンバーとユメトモのカラーが出るよね…。

(後で聞いた話)小林れい推し同士で撮影した写メはすごく地味になってしまったので後で撮り直したそうな(笑)

荻野可鈴および志田友美は『ユメトモが愛おしい!』と、名残惜しい気持ちをを包み隠さず言葉に出してくれる。

アイドル業界は次々とフレッシュな若いアイドルが台頭してくるけれど、ハタチを超えた大人アイドルには10代のアイドルには無い気遣いと思いやりがあって、それはそれでいいものですよヽ(´ー`)ノ



■総括
そんなこんなで、夢アドの「宮古島ファンツアー」はとにかく自由。

大都市のリリイベと違って剥がしという概念が無いし、宮古島の開放的な雰囲気に誘われてプライベートっぽい感じでメンバーと交流できるし、ユメトモの顔とハンドルネームが一致するというメリット(笑)もある。

普段の特典会はどうでもいいから(イクナイ)、とりあえず宮古島ツアーだけは参加しておいた方が良い!!

そう声を大にして言っておきたい。
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2019   0 trackback

夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 2日目 スペシャルライブ

Category : idol
「夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー」 2日目(*・∀・)ノ

2日目はファンツアー参加者限定のスペシャルライブ!!

この日は各ホテルを周遊する公式ツアーのバスでLIVE会場まで行く予定だったのだけれども、運営が融通を利かせてくれて『明日、車で来る人いる?』と昨日の食事会でヒアリングしてくれたので、悠々自適にレンタカーで会場に向かうことに。

20190630_01.jpg

LIVE会場に行く途中に立ち寄った伊良部大橋

20190630_02.jpg

宮古島で最もSNS映えするスポットはここだろう。

20190630_03.jpg

雲が多かったので少し暗めに映っているけれど、晴れていたらエメラルドグリーンの海が見られる。

20190630_04.jpg
20190630_05.jpg

どこまでも続く遠浅の海が美しい。

20190630_06.jpg

晴れて陽がさしこむとこんな感じのエメラルドグリーンの海が見られる。

伊良部大橋からの絶景は夢アドメンバー達も感動したらしく、夢アドメンバーの志田友美はファンクラブアプリFaniconで伊良部大橋の絶景に言及していた。

20190630_07.jpg
20190630_08.jpg

Sさんとしばらく♂二人で砂浜で遊んでいたところ←

公式ツアーのバスが通り過ぎるのが見えたので、
レンタカーに乗り込んで急いで後を追うことに…⊂(・ω・ )⊃≡3

20190630_09.jpg

本日のLIVE会場に選ばれたお店

スペシャルライブは2階部分を貸し切る形で行われた。

20190630_10.jpg

オーシャンビューの絶好のロケーション!

20190630_11.jpg

砂浜ではしゃぐヲタク達(笑)

20190630_12.jpg

LIVEステージ

夢アドメンバーが登場する前に、運営が気を利かせてくれたのか地元の方々と思しき人達によるウクレレ生演奏&フラダンスが披露された。

そしていよいよ夢アドメンバーの登場!!\\\\٩( 'ω' )و ////

■宮古島スペシャルライブ セットリスト
1 LOVE ME IN THE USA
2 くらっちゅサマー
3 泣き虫スナイパ→ (荻野可鈴ソロ/『証明ティンエージャー』300枚特典)
4 涙そうそう(ウクレレバンド競演)
5 メロンソーダ

3曲目の『泣き虫スナイパ→』はリーダー荻野可鈴によるソロだった(笑)

…というのも、インディーズ時代にリリースされたシングル『証明ティンエージャー』の300枚特典が未だに行われていなかったため、対象者であるTさんに『何がやりたいか?』と要望をうかがったところ、『みんなが楽しめる企画が良い』と回答してくれたので、宮古島で急遽300枚特典イベントが行われることになったのである。



『証明ティンエージャー』 リリース年を調べてみたら…2014年かよ!
5年越しの特典会ってどんだけ(笑)

この頃はまだ夢アドの存在を知らなかったなぁ…。

ちなみに『証明ティンエージャー』では、300枚特典対象者のTさんがセンターで荻野可鈴の対面に陣取り、ファンは座ってその周囲を囲むという異様な雰囲気に(笑)
可鈴ちゃんは(元AKB)西野未姫ばりのオーバーアクションなダンスを披露してくれて会場は大いに盛り上がった。

前述のとおり宮古島ファンツアー参加者限定のスペシャルライブだったこともあり、『メロンソーダ』では推しメンの歌割りパートでユメトモ(ファン)の位置が代わる代わる入れ替わるという自由な感じでLIVEが行われた。

LIVE終了後、別仕事の関係で宮古島ツアー3日目に参加できない山口はのんと参加者全員による2ショットチェキor写メ会が無料で行われた。




■全員ショット写メ会
20190630_14.jpg

この日のイベントはスペシャルライブだけだったので、時間に多少余裕があったこともあって、希望者には急遽特典会(有料)という形でチェキ券が販売された。

この日は元々特典会が予定されていなかったこともあり、運営のYさんが急遽用意したのは紙きれに「チェキ×1」「チェキ×2」と書かれた簡素すぎるチェキ券だった(笑)

■2ショット チェキ or 写メ会




スペシャルライブと特典会が一通り終わった後、ファンツアー参加者は一旦解散。

その後に『ツアー全13公演参加者』のみによるVIPイベントが行われた。(詳細不明)

VIPイベントはかなり長い時間やっていたようだけど、一体どのような内容だったのだろうか。

何はともあれ宮古島は初日・2日目ともに雨は一滴も降らず最高のイベント日和で良かったヽ(´ー`)ノ



Posted by りすお [RIS-O] on 30.2019   0 trackback

夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 1日目 食事会レポ

Category : idol
「夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー」に行ってきました(*・∀・)ノ

昨年に引き続き今年も参加してきましたヾ(≧∀≦*)☆彡

20190629_01.jpg
1年ぶりの羽田空港

昨年は朝5:30集合という鬼のような日程だったけれども(汗
今年は前日にツアーファイナル@TSUTAYA O-EAST公演があった関係で朝10:50集合だった。

集合場所に行くと見知ったヲタクが何人か。

■公式ツアーを申込んだ結果


20190629_02.jpg
行きは羽田~宮古空港直行便で宮古島に到着⊂(・ω・ )⊃≡3

飛行機から空港に降り立った瞬間、東京とは明らかに違う湿度の空気が身体にまとわりついてきた。

『宮古島ってこんなに蒸し暑いんだ…』

今年、宮古島ツアー初参戦のフォロワーさんが思わずそうつぶやいていたのが印象的。

昨年はノープランで宮古島に突撃したものの・・・。
電車が無く、バスも1時間に1~2本という宮古島では、「移動手段を確保しないと暇を持て余す」という事実が分かったので今年は自分でレンタカーを借りた。
(ちなみに昨年は空港でPさんに誘っていただいてレンタカーに同乗させていただいたので、観光も楽しむことも出来た)

20190629_03.jpg

今年は夢アドにハマった当初からのフォロワーさんであるSさんと一緒に2人でドライブ。

この日は全国的に梅雨空だったけれど、宮古島をはじめとする沖縄近辺は天気が良くて最高だった。
湿度が高めで暑かったけれど、かなり強い風が吹いていたこともあって昨年みたいに汗が止まらないほどではなかった。

この辺りの観光の話はまた別の機会に。



■夢アド メンバーと食事会 at レーベの村

夕方から「レーベの村」で夢アドメンバーを含めた食事会が行われた。

20190629_04.jpg
メンバーの到着を待つユメトモ達

18時台だと空はまだまだ明るかった。

20190629_05.jpg
夕食会で出された料理

今年の食事会はなかなか太っ腹で、上記のお惣菜と飲み放題メニューがツアー代金に含まれていた。
(昨年はイベント参加料金2000円、ドリンクは別料金だった)

20190629_06.jpg

レーベの村は宮古島の外れの方にあって、周囲には街灯がほとんど無くて夜になると少し怖い場所にあるのだけれども…レーベの村自体はとてもオシャレだったり。

20190629_07.jpg

陽が落ちるとライトアップされて更に良い雰囲気に。

20190629_08.jpg

■食事会イベント概要
 ・夢アド運営(スタッフ)前説
 ・夢アドメンバー登場 (今年は私服)
 ・夢アドメンバーとトーク交流会 (メンバーが各テーブルを周って歓談)
 ・ビンゴ大会
 ・スイカ割りゲーム (荻野可鈴が目をつぶってスイカ割り)
 ・夢アドメンバーとユメトモ達で花火
 ・ビンゴ大会贈呈式

■夢アドメンバーとトーク交流会
昨年はゲストにヤバいTシャツ屋さん&著名ウクレレ奏者を呼んでいた関係で、メンバー1人につき10分程度しか会話出来なかったけれど(それでも十分に多いが)、今年はゲストが居なかった分、時間を気にせずメンバー達と楽しく会話することが出来た。

シンプル・イズ・ベストじゃないけれど、無理にゲストを呼ばなくても今年のような形態で良いと思う。
詰め込み過ぎてもバカンス感が無くなってしまうし。

普段のリリイベだと時間の都合で秒単位の会話しか出来ないけれど、剥がしを気にせず自由に会話できるって素晴らしい!

ただ、特典会とは違ってテーブルを囲んで話すので、シャイな人、引っ込み思案な人は積極的に会話しづらいかも。。。

メンバー達は気を使って色んな人に話を振ってくれるから大丈夫だけどね。

昨年は時間切れで水無瀬ゆきとほとんど会話できなかったけれど、今年は各メンバー達とまんべんなく会話出来て良かった。

トークの最中、『ねぇ、私達つい昨日東京でLIVEしてたんだよ? 信じられる?』
リーダー荻野可鈴ちゃんが僕達にそう問いかけていたのが強く印象に残った。

僕達だけではなく、夢アドメンバーもこの宮古島に異世界感を感じていたようだ。
ここは紛れもなく日本の一部なのだけど、東京の喧騒とは明らかに違う空気や時間がそうさせるのだろうか。

ちなみに山口はのんちゃんは『ねぇねぇ、7月の生誕祭イベント来てよ~!!』と熱心に営業していた…(笑)


■ビンゴ大会
各テーブルに散ったメンバー達が一人ずつビンゴマシン(手動)を回していくビンゴ大会が行われた。

・荻野可鈴賞 ・志田友美賞 ・小林れい賞
・水無瀬ゆき賞 ・山口はのん賞 ・山下彩耶賞
・お好きなメンバーとの2ショットチェキ賞 × 5個程度

ここで奇跡が何度か起きて大いに盛り上がった。

自分のテーブルに居た荻野可鈴推しのK氏が、ビンゴ1抜けして…。
一発で(推しメンの)「荻野可鈴賞」を当てるという強運っぷり!!

『こいつ(K氏)に運を全部持っていかれた』と、同じテーブルに居たユメトモ達はゲンナリ(笑)

更に、一番最後にビンゴを上がったフォロワーのS氏もミラクルを起こした。

S氏の推しメンは「小林れい」ちゃん。
最後の景品を推しメンに引いてもらって見事に「小林れい賞」を当てるという引きの強さ!!






■荻野可鈴スイカ割り
メンバーを代表して荻野可鈴がスイカ割りを行った。

メンバー&ユメトモ達の声を聞きつつ、方向修正をして棒を振り下ろした結果…。

一発でスイカ割り成功\\\\٩( 'ω' )و ////

20190629_09.jpg

可鈴ちゃんが割ったスイカを参加者全員で分け合った。

■メンバー達と一緒に花火
20190629_10.jpg

うおおっ、リア充っぽい!!

メンバー達の花火から「火」をもらったり…
アイドルとファンの枠を超えて皆でワチャワチャできて楽しかったあああ!!
宮古島初日から最高過ぎる!!

20190629_11.jpg

途中、放送事故レベルで煙が発生(笑)

山下彩耶ちゃんが咳込みまくっていた…w

メンバー達にとっても良い思い出作りの場だったようで、メンバーがスタッフに頼んで(自分を推してくれている)ファンと一緒に写真を撮ったりしていた。

特にファンツアー3日目不参加の山口はのんとそのファンの人たちはこのタイミングで何枚も写真を撮っていた気がする。

20190629_12.jpg

当初、レーベの村での食事会は18:30~20:00の予定だったけれども、結果的に時間を大幅に超過してイベントは終了した。

首都圏で行われるイベントとは異なり、こうしたゆる~い感じが宮古島ならではという感じで良い。

20190629_13.jpg
メンバーが帰った後の様子

レンタカー組、タクシー組と分かれてこの日のイベントは終了。
(タクシーは夢アド運営スタッフさんが複数台呼んでくれるので運転できない人も大丈夫)

人数限定である上に、一人あたり16~18万円の費用がかかるこんなコアなイベントには昨年と同じ顔ぶれのユメトモしか来ないだろうと思っていたのだけど…驚いたことに今年初参加のユメトモが結構多かった。
ちなみに自分が座っていたテーブルに関しては、自分以外の4人が全員初参加で更に驚いた。

剥がしや制限時間を気にせずメンバーと歓談できる太っ腹なイベントは、後にも先にもこの宮古島ファンツアーくらいだろう。

きっと良い思い出になったんじゃないかな。

【参考リンク】 (昨年の宮古島イベントの様子)
夢アド in MIYAKO ROCK FESTIVAL 2018 ツアー 1日目 ~後編~
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-entry-4034.html


Posted by りすお [RIS-O] on 29.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend