東池袋52 『わたしセゾン』のクオリティが異様に高い件

Category : idol
先日、トレンドに「東池袋52」というワードが入っていて『?』と思い検索してみると…

クレジットカード会社として有名なクレディセゾンがアイドルグループ東池袋52を結成したのだとかヽ(´ー`)ノ

個人的にはこうした素人集団(例「歌ってみた」)とかその類には全く興味がなく、当初はスルーしていたのだけど、実際にPVを見てみたらクオリティが高くてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

曲も歌詞もオリジナルというのだから凄い。

普通にシングルカットできそうな曲のクオリティだと思う。



気になってちょっと調べてみたら以下の記事を見つけた。

オリジナル曲「わたしセゾン」の制作には、クレディセゾンの「池袋発、東京を、日本を、もっともっと元気にしたい」という思いを表現すべく、豪華スタッフが参加。コピーライター仲畑貴志が作詞を手がけ、AKB48、ももいろクローバーZ、嵐への楽曲提供でも知られる多田慎也が作曲を担当したほか、映像制作や振り付けにもメジャーアーティストを手がける面々が集った。

(ナタリーより抜粋)

OLアイドル東池袋52、豪華スタッフ集結の本気曲「わたしセゾン」
http://natalie.mu/music/news/233192



なるほど、AKB48の『ポニーテールとシュシュ』 『清純フィロソフィー』を作曲を手掛けた多田慎也さんの楽曲なのか。
どうりでクオリティが高いわけだ。。。

個人的に上記2曲は好きな曲だったから今作とも相性が良いみたい。

以前、NHK BSプレミアムで放映された『乃木坂46SHOW!』(「AKB48SHOW!」の特別版)で素人集団(百合坂46)が出演したとき、ネットは大荒れだったのだけど(笑) 今回はクオリティの高さが幸いしてyoutubeの評価・コメント欄でも好意的な意見が多いようだ。

皮肉にも優秀なスタッフが揃えば素人集団でもそれなりのクオリティに持っていけることが証明された形となった。

やはりアイドルはメンバーの容姿だけじゃなく、楽曲・歌詞・衣装・演出などそれぞれのバランス・クオリティが重要だと思う。




Posted by りすお [RIS-O] on 24.2017   0 trackback

IDOL AND READ ~私はなぜアイドルになったのか~

Category : idol
先日、タワレコに行った時に『IDOL AND READ』を買ってきました(*・∀・)ノ

20170414_01.jpg

私はなぜアイドルになったのか-12人の生い立ちを完全告白!



この手のインタビュー本は文字数が多くて、なかなかまとまった時間が取れずに買ったけど積んだまま…になってしまうことも多いのだけど、なかなか興味深いインタビューでスラスラと読めてしまった。

20170414_02.jpg

お目当てはメジャーデビュー前からよくイベントに行っている夢みるアドレセンスの京佳(きょうか)の記事と…

20170414_03.jpg

ツイッターをフォローしている神宿(かみやど)の一ノ瀬みかの記事。





心の病、持病のこと、不登校について…

ファンが聞きたくてもなかなか聞けないディープな質問もあって読み応えがあった。



生い立ちも所属しているグループも全く異なる2人だけど、共通しているのは『学校に居場所が無かった』ということ。

神宿の一ノ瀬みかちゃんが過去イジメに遭っていたことはWebのインタビュー記事を読んで知っていたけれど、驚いたのは天真爛漫でいつもニコニコしている夢アド最年少メンバー京佳も学校でイジメに遭っていたこと。

そんな過去を微塵も感じさせない明るい立ち振る舞いをしているから、全然気づかなかった…。

今もオフになると学校を無視して(?)頻繁に海外旅行に行っているのはその影響もあるのかなーなんて(^_^;)

グラビアアイドルが軽く見られるのはわりとありがちだけれども、歌って踊るアイドルも同級生の間では白い目で見られるのか…。 むしろ”仕事を理由に学校にあまり来ない”ことが癪に障るという子も多いのかもしれない。

”出る杭は打たれる”じゃないけれど、日本人のこういう横並び意識って本当に嫌。


■京佳インタビューにて

・山田朱莉さんの話を聞いたときはまずなにを考えました?

・ふつうはそういう体験をすると引きこもってしまうパターンの人が多いと思うんですけど。



なかなか直球な質問をぶつけていて驚いた。。。

芸能界に入ろうと思ったキッカケが京佳の家族と仲が良かったまえのん(前田希美)だったことについて、ユメトモのファンの女の子に聞くまでつい先日まで知らなかった…。そのことについても記事に書いてあって参考になった。

そういう考え方になると、私はこの仕事でやっていくんだという強い気持ちになりませんか?

それはありましたね。もうそのときは夢アドが居場所になっていたんですよ。最初の1~2年はつらくてしんどくて、嫌だなーとか思ってたんですけど、メジャーデビューする前に青年館や国際フォーラムをやったときい、「うわー、こんなに人が来てくれるんだ。夢アドって名前が知られてきたんだな」っていう手応えみたいのを感じて、

(中略)

最近思ったのは、人に注目されるとか街中で声をかけられるとかっていうのは普通の人では有り得ないことで、そういう喜びを知ってしまうとなかなか抜け出せないなって。だからどれですよ、アイドルは楽しいです!



年末年始の騒動で夢アドのブランドイメージに傷がついても、わずか数か月の間にメンバーが5人から3人になっても、諦めずに夢アドとしての活動を続行している理由が改めて分かった気がした。

その他、LADYBABYの金子理江は生い立ちからして壮絶だし、アイドルって笑顔の裏に色々抱えてるんだな…という事実に気づかされた。

紙質はさほど良くないけれど、インタビュー記事に加えて各メンバーごとに数ページの私服写真が掲載されているので、それ目当ての人も是非。

Posted by りすお [RIS-O] on 14.2017   0 trackback

sora tob sakana 『cocoon ep』 CD発売記念 インストアイベント at タワーレコード新宿店

Category : idol
sora tob sakana 『cocoon ep』 CD発売記念 インストアイベント に行ってきました(*・∀・)ノ

”楽曲派アイドル”として急速に勢力を拡大しつつあるsora tob sakana(ソラトブサカナ)

結成当時平均年齢14歳で鮮烈なデビューを飾ったsora tob sakana(以下オサカナ)

ゴリゴリのポスト・ロックに彼女たちの未完成な歌声が乗ると絶妙な化学反応が起きるのである。

そんな彼女達の1st ep『cocoon ep』のリリースイベントがタワーレコード新宿で行われた。

※epとは
Extended Playとは本来、「収録時間がLP(フル・アルバム)よりは短いが、シングルよりは長い」という意味である。 そのため、英語圏ではあくまで、EPは「シングルより長いもの」を指す。(Wikiより抜粋)



epのリリースイベントは今日から開始なのだけど…



なんと!! タワレコ全店チャートでsora tob sakanaのepが1位を獲得。

リリースイベントを行った店舗限定で瞬間風速的に1位になるアイドルは結構いるけれども、全店チャートで1位とは!

しかも昨日はリリースイベントが無い日だったわけで…

もしかしてオサカナちゃん、本格的に世間に見つかってしまったのか!?

20170411_01.jpg
20170411_02.jpg

タワレコ新宿店の7Fレジ前ではオサカナが猛プッシュされていた。

20170411_03.jpg

更に8Fでも大規模に展開が行われていた。

20170411_04.jpg

■パネルにはメンバー達のサインが
20170411_05.jpg
20170411_06.jpg
20170411_07.jpg

20170411_08.jpg

メディアには全くと言っていいほど露出していないオサカナちゃんだが…

平日であるのにも関わらずイベント会場はかなり混雑していた。

結論から言うとあんまり見えなかったのだけど(苦笑

タワレコのインストアイベントは大体こんな感じだから元々期待していなかったわけでヽ(´ー`)ノ

楽曲派()だから音楽さえ良ければ!←

照井さんの作る曲は複雑過ぎるせいか、タワレコのスピーカーでは音割れしまくっていてちょっと残念(´・ω・`)

普段は恵比寿Creatoで定期公演を行っているオサカナ。

今日は明るい場所でダンスを披露していたので何だか不思議な感じがした。(モニターからは全体が見られた)



新曲『ribbon』を生で初めて聴いたけれど、これ本当にアイドルの楽曲なのか!?

変拍子の連続でメッチャ凝ってる( ゚∀゚)o彡°

改めてオサカナの曲はバンド映えしそうな曲ばかりだなーと思った。

『cocoon ep』 収録曲は基本的にリズムは打ち込みになっているけれど、
今月末には全編バンド編成のワンマンライブが行われるので楽しみだなー。

バンド編成で行われるワンマンライブ(恵比寿リキッドルーム)は既にSOLD OUT!!
オサカナの勢いすごい…







Posted by りすお [RIS-O] on 11.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス ベストアルバム「5」リリース記念フリーライブ

Category : idol
夢みるアドレセンス ベストアルバム「5」リリース記念フリーライブに行ってきました(*・∀・)ノ

今日の会場は「東武百貨店池袋店 8F スカイデッキ広場」

夢アドのCDリリースイベントでは必ずと言っていいほど使用されるお馴染みのイベント会場

フリーライブは18時開始ということで、社会人にはなかなか厳しいスケジュールなのだけど、なんとかギリギリに到着。

先日ららぽーと豊洲で行われたフリーライブの観客が思ったより少なかったので、平日の今日は更に集客が厳しくなるのではないか…と考えていたのだけど、蓋を開けてみたら全くの逆で、むしろ今日の方が観客は多かった。

やはりCD発売日というインパクトが大きいのだろう。

実際、フリーライブの後に行われたアルバム購入者を対象とした「全員ショット写メ会」の行列は、過去に行われてきたリリースイベントの中で一番長い行列だったと思う。

ちなみに本日の衣装は『アイドルレース』だった。

フリーライブでは5曲が披露された。
いつもと同じか1曲多いくらい。

ただ、今日は待望のベストアルバム『5』リリース日当日ということもあってMCが特別だった。

荻野:ユメトモの”トモ”は友達のトモだから、ここでちょっとだけ話してもいいですか?

その瞬間、ただならぬ雰囲気を察したユメトモ(ファン)の口数が減り、会場は徐々に静寂に包まれていった。

イベント中盤、リーダーの荻野可鈴(21)が、「今回のベストアルバムのタイトルは『5』となっているんですが、夢アドはここまで5人で駆け抜けてきました」と発言。小林れい(19)が病気療養中ということもあり、「れいが病気になっちゃって、で、その次が朱莉と」と、山田の事件に言及した。
 続いて京佳(17)が「れいちゃんは、れいちゃん自身が一番悔しかったと思うけど、朱莉ちゃんはちょっと違うよね…」と述懐。



このタイミングで『京佳ちゃん言うなぁ』という意味での笑いが一部から起きていたけれど、自分はそういう雰囲気じゃないと思っていたので笑えなかった。。。

荻野が「私たちも、もちろんビックリしたけど、何より夢トモ(ファンの総称)とれいに申し訳なかった」とし、志田友美(20)も「これから5人で頑張っていこうと思っていたところにああいうことがあったから、私は正直、腹が立ったね」と正直な心境を吐露した。

 その上で荻野は「本当の本当のところでは、まだ悔しい気持ちもあるんですけど、このタイトルを見たときに、やっぱり夢アドは5人で作り上げてきたものなんだなと改めて思いました。なので、今日、この日だけは、アルバムを出したことを5人で一緒に喜びたいなと思っています」とファンにアピール。

「れい、朱莉、アルバム出せたよ、やったね、良かったねって言うことにします」と、涙ぐみながら話すと、500人のファンから大歓声が上がった。


■夢アド 規約違反で自粛中の山田に「正直腹が立った」…荻野は涙
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/22/0010025397.shtml



文字だけでは伝わりづらい雰囲気を補足すると…

本音を語りだした可鈴ちゃん。
あくまで気持ちは前向きに表面上は笑顔を作りながら話していたのだけど…
あふれ出る感情と涙をこらえるのに必死で、時折言葉に詰まりながら、マイクを下げる場面が何度かありつつも、今日という特別な日に集まってくれたユメトモに精一杯の気持ちを伝えようと懸命に話していた。

そんな可鈴ちゃんの話す姿を見たメンバーの京佳も涙。

荻野可鈴:京佳泣いてるし~(笑)

京佳:だって可鈴ちゃんが…

志田友美:リーダーがいい話してるの初めて聞いた!

可鈴:おい! 結構話してるわ!(観客w

しんみりとしたムードになりそうなところを夢アドらしい明るい軽口で茶化すゆうみん(志田友美)
それに即座に反応する可鈴ちゃんのやりとりは、長年苦楽を共にしてきた戦友だからこそ成せる業だと思うし、ほほえましいやりとりだった。
ゆうみんの声が感動で若干震えていたように思えたのは僕の気のせいだろうか。。。


京佳:でも、この3人になってからより仲良くなったよね。 真面目な話をする機会も増えたと思う。


昨年末の騒動以降、謝罪ブログで触れた以降はまるで腫れ物に触るかのように避けてきた山田朱莉の話題。
まさかこのタイミングで出てくるとは思わなかったので正直ドキッとした。
(雑誌のインタビュー等で話すことはあっても、ファンの前で直接「朱莉」と発言したのは今日が初めてじゃないだろうか)

都合の悪いことは徹底的にスルーするアイドルグループもいる中、逃げずにきちんと謝罪して、時にはこうして本音を語ってくれるメンバー達は立派だし、信じるに値すると思う。

今後のことは全然わからないし、まだモヤモヤのすべてが取り払われたわけじゃないけれど、夢アドのメンバーがこれからも走り続けるのであれば自分もついていこうと思う。

20170322_01.jpg

夢みるアドレセンス メジャー1st ベストアルバム『5』

うだるような暑さの中で行われたフェス
寒風吹きすさぶ中、寒さに凍えながら乗り切ったライブ
飛行機で何時間もかけて遠征した東南アジア・タイでのライブ
インフルエンザで途中離脱するメンバーが続出したリリースイベント

メンバー5人の努力や苦労、数えきれないほどの思い出がこのアルバムには凝縮されている。

20170322_02.jpg

可鈴ちゃん、ゆうみん、京佳ちゃん、れいちゃん、あかりん。
ベストアルバム『5』リリースおめでとう。

Posted by りすお [RIS-O] on 22.2017   0 trackback

グラビアアイドルの厳しい給料事情

Category : idol
グラビアアイドル斎藤夢愛さんのツイッターに掲載されていた動画ネタ




人気芸人ブルゾンちえみのネタをオマージュしたもので、なかなか秀逸な内容となっている。

動画の終盤に明かされるグラビアアイドルの衝撃の給料事情とは…!?

さすがにこの額はネタじゃないか?と思ってしまうのだけれども、
グラビアアイドルを取り巻く環境がかなり厳しくなっているのは間違いなさそうだ。

最近ではアイドルもバンバン水着になるし、下着だったりセミヌードにも挑戦する子だっている。
アイドルというコンテンツは非常に強く、根強いファンがいるため需要もすさまじい。
生粋のグラビアアイドルはどんどん肩身が狭くなり、アイドルと差をつけるためにより過激な露出が求められる…という流れだろうか。

■このままだと「MUTEKI」に行く子が増えてしまう - #グラドル自画撮り部 部長 倉持由香
http://blogos.com/article/208237/

グラドル自画撮り部を主宰する倉持由香さんが訴えているように、最近のグラビアDVDは着エロ的要素が強く、既に”親に見せられない”ほどの過激さがウリになっている。

本人たちがそれを望んでやっているのであれば問題ないが、生活のため、お金のために仕方なく…というのが本音だろう。

自分は以前、グラビアアイドル達がお金持ちのオジサン達からお小遣いを貰っている内情を憂いた『キリウリし過ぎるアイドルは苦手かもしれない』というエントリを書いたのだけど、生活に余裕のないグラビアアイドルやモデルの卵みたいな子がそういう方面に走ってしまうのも仕方がないのかもしれないな…と少しだけ同情してしまった。

■キリウリし過ぎるアイドルは苦手かもしれない
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-entry-3051.html

色々不満はあれど、僕が今の仕事を続けている理由は「お金」に他ならない。
残業代がキッチリ支払われる会社でなければとっくに辞めていると思う。

仕事にやりがいを求めるか、それとも生活の手段としてお金を得るためと割り切るか…未だに正解が分からない。
Posted by りすお [RIS-O] on 19.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス ベストアルバム「5」リリース記念フリーライブ

Category : idol
夢みるアドレセンス ベストアルバム「5」リリース記念フリーライブに行ってきました(*・∀・)ノ

今日の会場は「ららぽーと豊洲」



夢アドのCDリリースイベントの最終日がこの会場になることが多く、
夢アドメンバーにとってもファンにとってもゆかりの深い会場である。

この日は取材が入っており、高価そうなカメラを構えたスタッフがイベント中に写真撮影をしていた。
一部ではファンへのインタビューも行われていたようだ。



今日は偶然にもメジャーデビュー2周年ということもあり取材が入っていたようだ。

3連休の初日ということもあり、イベント会場はかなり混雑するのでは…?と思っていたのだけど、、、



1枚目の写真をよく見ると分かるのだけど、フラットな最前エリアは3~4列しか埋まっておらず、後ろの階段状になっているエリアまではスペースが空いていた。角度のある階段からステージを見ようとしていた人たちはそれなりにいたけれど…。

今日は他のアイドルも各所でイベントをやっていたのかな?…と思った。

メジャーデビュー2周年を意識していたユメトモ(ファン)は少なかったようで、
同会場で行った過去のシングルのリリースイベントの時よりも明らかに観客が減っていた。
メンバー自体も5人から3人になっているわけで…
やや寂しい3年目の幕開けとなった。

今日の衣装は『大人やらせてよ』

作曲がゲスの極み乙女。の川谷絵音氏ということで色々と物議をかもしたけれど、個人的には盛り上がる曲だけではなく、こういうテイストの曲があってもよいと思う。
そしてモノトーンの衣装はシンプルながら洗練されていてカッコイイと思う。

1部、2部とも参加してたのだけど、セットリストの中に『大人やらせてよ』が入っておらず、
心の中で(衣装だけで)『結局やらんのかーい』というツッコミを入れていた。

20170318_02.jpg
20170318_01.jpg

メンバー達は相変わらず奇麗で可愛かったけれど…

何ていうかパフォーマンスが雑?
振り付けがふにゃふにゃしていたり、細かい所を省略していたりして、まるでリハーサルかと思うような残念なダンスだった。

極寒の中、腕を露出した衣装だったり、想像以上に観客が少なかったり・・・と同情できる点はあるものの、『この会場にいる全員を夢アドのファンにしてやる!』という気概が感じられないパフォーマンスだった。。。

Zepp DiverCity Tokyo公演の時のような「すごい夢アド」を知っている人たちからすると、今日のフリーライブはやや残念な感じに見えたのではないだろうか。

■ランダム写メ会
20170318_10.jpg

サイコロを振って、出た目で写真を撮るメンバーが決まるランダム写メ会

当たりを引いてゆうみん(志田友美)のところに行ったら、『ヤダー!!』と拒否られました←

リーダー荻野可鈴ちゃん
写メ会のときファンに『アルバム買ってくれますか?』と問いかけて、友美&京佳から『ちょっとw』と突っ込まれて『あっ、ここ(写メ会)にいるってことはアルバム買ってるのか!Σ(・ω・ノ)ノ!』と気づいたシーンが面白かったw

特典会では3人ともご機嫌だったし、ファンへの対応も良かったけれど…
身内向けのコアなイベントならともかく、このようなフリーライブは夢アドを外に向けてアピールする絶好の機会なのだから、もうちょい気合入れたパフォーマンスして欲しかったなぁ。

何はともあれ、夢みるアドレセンス メジャーデビュー2周年おめでとう!




Posted by りすお [RIS-O] on 18.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス ベストアルバム「5」リリース記念フリーライブ

Category : idol
夢みるアドレセンス ベストアルバム「5」リリース記念フリーライブに行ってきました(*・∀・)ノ

3月22日にメジャー1stベストアルバム「5」をリリースする夢アド。

都内でのリリース記念フリーライブは本日が初日!!



会場は渋谷タワーレコード屋上スカイガーデン

地下のイベント会場は何度も足を運んだことがあったけれど、実は屋上に来るのは初めて。

ふむふむなるほど…こういう感じの会場なのか。

13時の回(1部)はイベント開始前ギリギリに到着しても視界が確保できるくらいの人数しか来ていなかったけれど…
16時の回(2部)は凄まじい混雑ぶりだった( ゚∀゚)o彡°

さすが渋谷!! 若者が集まる街( ゚∀゚)o彡°

1部と2部ではセットリストが大幅に入れ替わっていて、2回とも参加する価値はあったと思う。

シングルのリリースイベントではシングル曲+2~3曲になっちゃうのは仕方がないとはいえ、最近のリリースイベントはセットリストの固定化が激しかったから今日は新鮮だったなー。

■イベントMC
「費用対効果」という難しい言葉(?)を覚えたと得意げに話すゆうみん(志田友美)
その直後、「感慨深い」を「歓喜深い」と言い間違えて可鈴ちゃんから突っ込まれていたり…

”ゆうみん先生の振り付け講座”では『私が説明すると分かりづらくなっちゃうから可鈴よろしく』と、他のメンバーに丸投げしていたのはウケたw

リーダー荻野可鈴ちゃんは相変わらずヲタいじりが凄かったヽ(´ー`)ノ

『くらっちゅサマー』振り付け講座

ヲタクに頭の上で指をチューマークをさせながらキス顔を要求。
いざ、ヲタクがキス顔をステージに向けると、可鈴ちゃん「おぇえええ」ってヒドイw





本日の衣装はメジャーデビューシングル『Bye Bye My Days』の制服衣装だった。

この衣装はファン(ユメトモ)に人気があるらしい。

駄菓子菓子!!

現役高校生メンバーの京佳以外の2人は既に社会人であるため制服姿がコスプレということに…
そんなこんなで自虐ネタを沢山話していた。

いやいや、まだまだ制服イケルと思うよ!?

■1部 全員写メ
20170312_01.jpg

ちょっとカッコつけてポーズをキメたら…

荻野可鈴:キモいっ!! (カッコつけてるけど)お前りすおだなっ!?
志田友美:ねぇそのポーズキモいんだけど!!
京佳:キモい!

そんなこんなで可鈴&京佳のイヤ~ンな表情をいただきました←
しかしアイドルから『キモい!』の連呼はこたえるわ~(^ω^;)(;^ω^)

その後、ユメトモの女子大生と話していたらロリコン扱いされるし散々だったw

女子大生は断じてロリコンではないゾ!!(`・ω・´)


■2部 3ショット写メ
20170312_02.jpg

それまで3人でワチャワチャ喋っていたのに、
スマホカメラを向けられると即座にポージングをキメるメンバー達は凄かったΣ(・ω・ノ)ノ!

で、実はツイッターにUPしていたこの写メ。
実は縦向きで全身を映しておりまして…。

なんだかグラビア誌の表紙に使えそうな感じだったのでアレンジしてみた(`・ω・´)

■MARQUEE風
20170312_04.jpg

■BRODY風
20170312_05.jpg

なんかこういう表紙ありそうじゃない?

しかし一瞬でこういう表情、ポージングが出来る夢アドメンバーはやはり只者ではないな…と改めて驚かされた。


今日は屋外でのイベントということで、舞い飛ぶ花粉と寒さとの闘いだったけれど、メンバーの3人は常にテンションが高くて特典会でのファンとの交流時もよくはしゃいでいた。

散々ヲタクいじりをしていた可鈴ちゃんだけれども、最後はリリースイベントに集まった大勢のユメトモ達を目の前にして『本当にユメトモが可愛いっっ!!』と連呼していた。

一時はグループ存続の危機にまで追い込まれた夢アド。

今、こうしてファンの前に立てる喜びを心の底から噛み締めているように思えた。

感情表現の違いはあれど、志田友美、京佳の2人もきっと同じ気持ちだったと思う。



Posted by りすお [RIS-O] on 12.2017   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend