≪夢みるアドレセンス≫ 荻野可鈴 生誕!!23歳という事で23(罪)深い女バースデー

Category : idol
≪夢みるアドレセンス≫ 荻野可鈴 生誕!!23歳という事で23(罪)深い女バースデーに参加してきました(*・∀・)ノ

会場は赤坂駅出てすぐのところにある「Linkage-047」

秋葉原でヤングジャンプのイベントを終えた後、新御茶ノ水駅まで徒歩で移動して赤坂へ⊂(・ω・ )⊃≡3

開場前の前物販に参加できなかったからグッズが全て売り切れていたらどうしよう…と思っていたのだけれども、開場後の物販でも余裕で購入出来たヽ(´ー`)ノ

ただし、特別賞が当たる「くじ引き」は既に無くなっていたけれど。。。
まぁ特別賞は可鈴ちゃんを1推しにしているガチオタの人に当てて欲しかったからこれで良し!

20181013_10.jpg
20181013_11.jpg

有志のファンによるスタンド花

相変わらず手が込んでいてゴージャスだな~ヽ(´ー`)ノ

20181013_12.jpg
20181013_13.jpg

夢アドのリーダー荻野可鈴ちゃんの生誕イベント。

結論から言うとメッチャ楽しかった\\\\٩( 'ω' )و ////

正直言ってアイドルの生誕イベントは当たりハズレの落差が凄くて(笑)

「えーっ、これが○000円の内容なの…」と言いたくなるような生誕イベントもあるのだけれども、可鈴ちゃんのイベントは例外なく楽しい。

もちろんこれは可鈴ちゃん自体がエンターテイナーで常にファンを楽しませようと考えていてくれるからであって、疲れていても、他仕事が忙しくて準備の時間が思うように確保できなくても、言い訳一つせずにテンションを上げて場を盛り上げてくれる可鈴ちゃんはプロ意識が高いし、周りにいる人達を元気にする真の意味でのアイドルだと思う。

■生誕イベントに参加している人から募集した質問に答えるコーナー
スーパーアイドル荻野可鈴(ゾワドル/建前)と、23(罪)深い女(性格悪いアイドル/本音?)を瞬時に使い分けて2通りの回答をする可鈴ちゃんがメッチャ面白かった。

■西明日香さん合流~生誕ケーキ登場
2人とも明るくて面白かったヽ(´ー`)ノ
一緒に番組をやっているだけあって、アットホームな感じでファンも楽しんでいた。

■ファン参加型の荻野可鈴は有罪 or 無罪裁判(可鈴ちゃんへの苦情ビデオレター)
山下彩耶、志田友美など夢アドメンバーから。
彩耶ちゃんは可鈴ちゃんへの苦情(?)を無理矢理絞り出した感じが可愛かった(*ノ▽ノ)

幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた志田友美のビデオレターは…
南の島(奄美大島)でただただ楽しんでいる生誕ビデオレターのコンセプトをガン無視した映像で会場の笑いを誘っていたw
一応最後にちょこっと『誕生日おめでとう』と付け加えていたけれどヽ(´ー`)ノ

■荻野可鈴の年表穴埋めコーナー
荻野可鈴×西明日香のネット番組内では定番らしい穴埋めコーナー

荻野可鈴の生まれてから現在までの主な出来事を年表にしたホワイトボードが登場。

どうしてもわからない部分があって、その歯抜けの部分をファンから募集した単語で埋めていく…というコーナー。

例)アイドルグループ夢みる「???」を結成
例)「?????」だけじゃダメなんですか?をコンセプトに活動

「?」の部分をファンから募集した単語で埋めていって笑いを取る(?)というコーナー。

可鈴:夢みる「???」を結成って分かるだろおおお!!
  逆にここに居る人で分かってない人がいたら何なんだっていう(ヲタw

このコーナーはかなり長い時間を使って行われていて、
面白いものも、ダダ滑りしているものも含めて大いに盛り上がった。

■荻野可鈴から生誕イベントに来てくれたファンへのお礼と意気込み
ここまで西明日香さんと息もつかせぬテンション高めのトークで楽しませてくれた可鈴ちゃん。
最後の最後まで楽しい雰囲気で行くのかな…と思いきや、最後の挨拶は時折涙を見せながらシリアスモードだった。

可鈴:ここまでアイドルとして活動してこれたのは応援してくれる皆がいたから。
  もう23歳で「いつまでアイドルをやるの?」とか「今後どうするの?」とか凄い言われるし、私自身考えることもあるけれども…

可鈴:確かにアイドルはダラダラ続けていても良くない。だから、ここで宣言する。夢アドはあと1年で絶対ブレイクさせる! だから皆さん、あと1年だけ応援してついてきてください。
 正直『夢アド最近セトリが固定化しててつまんないし~』って言ってる人もいるけれど(笑) 1年でいいから、もう1年応援してください!

かなり端折っているけれど、大体こういう感じのことを宣言していたと思う。
最後の挨拶の中で「夢アド」という単語が4~5回出てきていて、ここ(生誕イベント)にはモデル経由でファンになった人、声優関連でファンになった人、ラジオ経由でファンになった人もいるのだけれども、そういった人達にも”夢アドのリーダーとしての荻野可鈴”を見て欲しい、ついてきて欲しいという意気込みが感じられた。

テレビ東京系『音流』のレギュラーに加え、女優業、声優業、ラジオパーソナリティといった個人仕事がかなり増えてきた今でも、あくまで自分の居場所、根幹を成す部分は夢アドということなのだろう。

あの華奢な身体のどこにこれほどのパワーが詰まっているのだろうか。
荻野可鈴は応援してくれるファンのありがたみをよく理解していて、それを何倍にして返してくれる最高のアイドルなのだと改めて思った。

20181013_15.jpg

荻野可鈴さん、23歳のお誕生日おめでとう\\\\٩( 'ω' )و ////




Posted by りすお [RIS-O] on 13.2018   0 trackback

十味 ヤングジャンプ 表紙記念イベント 第一部

Category : idol
ヤングジャンプが見つけた平成最後の奇跡の原石!!

十味(とーみ)さんのイベントに参加してきました(*・∀・)ノ

20181013_01.jpg

今週の週刊ヤングジャンプの表紙&巻頭グラビアを飾っている女の子です!!

なんとヤングジャンプのグラビアデビューからわずか2ヵ月で表紙を飾ったというシンデレラガール

可愛い女の子が好きな女の子(?)から「CHEERS(チアーズ)」というアプリを勧められて、なんとなくインストールして毎日眺めていたのだけど、その中でもこの十味(とーみ)ちゃんが可愛いなぁ…と思っていたら、あれよあれよという間に有名週刊誌の表紙を飾り、更にイベントが行われるということで会って来た次第。

週刊ヤングジャンプを1冊購入するだけで握手できるイベントだったのだけれども、3冊買うと生写真が貰えるうえに1shot写メが撮影できるということで3冊購入(`・ω・´)

秒で数千円~1万円が飛んでいくアイドルグループの特典会に比べればかなり安上がりだ。

会場は秋葉原駅電気街口を出てすぐの場所にあるラジオ会館の9F
インターネット放送局としてアイドルイベント開催している「ビリビリAKIBA」だった。

待っている間は会場外の吹きっ晒しの非常階段に並んでいたのだけども、9Fから6Fくらいまで行列が出来ていて凄かった。。。

20181013_02.jpg

表紙にサインしてもらったヤングジャンプ(左側に小さく)
イベント参加特典の生写真、そして現場で販売されていたチェキを並べてみた(`・ω・´)

20181013_03.jpg

小柄で可愛かった(*ノ▽ノ)

声も可愛かった(*ノ▽ノ)

予定が入っていなければ第2部のトークショー、第3部の追加特典会も参加してみたかったな…。

これから更なる活躍を期待しています\\\\٩( 'ω' )و ////

20181013_04.jpg




Posted by りすお [RIS-O] on 13.2018   0 trackback

monoga cafe プレオープンイベント 3部

Category : idol
池袋にある「DORAMAcafe池袋店」にて、コラボ企画として「monoga cafe」のOPENが決定!!(期間限定!)

今日はそのプレオープンイベントということで、3部に当選したので行ってきました(*・∀・)ノ

ちなみに各部に登場するメンバーは下記の通り。

■1部:13:00-14:30
柊宇咲・丸海留希

■2部:14:45-16:15
福本カレン・西銘紗英・青空明日香

■3部:16:30-18:00 ★当選★
倉澤遥・工藤茶南

■4部:18:15-19:45
香山あむ・歌代ミク

イベント前日の23時までに当選メールが到着する予定…と言われていたものの、結局自分に当選メールが届いたのは23時過ぎだった。中にはイベント当日の午前4時にメールが届いたという人も(笑)

遠征民のことを考慮しているとは思えないなヽ(´ー`)ノ

実際、イベントに外れたと思い込んで別の予定を入れてしまった人も…。

20181007_01.jpg
池袋駅近くにある「ドラマカフェ」

人数は大体30人程度だったかな?

店内はやや小さめの普通のカフェといった感じ。

本日はプレオープンということで、天井から吊るされている巨大モニターにモノガ(monogatari)のMVが流されていたこと以外は特にモノガっぽい店内仕様にはなっていなかった。

店内に入ると倉澤遥・工藤茶南の”はるてぃな”コンビが私服姿でお出迎え。


本日のイベントは各部定員に達していたとのことで、店内のカウンター・テーブル席はほぼ満席。
本来の店員以外にモノガのスタッフもカフェ店員として働いていたw

20181007_02.jpg

(左)倉澤遥(はるか色に染まっちゃお?ジュース)
(右)工藤茶南(レジェンドトロピカルブルーベリーteenaa)

なるほど…メンバーカラーのジュースなのね。

ちなみに「teenaa」の読み方が分からなかったから、茶南(てぃな)本人に聞いたら「てぃーなー!」だった。
いや、そのまんまじゃんw

メンバーの2人は不平等にならないように、各カウンター席・テーブル席を順々に回っていた。
いくらコミュ障でも全く会話できなかった人はいなかったはず。
その点においてはメンバーの気配り&スタッフの教育(?)が良かったと思う。

持ち時間が90分もあったので、2人は何度も席に回ってきてくれた。

20181007_03.jpg
工藤茶南作 たこ焼き 【お絵描きフード】

「お絵描きフード」の注文が入り、料理が運ばれてくると指名したメンバーがケチャップで絵を描いてくれる。
この辺りはメイドカフェのシステムと同様なのかな。(メイドカフェ行ったことないから分からないけど)

20181007_04.jpg
本日限定!? 倉澤遥生誕ケーキ(ノベルティ付き)

(。´・ω・)ん? ノベルティーって何。

20181007_05.jpg

これかあああああ!!Σ( ̄∇ ̄;)

20181007_11.jpg

最近のプリクラは別人感が凄い(汗

20181007_06.jpg

生誕ケーキはなかなかの分厚さで1人前のデザートとしてはちょっと多いかな?
茶南推しの方とシェアしながら食べられて良かったヽ(´ー`)ノ

「お絵描きフード」以外にもチェキを注文するとメンバーが駆けつけてくれるシステムだった。

チェキは店内の別の場所で撮影するのかと思いきや、基本的にはヲタクが座っている席のすぐ側で撮影していた。

他のヲタクが映り込んだりするとアレなので、敢えてレンガ風の壁やカーテンを背景に指定する人も多かった。

中野坂上S.U.B TOKYOで行われている定期公演はともかく、普段の対バンイベントやフェスでは数秒~10秒程度で剥がされてしまう現状を踏まえると、今回のように比較的自由な状態で喋れるイベントはなかなかレアだったんじゃないかと。

20181007_07.jpg
工藤茶南(てぃな)チェキ

今日のイベントは倉澤推しが多そうだったので、寂しがるといけないと思って茶南のチェキを注文←

茶南:ここにいる人は全員茶南推しだからっ!!(`・ω・´)

相変わらずスーパーポジティブで笑った。

20181007_08.jpg
倉澤遥ソロチェキ

本日がちょうど誕生日の倉澤遥さん!!

17歳の誕生日おめでとう\\\\٩( 'ω' )و ////

ファンの皆が「倉澤遥生誕ケーキ」を食べているのを見て、「美味しそう…」と言っていたので『家に帰ったらお祝いしてもらうの?』と聞いたら、『家族がケーキを買ってきてくれるの♪』と嬉しそうに話していた。


想像以上に可愛らしいケーキだった(/∀\*)

20181007_09.jpg

ちっちゃいプリクラを持ってチェキ撮ってもらった(笑)

■サプライズ生誕祭
イベントの最後、倉澤遥と工藤茶南が並んで最後の挨拶をしようとした瞬間。

カフェ店員から生誕ケーキ(ローソク付き)の差し入れが行われた。

倉澤:わぁ~!! すごいっ! えっホントにいいんですか? ありがとうございます~♪(=^▽^=)

背後から登場した店員の方を振り向いて挨拶をしている間に、カフェに残っていたヲタクが一斉にオレンジ色のサイリウムを点灯させてサプライズ発動。

その後、なぜか倉澤遥本人がBirthday Songの音頭をとって(笑)
ファン達によるHAPPY BIRTHDAY~♪の歌が店内に響いた。

スタッフのTさんに突っ込まれつつ、『これからもはる(遥)らしく頑張るので、みんなついてきてくださいっ!』という17歳の抱負を述べて和やかな雰囲気でイベントは終了。

本来の生誕祭(公演)は今週水曜日の定期公演になるのだけれども、
やっぱり”誕生日当日のイベント”というのは特別なモノがあるよね。

20181007_10.jpg

ちなみに本日のお代は余裕で1万円オーバー(๑¯ω¯๑)

最近はただ「LIVE観て即帰るマン」と化していたので、たまに特典会・イベントに参加するとついつい散財してしまう…。

まぁアイドル界隈からすると1万円程度では散財と言わないのだけど←
Posted by りすお [RIS-O] on 07.2018   0 trackback

アイドルグループのグダグダ運営にNOを突きつけるには

Category : idol
楽曲やパフォーマンス、メンバー達のルックスは良いのにイベントのスケジュールを出すのがいつもギリギリだったり、LIVE会場で揉め事が起きてもなぁなぁで済ませたり。露骨な拝金主義を全面に押し出したり…そんな残念なアイドルグループがあったとする。

ツイッターの公式アカウントに文句を言ってもミュートされて無視されるだけだし、匿名掲示板でキャンキャン騒いでも黙殺される。

そんなアイドルグループのグダグダな運営にNOを突きつけるにはどうすれば良いか?

結論から言うと”金を落とさないオタク”になればいいと思う。

逆の立場になって考えてみればわかる。

一部の富豪オタクから特典会で搾り取れたとしても、その富豪が他界したら運営の金銭事情は一気に厳しくなるし、ファンの裾野が広がらなければそのグループに未来は無い。

全員でそっぽを向けば「これはマズイことになった」と感じた運営が何かしらの手を打つはず。
もしくはグループ解散か(笑)

他界できるなら他界した方がいいと思うけれど、なかなかそうはいかないのがオタクというもの。

LIVEは今も変わらず魅力的だし、メンバー達は好対応だから会いに行きたい…。

でもね、その気持ちをグッと抑えて我慢することも大事だと思う。

サラリーマンの収入には上限があるし、「また働いて稼げばいいじゃん」と思っていても、頭脳と身体は徐々に劣化して、いずれ働けなくなる時が来る。

昨今、少子高齢化の進行でアルバイトの人材確保が難しくなり、外食産業の時給が全体的に上がっているという記事を何個も見た。

逆に考えれば安い時給で働く人がいなくなってきたということ。

”安い時給を提示し続ける会社”と”アイドルグループのグダグダ運営”はニアリーイコールみたいな感じで、大衆からそっぽを向かれれば今までのやり方を変えて改善せざるを得ない。もしくは破滅を迎えるか。

そんなこんなでグダグダ運営に一番効く嫌がらせ方法は、「他界」もしくは「金を落とさないオタクになる」だと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2018   0 trackback

夢みるアドレセンス ワンマンツアー決定 10万円のVIPチケットにネットがざわつく

Category : idol






























Posted by りすお [RIS-O] on 24.2018   0 trackback

浜辺美波 2019カレンダー 発売イベント

Category : idol
映画『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』に出演している女優 浜辺美波さんのイベントに参加してきました٩( 'ω' )و

20180902_01.jpg

会場は渋谷のHMV & BOOKS SHIBUYA

この日のチケットはすぐに完売してしまったらしく、時間指定があったにも関わらずイベント会場のある7Fから5Fの階段あたりまで長蛇の列が出来ていた。

浜辺美波さんは女優なので、男女問わずファン層は幅広い感じ。

男女比は大体7:3程度だっただろうか。

憧れの女優に会うために目一杯オシャレをしてきている女の子達の姿をチラホラ見かけた。

20180902_02.jpg

左が通常のカレンダーブック

右が特装版のカレンダーブック (写真集付き)

20180902_03.jpg

イベント参加者限定ポストカード

20180902_04.jpg

そしてこちらが浜辺美波さんのサイン

■2ショット写メ
20180902_05.jpg

透明感半端ない!!

可愛いとか美しいとかじゃなく、ただただ尊かった…。

『18歳のお誕生日おめでとうございます』とか凡な会話を少々…w

多分今日だけで数百回は言われてるんだろうなヽ(´ー`)ノ

気になる芸能人に会える東京って素晴らしい\\\\٩( 'ω' )و ////
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2018   0 trackback

夢アドと原価でクルージング ~夢みるアドレセンス FCイベント~

Category : idol
「夢アドと原価でクルージング」に行ってきました(*・∀・)ノ

いわゆるファンクラブイベント。

「原価でクルージング」というタイトル通り、アイドルが同乗することによるプレミア料金は一切かからず、クルージング(ビュッフェ付き)の料金のみ支払えば参加可能という本イベント。

夢アドの通常特典会のレギュレーションは少しお高めだけれども、そもそもCDのリリイベが少なかったり、たまに今回のようなリーズナブルなイベントがあったりして露骨な拝金主義ではないところが好感持てる。(他のアイドルグループではCD100枚~300枚購入させるようなところもあるので)

応募が殺到したため落選者も多数いた模様。

かくいう自分も初のFCイベント当選だった。

最初に行われたトークショー&アコースティックライブ(だったかな?)は外れ、その後行われた東京都内バスツアーも落選。

ようやく今回のクルージングイベントに参加できることになった。

IMG_1971.jpg

サイサイのLIVEに参戦した後、天王洲アイルのカフェで読書をしながら時間を潰し、集合場所へ⊂(・ω・ )⊃≡3

IMG_1973.jpg

おっ? この船かな? と思ったら、別の船(奥側)だった。。。

IMG_1974.jpg

こちらが今回のFCイベントで使用される『マルコ・ポーロ号』

IMG_1976.jpg

ホームページによるとキャパ100人らしい。

IMG_1978.jpg

船内ではビュッフェが用意され、アルコールを含めドリンクはいつでも追加できるフリードリンク制だった。

IMG_1979.jpg

東京湾クルージング出発⊂(・ω・ )⊃≡3

IMG_1981.jpg

船内はこんな感じ。

1Fはビュッフェのアルコールランプが焚かれていて、更に左右に仕切りがあったため熱が籠ってメッチャ蒸し暑かった。

比較的体温が高めの男性のみならず、女子達も暑くて風を仰いでいるくらい。

そもそも夜の段階でも30度くらいあったから、ある意味仕方ないところではあったけれども…

一方、開放感あふれる2Fデッキは潮風が心地よかった。

IMG_1983.jpg

レインボーブリッジを下から眺める。

IMG_1985.jpg

2Fデッキから撮影

IMG_1989.jpg

なんだかリア充っぽい。



イベント参加者が一通りビュッフェとドリンクを取り終わり、東京湾クルーズが始まって30分が経過したころ、スタッフの呼び込みによりようやくメンバーが登場。

CDのリリイベでは衣装姿なので、普通の私服姿を見られるのは新鮮だった。

メンバー不在でもクルージング自体がそれなりに楽しかったのだけれども、今を思えばメンバー達は最初から登場させておいた方が良かったと思う。 混雑した船内で自由に動けるスペースが少なかったこと、1Fと2Fでメンバー達を分割せざるを得なかったことに加え、あらゆる面で”時間切れ”が多かったので…。

・夢アドメンバー登場
・メンバーそれぞれから軽く挨拶 『イベントに当選された方、おめでとうございます』
・メンバーそれぞれが船内をぐるりと周り、参加者一人一人に挨拶
 (大半は「おめでとうございます」の一言で、自分を推してくれているファンにはもう一言~二言程度)
・メンバー達は2Fに上がり、同様に最初の挨拶&参加者それぞれに声掛け

大半の参加者はおそらくこの場面でしか言葉を交わすことが出来なかったと思う。

ちなみにスタッフの話によると、本日のFCイベント参加者は70名ちょっとだったらしい。

更にスタッフ&メンバー達が乗船していたので、合計90名程度?
船内はかなりギュウギュウで、補助椅子を出さないと座れない人もいるくらいだった。

ちなみに船内は人が1人~2人すれ違うのがようやく…といった感じで、宮古島ロックフェスツアーのときのようにメンバー達に気軽に声をかけることは出来ず、自由さは皆無だった(苦笑

IMG_1990.jpg

山口はのん:見て~! 東京タワーが見えるー!!

夜景を見てはしゃぐメンバーを見るのが楽しかった。

IMG_1991.jpg

夢アドが大規模ワンマンを行った豊洲PITや、タワーマンションがそびえたつ東京の夜景が見られた。

IMG_1992.jpg
2Fデッキ先頭部

えっ、1Fの先端部分じゃなくて、2Fのここで操縦してたの(笑)


・1Fと2Fにメンバーを分けて、ジェスチャーゲーム (挙手制…当たった人にはチェキプレゼント)
・1Fメンバーと2Fメンバーを入れ替えてジェスチャーゲーム
 (京佳、水無瀬ゆき、山口はのん、山下彩耶グループ、 荻野可鈴、志田友美グループに分かれて)

ジェスチャーゲームは3問程度だったかな?
時間の都合であっという間に終わってしまった。

ちなみにクルージング時間は80分程度だった。

最後は参加者全員で写真撮影をすることに。

運営スタッフ:最後は参加者全員で2Fに上がって集合写真撮りましょう! …いや、無理か。全員は入りきらないか。

志田友美:重量オーバー!?

運営スタッフ:いや、(船の上の)重量は変わらないから!(ユメトモww



撮影するまでの段取りが悪く、撮影場所を何度も変えたりして色々大変だった。

最後、船から降りた後に乗船場所にてメンバー達による最後の挨拶。

本当はメンバー達が握手でお見送りをする予定だったのだけど、こちらも時間切れで急遽挨拶のみになった。





落選者が多数出ていたことを知っていたのか、落選者にも気配りを忘れない優しさあふれる締めの挨拶だった。

ただ、『なぜここに居ない人達に向けた話をしているのか?』という違和感も拭えなかった。

スタッフは『船が思っていたより狭くて、暑くてすいません』としきりに謝っていたけれど、暑さは誰のせいでもないから仕方ないとして、色々準備不足感が否めないイベントだったなーという感想。

ただただ、『私服姿のメンバー達可愛いなー』と眺めているだけの、眺め系イベント(?)だった。

色々自由すぎた宮古島ロックフェスツアーは別格として…

個人的には先日参加した『荻野可鈴バスツアー』の方が面白かったし、満足度もそちらの方が高かった。

おそらく今日のイベントは”メンバー達と一緒にクルージングしている”という体験を楽しむためのイベントであって、メンバー達との交流を楽しむイベントではなかったのだろう。 
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2018   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend