「ハンバーグは飲み物。」に行ってみた

Category : Diary
フォロワーさんの希望で「ハンバーグは飲み物。」に行ってきました(*・∀・)ノ

「カレーは飲み物。」「とんかつは飲み物。」等、飲み物シリーズのお店を街で結構見かけるようになった。

「とんかつは飲み物。」は近所にあるので何度か利用しているのだけど、「ハンバーグは飲み物。」には行ったことが無かった。

「とんかつは飲み物。」と同じく、トッピング3種類を自由に選べる方式だったので「フライドポテト」「サラダ」「フライドガーリック」の3種を注文してみた。

201900814_01.jpg
※定食なのでご飯+お味噌汁は標準でついてくる

他にも冷奴などもあった。
ソースも複数の種類から選択できるので、豊富な選択肢があってリピーターになる人も増えそうだ。

201900814_02.jpg

こちらがデフォルトのハンバーグ(250g)+デミグラスソース(ソース選択制)

201900814_03.jpg

知人が注文したハンバーグ+おろしポン酢ソース

250gのハンバーグがデフォルトなので結構ボリューミー。
比較的小食な女性はお腹いっぱいになることだろう。

ハンバーグは2個、3個と増やすことが可能。
メニューに掲載されているということは、あらかじめハンバーグ2個~3個で注文する人もそれなりにいるということか…お強い。

ハンバーグ自体はやや硬めだったのだが、噛むと口の中で肉汁がジワっと溢れてきて、ちゃんと肉の味がする比較的良質なお肉だった。

Googleマップのクチコミ等で書かれている通り、標準のメニューで1000円を超えてしまうので、コスパが良いと言えるかどうかは微妙だけれども、肉の味がソースに打ち消されてしまうような普通のハンバーグ(?)に飽きている人には良いお店かもしれない。

ちなみにこのお店ではスマホ決済「PayPay」が使えた。

しかも8月のランチタイム20%還元対象店だったらしく、しっかり200円ちょっと還元されたのには驚いた。
Posted by りすお [RIS-O] on 14.2019   0 trackback

思い切って親にお金の話をしてみた

Category : Diary
実家に帰った時の話。

結論から言うとタイトルはやや大袈裟。大した話ではない。

今、住んでいるところから実家までは比較的近く、余裕で日帰りできる距離ということもあり、お盆休みを利用して実家に行ってきた。

両親は父・母ともに健在だが、いわゆる高齢者であり、既に年金生活に突入している。

ここ数年、銀行口座に預けていた複数の定期預金を解約していたことを知っていた僕は、思い切って親にお金の話をしてみることにした。

『ここ数年、複数の定期預金を解約して現金化しているけれど、もしかしてお金が足りなかったりする?』

『(一軒家の)家のローンが返し終わっていないとか』

母から返ってきた返事は、至極あっけないものだった。

母:『いや、単純に満期を迎えたから解約しているだけよ。家のローンは返し終わっているし。』

ウチの家庭は両親共働きで、父親は60歳になるまでしっかりと働いていたから厚生年金が満額貰えているはず。

プラスアルファで母親が働いていた期間の年金を加えれば、いわゆる「逃げ切り世代」と呼ばれる両親の年金額はそれなりの額になっていることだろう。

家のローンが残っていると厳しいが、既に返し終わっているとのことで、病気による手術や入院、家の修繕等の突発的イベントが発生しない限り生活は安泰だろう。

ウチの家庭は決して裕福とは言えず、学生時代はお小遣いの額が同級生より少なかった。

当時から音楽好きだったもののLIVEに行くことは出来ず、カラオケやゲーセンに頻繁に通う友達の誘いも断ったりしていて、当時は自分の家の貧しさを呪ったりもしたが、私立高校と私立大学の学費を出してくれたお陰で社会人になってからお金で苦労することなく、それなりに快適な自分の生活スタイルを確立できたことに感謝している。

人様に迷惑をかけることを極端に嫌っていた母だからこそ、家族である自分の足を引っ張らないよう厳しい家計管理をしていたに違いない。

働き始めてから初めて分かった両親の偉大さ。

明確な人生の目標を持つことなく、なんとなく高校に進学して、なんとなく大学へ行き、消去法で選んだ会社で今も働き続けている。

人生のレールを大きく踏み外すことなくここまで生きてこれたのは両親のお陰だと思った。
Posted by りすお [RIS-O] on 11.2019   0 trackback

週4日勤務、週休3日制という働き方

Category : Diary
19日放送のモーニングサテライト

今、日本だけではなくアメリカでも「働き方改革」が進んでいるとか。

その主な内容の一つとして「週4日勤務」が挙げられる。

20190719_01.jpg

アメリカでは週4日勤務の人気がジワジワ上がってきているのだとか。

20190719_02.jpg

週5日勤務と比較して、週の労働時間は40時間で給料水準も変わらない場合、どちらが良い?という設問に対し…

週4日勤務を希望する人が40% 週5日勤務を希望する人が27%

20190719_03.jpg

週4日勤務の企業への応募は、週5日勤務の企業より13%も多いのだとか。

20190719_04.jpg

個人的にも1日あたりの労働時間を伸ばして、その分、週休3日にした方が良いと思っている。

「今日頑張れば明日は休みだ!」と思うと、仕事にも身が入る(笑)

おそらくこの感情はアメリカを含め万国共通なのではないだろうか。

「仕事に大きなやりがいを感じている・仕事が好き」という人に関してはそうじゃないのかもしれないけれど、アメリカの統計結果から見ても休日は多い方が良いと考えている人が多そうだ。

ちなみに週4日勤務を導入した企業は、実際に労働生産性も上がっているそうな。

20190719_05.jpg

ちなみにドイツの労働生産性は日本の1.5倍!!

そりゃ日本人の労働時間長くなるはずだわ…。

20190719_06.jpg

例えばドイツでは、報告書はA4 1枚にまとめることで余計な労働時間を費やさずに済んでいるのだとか。

20190719_07.jpg

ドイツでは残業手当よりも自分のプライベート時間を充実させることに重点を置いているのだとか。

僕も社会人になった当初から一貫してこのスタンスなのだけど…。

家族や子供を養っている人は残業手当てがないとやっていけないよね。

日本は残業ありきの給与体系になっているのが問題だと思う。

ウチの会社もフレックス制度や在宅勤務(テレワーク)にようやく本腰を入れてきたけれど、週4日勤務へのハードルはまだまだ高そうだ。。。


Posted by りすお [RIS-O] on 19.2019   0 trackback

夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー ~プライベート編~

Category : Diary
夢アドとは関係ないプライベート旅行記。

夢アド宮古島ツアーのレポはコチラ↓↓

夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 1日目 食事会レポ
夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 2日目 スペシャルライブ
夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 3日目 ~夢アドメンバーとバーベキュー&交流会~

せっかく宮古島に来たのだから観光も楽しまないと(*・∀・)ノ

そんなこんなで今年はレンタカーを借りて宮古島を周遊してきた。

20190713_12.jpg

昨年は伊良部大橋の絶景を堪能してきたので、今回は別の橋を見に行こうと思い、「池間大橋」へ。

20190713_13.jpg
誰。

Googleマップで確認すると、宮古島の橋の中で一番長い橋に見えるのだけど、実際は途中までずっと陸続きになっているので伊良部大橋の方がスケールがデカかった。。。

20190713_01.jpg

同乗して宮古島を一緒に周ってくれたSさんと、池間大橋で車を降りて海岸へ。

20190713_02.jpg

宮古島キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!

この青い空とエメラルドグリーンの海を見に来たんだヽ(´ー`)ノ

20190713_03.jpg
パノラマ撮影

この日はかなり風が強くて、海がやや荒れていた。

地元の人曰く『今日はかなり風が強い方』とのことだった。

ただ、これだけ風が強くても汗がにじみ出てくる暑さと湿度は変わらず、この辺りは沖縄だな…といった感じ。

20190713_04.jpg
20190713_05.jpg

インスタ映えするスポットなのか何か知らないけれど、自分達の他に若い女性達がこの岩場あたりで自撮りしていた。

20190713_06.jpg
池間大橋をバックに海を撮影

20190713_07.jpg

池間大橋を渡り切ったところにあるお店屋さんでアイスクリームを食べることに。

20190713_08.jpg

塩ちんすこうアイス黒みつがけ

20190713_09.jpg

インスタ映え?

20190713_10.jpg

のどか~ヽ(´ー`)ノ

20190713_11.jpg

店の隅にくつろぐ犬ちゃんがいた。

他にも猫ちゃんと、庭にヤギが飼われていて癒されたヽ(´ー`)ノ

池間大橋の向こうの島には何がある?

とのことでしばらく島をドライブ⊂(・ω・ )⊃≡3

途中でインスタ映えする「ハート岩」なる観光スポットがあることに気づいた。

20190713_14.jpg

そんなわけで男二人でハート岩にやってきた(汗

20190713_15.jpg

りすお:ハート岩ってどれ。。。

Sさん:向こう側に見えるアレじゃないですかね?

20190713_16.jpg

りすお:コレかー!!Σ(・ω・ノ)ノ! 横向きだったとは(笑)

この海岸には僕等2人しかいなくて、♂二人でホント何やってるんだろうと。

20190713_17.jpg

洞窟っぽい場所もあって面白かった。

20190713_19.jpg

砂浜なのにスニーカーでズカズカ歩いていたせいで、靴の中に砂が入って大変だった。

結果的に僕達2人がサンダルを購入したのは、ツアー2日目の夕方だった。

結局ビーサンは3日目しか使えなかったし、次に宮古島に行く機会があったら初日に購入しようと心に決めた。

20190713_18.jpg

宮古島は沖縄本島の市街地とは違って渋滞もなく、車自体がさほど多くなかったので凄くドライブしやすかった。

3年ぶりくらいの運転で正直最初はドキドキしたのだけど、結果的に事故を起こすことなく快適にドライブ出来てよかったヽ(´ー`)ノ

この後、一旦ホテルに帰り、ツアー1日目のイベント「食事会」に続くのであった。

夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 1日目 食事会レポ
Posted by りすお [RIS-O] on 13.2019   0 trackback

MCPCモバイルシステム 技術検定試験 2級 合格体験記

Category : Diary
6月のはじめに「MCPCモバイルシステム 技術検定試験 2級」試験を受験してきました。

20190627_03.jpg

今日から合否結果が専用のWebページに表示されるとのことで、アクセスしてみたところ…

無事合格(*´▽`*)


そもそも「MCPCモバイルシステム 技術検定試験」って何?

聞いたことないんだけど!!

…という人も多いと思うので簡単に説明。

MCPCはMobile Computing Promotion Consortiumの略で、携帯電話(ガラケー)やスマートフォンで使用される電波、Wi-FiやBluetoothなどの無線技術の習熟度が試される試験です。

資格試験の公式ページには下記のように記載されています。

モバイルシステム技術検定はIT関連業務に従事している方々やモバイルシステムの業務に携わる方々を対象に設けられた制度です。
モバイルシステムの提案、構築運用改善をより効果的、効率的に行うために必要となる技術知識・情報を習得していただくこと、さらにこの分野における優れた技術者として活躍していただくことを狙いとしています。
スマートフォン・モバイル実務検定は、ケータイ基礎知識に加え、サービスや緊急時の対応など様々な事柄の理解度といった消費者保護の観点から、その施策や対応について習得します。

http://www.mcpc-jp.org/kentei/index.html



なぜこの試験を受けようと思ったのか?

民間資格だし、マイナーだし…(失礼)

以下が主な理由です。

・会社で更に上のクラスを目指すため
・上のクラスに上がるために必要な試験を受けるための前段階として本試験の合格が必須条件だった
・自分のスキルを分かりやすく表すことができる資格を増やしたかった
 (会社が倒産しても食いっぱぐれないように)
・全問マークシート方式なのでラクそう
・試験時間が100分であり情報技術系試験としては比較的試験時間が短い
・3億年ぶりに資格試験にチャレンジするため、難易度が低めでリハビリに良さそう

後半3つは完全に不純な動機なんですが(笑)

合格率10%とか1桁台の難関試験にチャレンジしようとすると、分厚い参考書を前に挫折してしまうことが容易に想像できたため、まずはお手頃な試験を受験することにした訳です。

本当はMCPCモバイルシステム 技術検定試験 1級の資格を取りたかったのだけど、1級試験を受験するためには2級試験の合格が必須要件とのことで、まずは2級試験にチャレンジした次第です。

「難易度が低め」と書いたのだけど、ネット上に公開されている情報を参考にしただけであって、本当の難易度はよく分かりません。

というのも、この試験はかなり特殊なのです。

・合格ラインが公開されていない (60点? 70点? もっと上?)
・合格率が公開されていない (受験者数の内どれくらいの人が合格している?)
・テストの採点結果が開示されない
・過去問題集が無い
・試験終了後、回答用紙だけでなく問題用紙も回収される


過去問が無い上に問題用紙も回収されてしまうため、どのような問題が出るのか分からないのです。

ただ、逆に考えれば過去問で対策されてしまうと簡単に合格できてしまう試験であると推測されます。

MCPCの公式サイトにいくつかの模擬問題が公開されているものの、数が少ない。。。

20190627_01.jpg
MCPCテキスト 一般的なテキストと比較してサイズがデカい。。。

結論から言うと、 試験範囲として指定されているテキスト(参考書)さえ読み込めば合格できる試験でした。

【認定レベル/必要とする知識】
・2級
ITスキルとしては、 基本情報技術者、初級システムアドミニストレータ取得者相当



ネット上には上記のような記載がありますが…

MCPC2級は単なる暗記モノであり、試験時間も短いため、基本情報技術者試験と比較すると明らかに難易度は低めです。

■勉強方法/勉強時間
・5月のG.W.(ゴールデンウィーク)を利用して、毎日少しずつテキストを読み込み&暗記。
・毎日勉強といっても1日2時間~3時間程度。 (午前中に勉強して午後からは遊んでいた)
・今年は10連休だったので勉強時間は25時間程度かな?
・G.W.終了後は、帰宅して時間をみつけてテキストを読み返し。忘れていたところを重点的に復習&暗記

20190627_02.jpg

およそ370ページのテキストを読破するだけであれば、じっくり読んでも10~20時間程度で終わると思います。
ただ、試験対策としてちゃんと暗記するとなると、人それぞれ必要な時間は変わってくるかと。

自分のように気力・体力・記憶力が減退したおっさんにとって、正直言って暗記は大変でした(汗

さすがに370ページのテキストを一言一句漏らさず暗記することは出来ません。

更にMCPC試験は過去問題集(本)が無いため、自分である程度問題を予想し、該当箇所にマーカーを引いて暗記…という作業を繰り返していました。

■試験問題について
・マークシート100問を100分で解く試験だが、時間はそれなりに余った
・常識でも回答できる問題が2割程度あった
・Bluetoothに関する問題だけで5問くらいあった (今回限り?)
・図表を穴埋めする問題はさほど多くなかった (ネット情報には図表穴埋め問題が多数出ると書いてあったが)
・マークシートは単なる穴埋め問題がほとんどだが、(ア)、(イ)、(ウ)の文章を読んで「全部間違っている」「(ア)のみ正しい」「(ア)(イ)のみ正しい」「全部正しい」という設問があり、テキストの内容をきちんと暗記していなければ解けない問題も結構あった

試験を受けたこと自体が久しぶりだったので、マークシートで穴埋め以外の問題(箇条書きの最後の形式)が出るとは思っていなくて少し狼狽えた(汗

なにはともあれ1発合格出来て良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

ちなみにこの資格に合格しても会社から報奨金が出る訳でもなく、上のレベルに昇格できるわけでもなく、
周囲にドヤ顔出来る訳でもなく…(笑)

なにはともあれ試験に一発合格出来て良かったです。

貴重なG.W.休みの一部を勉強に充てた甲斐があったヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 27.2019   0 trackback

LINEモバイルをやめてUQモバイルに乗り換えた結果

Category : Diary
■(左)UQモバイル (右)LINEモバイル




LINEモバイルからUQモバイルに乗り換えた結果、下り速度が40~110倍くらい速くなったヾ(≧∀≦*)☆彡

UQモバイルはいわゆるセカンドキャリアと呼ばれていて、厳密には格安SIM業者とは違うのだけれども、docomo、au、Softbankという三大キャリア(MNO)とそれ以外という区分けで格安SIM業者と同一視されることも多い。

UQに変えて10倍くらい速くなればいいなぁと思っていたのだけど、想像以上に速くてビックリしたΣ(・ω・ノ)ノ!

月1000円程度の増額でストレスから解放されるなら安いものだヽ(´ー`)ノ

UQモバイルはLINEモバイルと違ってSNSカウントフリー(ツイッター、インスタ、Facebookのデータ通信がカウントされない)が無いけれど、今はデータ増量キャンぺーン中で毎月9GBまで使えるから、スマホで動画をほとんど見ない、ゲームをやらない自分には十分なデータ量だと思う。

そんなわけで、格安SIMの速度にウンザリしてきた人にはセカンドキャリア(UQモバイル/Y!mobile)をオススメします。
Posted by りすお [RIS-O] on 26.2019   0 trackback

totoBIG 1等 当せん6口の衝撃

Category : Diary
高額当選で有名なサッカーくじtotoBIG

1等が出る確率は飛行機に乗っていて墜落する確率よりも低いと言われていて、一生買い続けていてもまず当たらない。

totoBIGはほぼ毎週行われていて、1等が出ても1口、むしろ1等が出ない週の方が多いんじゃないかというくらい当たらないのだが…。

先週のtotoBIGは1等賞金がなんと最大12億円だった。

通常の当せん金額6億円の倍ということで買いが殺到し、その結果1等が6口も出るという結果になった。

■第1101回 BIG くじ結果
http://sport-kuji.toto-dream.com/dci/I/IPB/IPB02.do?op=lnkHoldCntLotResultLstBIG&holdCntId=1101

1等が6口も出たため、当選金額はおよそ5億円に下がってしまったが、それでも人生を変えるには十分過ぎるほどの金額だ。

羨ましい…(/∀\*)

ちなみに第1098回のBIGくじ結果は1等1口、その前の第1097回のBIGくじ結果は一等当せん無し、さらにその前の第1096回のBIGくじ結果も一等当せん無しだった。

自分が気になったのは1等の当せん口数はもちろん今回のBIGくじの売上金額だ。

■第1101回 BIG くじ
売上金額 4,941,705,300円

■第1097回 BIG くじ
売上金額 1,043,017,500円

■第1096回 BIG くじ
売上金額 973,742,700円

■第1094回 BIG くじ
売上金額 923,626,500円

過去3回のtotoBIGの売上金額と比較して、今回のBIGは約5倍。

つまり、 当選金額が高ければ高いほど売上金額も上がることが実証されたのだ。

Yahoo!のコメント欄では『当選金額を上げるよりも100万円が多くの人に当たる方が良い』みたいな意見が大半を占めているけれど、その指摘は人の行動原理から考えると全くの的外れであることが分かる。















Posted by りすお [RIS-O] on 24.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend