凡人の僕が平凡な人生にどう抗って生きるか ~左ききのエレン~

Category : Diary
首都圏全般に出ている外出自粛要請に基づいて、
食事以外は一切外に出ることなく自宅で過ごしていました(*・∀・)ノ

録画してあった深夜ドラマ『左ききのエレン』を1話~10話(最終話)まで一気見。

20200328_04.jpg
神尾楓珠、池田エライザ

久しぶりに自分の中にある哲学とか生きる意味を再考させられるドラマだった。

ある種、厨二病をこじらせたようなセリフが数多く登場するドラマなので、好き嫌いはハッキリ分かれると思う。

『何かにならなきゃ、退屈で生きていけねえよ』

主人公(光一)の台詞が胸に突き刺さる。

20200328_01.jpg

芸能人、ミュージシャン、アーティスト、YouTuber、スポーツ選手、政治家、社長、大富豪

他の誰でもない”代えの効かない誰か”になれる人間はごくわずか。

他人に影響を与えられるような立派な人になれなくても、結婚して家族を支えている父親や母親も互いに”代えの効かない誰か”になっている訳で、そういう意味ではある種のアイデンティティを確立していると思う。

果たして僕のような独身の平凡なサラリーマンに生きる価値はあるのだろうか。

20200328_02.jpg

神尾楓珠演じる主人公の光一に向かって、天才画家のエレン(池田エライザ)が放った一言が凄く印象的。

『光一、見せてくれよ 凡才のおまえが平凡な人生にどう抗って生きるか』

20200328_03.jpg

僕もこのまま平凡なサラリーマンとして人生を終えるつもりはない。

世間一般が想像する”幸せな家庭”というものにも興味が無い。

幸いなことに日本人として生まれたので、衰退していくこの国の中でもまだチャンスは無数に転がってると思う。

凡人である僕が平凡な人生にどう抗って生きるか。

このまま何者にもなれずに人生を終えるのか。

人生はある種のゲームだと思ってる。

Posted by りすお [RIS-O] on 28.2020   0 trackback

ちょっとリッチな「QBハウス プレミアム」が気になる

Category : Diary
”1000円カット”が代名詞だったQBハウス

人手不足ならびに人件費高騰の影響で現在は1200円に値上げされているものの、”10分カット”は健在の模様。

20200326_01.jpg

僕は髪を切りに行くのが面倒に思う人なので、サクっと10分で散髪してくれるQBハウスには以前から興味津々だったのだけど、この度少しゴージャスになった「QBハウス プレミアム」がオープンした模様。

20200326_02.jpg

20200326_03.jpg

ゴージャスになった分、カットの値段は少しだけ値上げされて1650円に。

TVで放映されていた店内を見る限り、都内にあるオシャレな美容室と変わらない感じ。

駅のホーム内にあるQBハウス特有の窮屈な感じではなさそうだった。

そういう意味でちょっとリッチな気分を味わえる店舗になっている。

20200326_04.jpg

電源やWi-Fiも完備しているそうなので、待ち時間中も有意義に時間を潰せそう。

20200326_05.jpg

待ち時間中のコーヒーはセルフで飲み放題なのかな?

20200326_06.jpg

どこの美容室 or 床屋に行っても大体同じになる短髪のヘアスタイルなら良いけれど、自分は男性としては普通かやや長めの髪型ということもあり、どうしても”10分カット”に挑戦する勇気が出ない。

本当は散髪代を浮かせて株式相場に少しでもお金をつぎ込みたいのだけど…

『いやいや、独身のクセに(髪型を含め)身だしなみに気を遣わなくなったらおしまいだぞ』と、もう一人の自分が語りかけてくる…(笑)

とはいえ、雑誌に載っているような凝った髪型はしていないので、ヘアワックスでテキトーに誤魔化しちゃえば誰も気にしないんじゃないか疑惑が。

学生時代、角刈りの教師が『この前QBハウス行ったんだけど、あそこ本当に10分でカット終わるんだよ! ビックリしたわ』と笑い話のネタにしていたけれど、当時誰も先生の髪型にツッコミを入れていなかったから、”QBハウスで散髪したか否か”なんて案外誰も気づかないのかもしれない。
Posted by りすお [RIS-O] on 26.2020   0 trackback

コロナウイルスの影響で情報処理技術者試験が中止に

Category : Diary












Posted by りすお [RIS-O] on 24.2020   0 trackback

フォロワーさんと『焼肉ライク』に行ってみた

Category : Diary
某いき○り!ステーキが失速する中、急成長で人気を博しているのが『焼肉ライク』

焼肉店というとファミリー層・友達・カップルで行くお店という暗黙の了解(?)があるのだけれども、ここ『焼肉ライク』は昨今のおひとり様需要に対応した”一人焼肉”のお店なのである。

最近職場の近くにも同店がオープンして、数日間長蛇の列が出来ていて『へぇ・・・そんなに人気あるんだ』と眺めていたところ、丁度フォロワーさんと会う機会があったので、この度「焼肉ライク」初体験してきた。

20200320_03.jpg
『焼肉ライク』池袋東口店

この辺り結構通っていたのだけど、ここに焼肉ライクがあったの全然気づかなかった…(笑)

基本的には一人焼肉のお店なのだけど、当然のことながら横並びに並べば二人焼肉することも出来るし、中には対面席になっている友達・カップル向け席もあった。

20200320_01.jpg

とりま10種類の焼肉が楽しめるオールスター(¥1280円 150g)を注文。

150gだと少し足りなそうだから、トッピングとして単品のカルビ(50g)も追加。

店内はお世辞にも広いとは言えないのだけれども…

・都内の一般的なラーメン屋より広い
・某有名チェーンの牛丼屋と比較すると空間に余裕がある
・パーソナルスペースを確保できる
・周囲の客は気にならない
・無煙焼肉店なので煙は気にならない
・希望に応じて紙エプロンを提供してくれる
・焼肉のタレが6種類くらいあった

都内のラーメン屋や牛丼屋の場合、席の後ろは人が一人通るのもギリギリ…といったお店も多い中、このお店は席の後ろに比較的スペースがあって決して窮屈な感じはしなかった。

自分は立ち食い蕎麦屋によく行くし、立ち食い寿司店も大好きなのだけど、パーソナルスペースは確保したいタイプ。
隣の人の腕にぶつからないよう窮屈な姿勢で食事をするのは嫌だ。
その点、いき○り!ステーキと違って焼肉ライクはパーソナルスペースが確保されているのが良い。

20200320_02.jpg

で、肝心の焼肉の味はどうなん?

そこが一番気になるポイントだと思うのだけれども、1000円近辺とは思えない良質の肉だった。

スーパーで売られている低価格の筋張った固い肉ではなく、柔らかくジューシーな肉だった。

昨年放映されたドラマ『まだ結婚できない男』では、一人しゃぶしゃぶに興じる主人公(阿部寛)を同僚が白い目で見るシーンがあったが…


『焼肉ライク』の登場により、これからの時代、一人焼肉は決して珍しい光景ではなくなるかもしれない。

Posted by りすお [RIS-O] on 21.2020   0 trackback

人より先に行きたいと思っているなら、休んでいるヒマなんてないんですよ ~HYDE語録~

Category : Diary


モンスターバンドL'Arc~en~Cielのボーカリストであり、VAMPS、そしてHYDE(ソロ名義)で世界への挑戦を続けるHYDEさんのインタビュー記事が新たに掲載された。

20200320.jpg
HYDE

過去のインタビュー記事においても独自の”モテ男論”を展開し、ネット上でバズったりしたけれども、今回のインタビューも素晴らしく、とても刺激を受けた。

個人的に強く印象に残ったは下記の部分。

──努力は必ずしも報われるわけじゃないけど、努力なくして報われることもない、と。

HYDE:そうそう。 人と同じかそれ以下でいいならそのままでもいいんだけど、人より先に行きたいと思っているなら、休んでいるヒマなんてないんですよ。 それこそアスリートと同じ。だから、働いてないのに働いてるようなこと言うなってことでね。「人より頑張ってるのになー」とか言ってるヤツも、僕から見たら「お前、ほんまに頑張ってるか?」って思うことはありますよ。もちろん休むことも重要なんだけど……



大企業の社長の息子・娘や、大物芸能人の子供みたいにスタート地点からして既に恵まれている人もいるけれど、世の中の大半は”そうじゃない人”であり、僕を含めたそういった一般人が他人より先に行きたいと思うのなら継続的な努力は必須。

HYDEさんみたいな既にキャリアを築いているアーティストであっても、精力的にLIVE活動・音楽制作を続けているのは「世界への挑戦を続けたい」「もっと上の世界を見たい」という相当なモチベーションがあるからに違いない。

──競技中のランナーやアスリートは、自分の体力や精神力の限界に挑んでるわけですもんね。それって、HYDEさん自身がプライベートで走られているからこそ得られた感覚でもあるんでしょうね。

HYDE:そうそう。しんどいけど、走った後は達成感があったりもするんですよ。僕の場合は優越感みたいなものもあるんです。

──優越感?

HYDE:その辺のダラけたヤツより、俺は頑張ったみたいな(笑)。夜中、走ってると普通に見かけるんですよ、飲み会帰りの太ったおじさんとか。でも、走ってる俺はそうはならない、みたいな(笑)。まぁ、くだらない優越感だけど、頑張った手応えを毎日得られることは、自分にとって進化なんです。昨日より今日のほうがスゲーなっていうのは、走り甲斐のひとつだから。

【インタビュー】HYDE、2020年第一弾シングル完成「次のステップに行くために」
(BARKS記事より抜粋)
https://www.barks.jp/news/?id=1000180020



おおっ、細美武士さん(ELLEGARDEN)がラジオで度々語っていることと同じようなことを言ってる。

僕も昨日より今日の自分の方がイケてる、成長してると思いたい。

飲み会帰りの太ったおじさんを見て『自分は絶対にああいう風になりたくない』と思ってるし、逆に何故あの体型で堂々としていられるのか? 朝起きて鏡の前に立つとテンション下がらないの?としばしば疑問に思う(笑)

自分は走ったりはしていないけれども、醜い体型にならない程度に食事制限やウォーキングはしている。
時間に余裕があれば6~7駅は歩いてる。

結婚するつもりもないのにそれって意味あるのか?と疑問に思う時もあるけれど、(アイドルを含め)女の子と会う時はなるべく奇麗な自分、若々しい自分でいたいとは思う。

もっと上の生活水準を目指して人生のアップデートを頑張ろう。



Posted by りすお [RIS-O] on 20.2020   0 trackback

PCスピーカー JBL PROFESSIONAL 104-Y3を買ってみた

Category : Diary
コロナウイルスの影響でイベントやLIVEが軒並み延期・中止に追い込まれているため、自宅で過ごす時間が長くなった。

更に今年からサブスクで音楽を聴くようになったので、邦楽はもちろん洋楽もちょこちょこ聴いている。

最近の若者はiPhoneとTWS(完全ワイヤレスイヤホン)の組み合わせで音楽を聴いていると思うけれども、自分は室内では据え置き型スピーカーで聴きたい派。

普段はHDD音楽プレーヤーとSONYのスピーカーで音楽を聴いているのだけれども、ネットサーフィンなどPC作業中はPC経由で音楽を聴くことが多いので、この度7~8年ぶりにPCスピーカーを新調した。

20200319_02.jpg
JBL PROFESSIONAL 104-Y3 (2019年発売)

今までPCスピーカーはコスパの良いCreative社の7000円程度のモノを使っていて、これでもそれなりに良い音が出ていたのだけれども、もう少し本格的な音が出せて、しかもここ数年で発売された新しいモデルを試したいな~と思っていたところ、某カカクコムで評判が良かったJBL PROFESSIONAL 104-Y3を購入することにした。

20200319_01.jpg
27インチ ディスプレイとスピーカー

PCスピーカーとしてはやや大きめのサイズになるけれど、その分奥行きのある音を出してくれて感激した。

安価なPCスピーカーと比較して、音量ボリュームを上げると更に良い音を体感できるのだけれども、賃貸マンションなので大音量が出せないところがツライところ。

しかし1万円クラスのスピーカーでこれほど良い音を聴かせてくれるとは驚きだわ…。

最近の技術の進歩は凄いわ~ヽ(´ー`)ノ

Posted by りすお [RIS-O] on 19.2020   0 trackback

趣味は沢山ある方が良い ~アウトドア派の貴方へ~

Category : Diary
コロナウイルスの影響は甚大で、大小問わず様々なイベントが延期・中止に追い込まれている。

自分はROCK系以外にもアイドル系LIVEにも頻繁に通っていたこともあって、フォロワーさんにはアイドル界隈で仲良くなった人も多い。

『アイドルに会えなくてツライ』
『イベントが無くなって週末やることがない』
『自分の周りからエンターテインメントがなくなって人生がつまらなくなってしまった』

こういったつぶやきが多くみられるようになった。

イベント自体がなくなった影響でつぶやくネタがなくなったのか、ツイート自体が少なくなってしまった人も見かける。

マウントを取る訳ではないけれど、自分はLIVE参戦以外にも投資(株・FX)、読書、映画鑑賞、ドラマ、アニメ、旅番組など様々なジャンルに興味があるので、特に暇になったということはないし、最近のダイナミックな株価の下落っぷりに興奮さえ覚えている。(お金は凄まじく減っているが)

仕事人間だった人が定年を迎えた瞬間、やることがなくなって抜け殻のようになってしまう人もいると聞く。

ある意味、アイドルオタクも同じなのかもしれない。

アイドルオタクに限らず、プロレスや野球観戦、宝塚が趣味である人にも当てはまるだろう。

自分はLIVEに行きまくっているので勘違いしている人も多そうだけれども、元々自分は休日に録り貯めた映画やTVドラマ、アニメを一日中見ていても苦にならないインドア派でもあり、おウチ大好きマンなのである。

先日はアニメ1クール分(13話)の録画を1日で消化した。
お金がかからない趣味があって本当に良かった(笑)

他人と同じ空間にいるだけでウイルス感染リスクがあるので、アウトドア派の人にとっては厳しい状況が続いているが、これを機に新たな趣味を初めてみるのもいいかもしれない。

お金をさほどかけなくても楽しめるエンターテイメントは案外沢山ある。

AmazonプライムやNetflixなんかもその内の一つだし、そもそもアイドルオタクの人は”とりあえず購入したけれどまだ見ていないDVD・Blu-ray”が沢山積まれてるんじゃないの?
かくいう自分もその内の一人なのだけど(苦笑

現代は無料で楽しめるスマホゲームも無数にあるし、今の若い世代は本当に恵まれていると思う。

学生時代『勉強に身が入らなくなるから』という理由で親に据え置き型ゲームを取り上げられていた自分は(お金も無かったので)本当にやることがなくて暇を持て余していた。だったら勉強すればいいじゃんという話なのだけど、勉強嫌いだったから…。

当時からスマホやインターネットがあればいくらでも時間を潰せたのになぁ…。
※インターネット自体はあったけれど今のようにサイトやサービスは充実していなかった

先日ニュースで『家にずっと居るとストレスが溜まる』と言っている家族が映し出されていたけれど、そういう人はまず部屋の掃除からはじめたらどうだろうか。

おそらく自室やリビングが散らかっていて、窮屈でストレスが溜まる空間になっているのではないか。

”大衆の逆を行く”投資家目線で考えると、格安になった航空券や旅館・温泉宿などへの旅行は狙い目なのだけど、今回の敵は得体の知れないウイルスであり、感染すると14日間隔離されるという罰ゲームが待ち受けているので、リスクとリターンが釣り合ってないからNGだな…。


風俗業界も色々大変そうだ…。。。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend