煌めき☆アンフォレント 4thワンマンライブ 〜太陽系◉ワンダーラスト〜

Category : LIVE
煌めき☆アンフォレント 4thワンマンライブ 〜太陽系◉ワンダーラスト〜に行ってきました(*・∀・)ノ

20200225_01.jpg

煌めき☆アンフォレント通称”キラフォレ”

名前だけは聞いたことあったんだけどね。

20200225_02.jpg

実際に見たことも無ければ聴いたこともなかったので、詳細は全然知らなかった。

しかし、昨年の秋頃、夢アド(夢みるアドレセンス)の初期メンバー+水無瀬ゆき卒業LIVE直前に行われた最後の対バンLIVE

日比谷公園の肉フェスのステージで、夢アドの何個か前に出てきたグループがキラフォレだった。

遠くから見ていたので顔すら判別できなかったのだけど、直観で『良い曲が多いな』なんて思ってた。

その後、音源を聴いてみたら粒揃いの楽曲ばかりで個人的に興味が沸いて来た。(今更)

もう5年も活動しているアイドルグループだったのか~なんて思ったり。

パフォーマンスも安定してるから東京のメジャーアイドルなのかと思っていたのだけど
元は”三重のご当地アイドル”だったのだとか。(今でもそうだと思うけどw)

なぜ東京のメジャーアイドルグループなのか?と思ったのかというと、富豪のフォロワーさんのつぶやきでしばしば特典会の様子が流れてきたから(笑)

よく考えたらモノガことmonogatari(当時は「原宿物語」)を発見したのも日比谷の野外ステージだったし、日比谷公園とは何かと縁が深い。普通はアイドル横丁(横浜赤レンガ倉庫)や、TIFみたいな大規模フェスで世間に見つかるアイドルが多いと思うけど、個人的には何故か日比谷公園でビビっと来ることが多い。

あの時の直感は本物だったのか?を実際のステージ(ワンマンライブ)で確かめてきた。

20200225_03.jpg
20200225_04.jpg


結論から言うと、直感は当たっていた。

曲の良さはもちろん、メンバー達のパフォーマンスもキレッキレで初参戦のワンマンライブはとても楽しかった。

もしかしたら2000円という破格のチケットで2時間以上楽しませてもらったから評価が上乗せされているのかもしれない(笑)

客層は若めのヲタクが多くて、コールや合いの手、マサイなどのノリに圧倒されまくりだったけれど、自分は客席後方の一段上がったところで見ていたので特に実害はなくヽ(´ー`)ノ

自分くらいの年齢になると撮影席(2F)あたりからプロデューサー目線で眺めていたい。

既に解散してしまったけれどmonogatari(モノガ)、煌めき☆アンフォレント、Ange☆Reveあたりの打ち込み系のアイドル曲はクオリティが高くて好き。ROCK系ではヤなことそっとミュート(ヤナミュー)、sora tob sakanaあたりの曲が良いね。

SpotifyとかApple Musicにもあると思うのでサブスク契約してる人は是非聴いてみていただきたい。

どれだけ顔が可愛くてもLIVEが楽しくないと現場に行く気にならない。
SNSを見てるだけで割と満足しちゃうアイドルも数多くいたり…。

Ange☆Reveはカルチャーズ劇場の公演をたまに観に行ったりしているけれど、キラフォレも機会があったらまた行ってみたいな~と思えた。

煌めき☆アンフォレントの皆さん、5年越しのメジャーデビューおめでとう!!



Posted by りすお [RIS-O] on 25.2020   0 trackback

山本彩 LIVE TOUR 2020 ~ α ~ at 市川市民文化会館

Category : LIVE
山本彩 LIVE TOUR 2020 ~ α ~ 公演初日に参戦してきました(*・∀・)ノ

20200222_01.jpg

会場は千葉の市川市民文化会館

20200222_02.jpg

今年は全席指定のホールツアーだからなのか、女子率が非常に高くてビックリ。

元アイドルでここまで女性から支持されているアーティストは稀有な存在なのではないかと。

20200222_03.jpg

本日はツアー初日!!


さや姉は今月5日に転倒し、左手首を骨折していることが報道された。

一時はツアーの開催が危ぶまれたものの、怪我を乗り越えて復活。

結論から言うと、骨折の影響を何ら感じさせない素晴らしいLIVEだった。

20200222_04.jpg

開場から開演まであまり時間が無かったため、グッズ列&FC会員限定抽選会列を消化しきれないまま開演(苦笑

本来ならば開演前までしか行われないはずだった、FC会員限定抽選会を終演後も行うことに。

臨機応変に対応してくれたスタッフさんグッジョブ!!

20200222_05.jpg
20200222_06.jpg

山本彩:今までとは違った、また新しい山本彩を見せられたらと思う。

そう述べていた通り、過去のホールツアー&ライブホールツアーでは見られなかったような数々の演出があり、視覚的にも楽しめる公演だった。

山本彩:今日はツアー初日で、まだ知らない人も多いと思うので、今日の公演のことは”匂わす”くらいにしておいてください(観客w

山本:みんなSNSとかに感想投稿するやろ? 匂わせ投稿でお願いします(笑)

というさや姉直々のお願いもあったので、詳しい内容はココでは割愛。。。

今年はホールツアーということでバンドメンバー「チームSY」も豪華になり、ライブハウスツアーでは帯同していなかったヴァイオリニストのAyasaさんも加わって音的にも厚みのある素晴らしい演奏になっていた。

やっぱり生バンドライブはええわ~ヽ(´ー`)ノ

20200222_08.jpg

あ、そうそうツアーグッズの「レイブバンド」(LEDリストバンド)は以前のツアーのモノも使えると聞いていたので、現地に持って行ったのだけれども、無事に点灯して良かった。
家で電池入れ替えてもウンともスンとも言わなかったから…
まぁLIVE会場の裏方さんが点灯のタイミングや色変え等を制御してるから当たり前といえば当たり前なのだけど。

過去に何度も書いているので繰り返しになるけれども、アイドル(NMB48)時代の山本彩にはほとんど興味が沸かなかったし、NMB48単独コンサートには一度も行ったことが無い。そんな僕がさや姉(ソロ名義)のツアーにはすべて参加しているのだから不思議な縁があるものだ。。。
以前から『いい声してるな~』くらいには思っていたけれどね。

今日は全国ツアー初日公演だったのだけれども、ミスらしいミスはなく、非常に完成度の高い公演だったと思う。

さや姉曰く、『前日から会場入りしてリハーサルしていた』とのことで、よほど入念にリハを行ったのであろう。
なにはともあれ全治3~4週間と報道されていた左手首骨折の影響は全く無く、無事にツアーが開幕して良かった。。。





Posted by りすお [RIS-O] on 22.2020   0 trackback

monogatari ラストライブ at AKIBAカルチャーズ劇場

Category : LIVE
通称モノガことmonogatariのラストライブに行ってきました(*・∀・)ノ

今年元旦に発表されたモノガの解散。

新年早々何かのドッキリなんじゃないかと思ったけれど、そんなこともなく…ついにその日が来てしまった。

ラストライブの会場として選ばれたのは定期公演を行っていたAKIBAカルチャーズ劇場

キャパシティ298名の”劇場”である。

20200216_02.jpg

ラストライブの会場が都内の著名ライブハウスではなかったことがファンはもちろんメンバーの間でも物議を醸していたのだけれども、おそらく昨年末ギリギリに決まったであろうグループの解散を考慮すると、仕方がない面もあるような気がする。

泣いても笑っても今日がラストライブ。


モノガのメンバー達は『明日、解散するという実感が沸かない』と言っていたものの、心のざわつきを抑えることが出来ず、昨日は複数のメンバーがインスタライブ配信を行い、ファンおよびメンバー同士で交流していた。



本日AKIBAカルチャーズ劇場で行われるラストライブは勿論SOLD OUT

中には観たいのに落選しまったファンも多数いた模様。

アイドルはいつ解散するか分からないのだし、”最後だから見に行こう”じゃなくて、見れるときに見ておこうと思って欲しかった…。

正直、AKIBAカルチャーズ劇場で行われていた定期公演は生誕祭公演を除くと、お世辞にも良い集客とは言えなかった。

逆に言えば、フラッと当日に来てもまぁまぁ良い席で観ることが出来たのである。

■通常定期公演 開場15分後の様子

モノガの定期公演はノンストップライブかつMCが最後に少しだけ…ということもあり、およそ35分で公演が終わっていた。
他のアイドルグループと比較してコスパが良いとは言えなかったが、実力を考えると普段からもう少し集まっていても良かった気がするなぁ。

モノガは大規模ワンマンライブでも1時間程度で終わってしまうので、おそらくラストライブもそのくらいか、もしくはク○運営によるやっつけ仕事により、定期公演に毛が生えた程度で終わってしまうのではないか…という危惧もあったのだけれども、蓋を開けてみれば素晴らしいラストライブだった。

20200216_01.jpg


・前半パート
・MC
・後半パート
・MC
・ENCORE
・挨拶
・ダブルENCORE

大体こんな感じの構成で、モノガ史上最長(?)の90分にも及ぶ過去最高のワンマンライブだった。

■主なトピックス
・メインボーカル福本カレンがサビのメロディを変えて歌っていた(数曲)
・倉澤遥、なんと1曲目の『my way』途中から号泣、2曲目も涙で歌えなくなりメンバーが抱きしめてフォロー
・【MCにて】 倉澤:カレンが歌う『win the star』がヤバい! 歌詞が良すぎて…(泣いてしまった)
 福本カレン:あなた1曲目の『my way』から泣いてたじゃん(観客w
・気丈にパフォーマンスを続けていたメンバーだったがENCORE曲では青空明日花、丸海留希の目に涙が
・福本カレンは泣きながらもしっかりと自分のパートは歌い上げていた (しかも凄まじく気持ちが乗っていた)
・西銘紗英のダンスパフォーマンスのキレが半端なかった
・いつも元気で笑顔でファンを楽しませてくれる工藤茶南、最後のMCで『メンバーが次々と辞めて、モノガが崩れちゃうんじゃないかと…』と素直な心情を吐露して涙。
・柊宇咲、児玉のんの”16歳最年少コンビ”は逆に最後まで涙を流すことなく気丈に頑張っていた
・工藤茶南1人の意見で(?)セットリストに『be the one』が入っていた

■すべてのイベントが終わるまで解散する実感が無かったらしい


20200216_03.jpg

繰り返しになってしまうけれど、本当に良いライブだった。

過去最長クラスの長時間LIVEだったのにも関わらず、ダレることなく緊張感をもって最後まで観ることが出来た。

劇場内の熱気は凄まじく、自分は2列目に座って見ていたのに薄っすらと汗ばんでしまうほどだった。
大袈裟ではなく劇場内の温度が3度くらい上昇していたのではないかと。

賛否両論あったAKIBAカルチャーズ劇場だけれども、ラストライブの盛り上がりは凄まじかったし、一方、メンバーの表情の変化などの機微を含めて一挙手一投足が見れたという点では悪くなかったんじゃないかと思う。(キャパは狭すぎた気もするが)

比較的に身長が低くライブハウスでは不利な女性ファンも今日はしっかりと見られたと思うし。

近くに座っていた女性がライブの途中から号泣していたのに気づいたときはビックリした(^^;

セットリストも非常に良かった。

1曲目が『my way』で、ダブルアンコール後の最後の曲も『my way』だったのは胸アツ。

これから1人1人それぞれの道を歩いていくメンバーにとって相応しい、背中を押してくれる楽曲だからだ。

スケジュールを直前まで発表しないことは当たり前で、CDのリリースペースが遅く、レギュレーションの改悪を繰り返したりして悪手を連発する運営に加えやりたい放題のピンチケ達に嫌気がさして一時期足が遠のいたけれど、メンバー達は出会ったときから最後の日まで終始良い子だったし、良い思い出しかない。




活動後期はあまり特典会に参加しなかったこともあって自分は良いファンとは言えなかったけれど、そんな自分に対しても『最初の頃からずっと応援してくれて凄くありがたかった』と声をかけてくれるメンバーもいて、本当に良い子達だったなぁなんて改めて思えた。

改めてラストライブお疲れ様でした。

モノガは最年長のメンバーでも19歳。
まだまだやり直しが効く年齢だし、今後も様々な可能性に満ちていて、おじさんからすると正直羨ましい…(笑)

それぞれの『my way』を突き進んでください。














Posted by りすお [RIS-O] on 16.2020   0 trackback

ONEPIXCEL ONEMAN LIVE2020 「Ride on Time」〜Three Two One Action!!!〜

Category : LIVE
ONEPIXCEL ONEMAN LIVE2020 「Ride on Time」〜Three Two One Action!!!〜に行ってきました(*・∀・)ノ

20190307_01.jpg
ONEPIXCEL(ワンピクセル)

会場は神田明神ホール

最近アイドル系の対バンライブなどでよく使われている会場っぽい。

”っぽい”というのは、実はまだ自分は行ったことが無く、今回初めて行く会場なのだ。

20200209_01.jpg

神田明神(神社)なら何度も足を運んでいるけれど、LIVEが出来る場所なんてあったっけ…というのが正直な感想。

20200209_02.jpg

LIVE会場は建屋の2F部分だった。

この手の大音響仕様のLIVE会場は地下にあるものだとばかり思っていたけれど、2階部分とは驚いた。

20200209_03.jpg

2Fからの眺め。

この日はお祭りのような催事が行われていて外は賑やかだった。

20200209_04.jpg

コロナウイルスの拡散により、一時はLIVEの開催が危ぶまれた今回のワンマンライブ。

メンバー達も心配していたようだけれども、今日という日を無事に迎えることが出来て良かった。

20200209_05.jpg

最速抽選で申し込んだのだけれども、過去最高に悪い整理番号だったので後ろの方から観覧。

ただ、神田明神ホールはステージが高く、後ろからでも見やすい良い会場だった。

ちなみにホールと名前はついているけれども、基本的にアイドル系LIVEではオールスタンディング形式で使用されている。

会場は全体的に横長な感じで、SHIBUYA O-WESTよりももっと横長かもしれない。



LIVEタイトル「Ride on Time」の通り、今回のワンマンライブのコンセプトはメンバーが飛行機の添乗員となり、観客を様々な世界へといざなうような感じだった。

盛り上がる曲でまとめたパート、神秘的な曲調でまとめたパートなどなど…。

過去のワンマンライブでは、既存曲を大胆にアレンジした楽曲があったりしたけれども、今回のワンマンライブでは原点に立ち返ったかのようにほとんどの曲がCDと同じ音源で振り付けも馴染みの深いものだった。

個人的には変にアレンジすることのない、こういう王道LIVEの方が好き。

メンバーの髪型&衣装はワンマンライブの特別仕様になっていて、特別感はそれだけで十分だった。

今回のワンマンライブは爽快感が素晴らしかった。

2月26日に発売されるONEPIXCEL メジャー1stアルバム『LIBRE』に収録されている新曲が初披露されたのだけど、ワンピクらしさ溢れるクールでカッコイイ曲調だった。

アイドルでありつつもアーティストらしさを感じさせるワンピクの楽曲好きだわ~。

流行りに迎合することなく、ワンピクはこのままの路線で進んで欲しい。








Posted by りすお [RIS-O] on 09.2020   0 trackback

Do As Infinity ACOUSTIC TOUR 2019~2020 ~Close To You~

Category : LIVE
昼間に秋葉原でモノガ(monogatari)の公演を観た後、東京駅から新幹線に飛び乗り…

20200202_11.jpg

夕方に長野駅到着⊂(・ω・ )⊃≡3

20200202_10.jpg

Do As Infinity ACOUSTIC TOUR 2019~2020 ~Close To You~に行ってきました(*・∀・)ノ

本ツアーは『みなさんの近くに会いに行きたい』がコンセプト。

東京を中心としたいわゆる首都圏の会場でのLIVEが1つも無く(汗
東京から一番近い公演が長野県だったので、はるばる長野までプチ遠征した訳です。

■ツアー日程
2019年11月23日(土) 鹿児島 Speed King 17:00/17:30     
2019年11月24日(日) 宮崎 ISLAND GIG 17:00/17:30      
2019年11月25日(月) 熊本 Restauant & Live Bar CIB 18:30/19:00     
2019年11月30日(土) 佐賀 Livehouse ROCKRIDE 17:00/17:30       
2019年12月01日(日) 長崎 BODY2SOUL 17:00/17:30     
2019年12月07日(土) 鳥取 米子 LIVE One Make 17:00/17:30    
2019年12月08日(日) 島根 ライブハウス 出雲アポロ 17:00/17:30 
2019年12月14日(土) 香川 高松SUMUS cafe 17:00/17:30    
2019年12月21日(土) 高知 高知X-pt. 17:00/17:30        
2019年12月22日(日) 愛媛 松山キティホール 17:00/17:30  
2019年12月28日(土) 京都 ライブハウスGROWLY 17:00/17:30   
2020年01月12日(日) 岡山 岡山ペパーランド 17:00/17:30  
2020年01月25日(土) 岐阜 岐阜CLUB ROOTS 17:00/17:30  
2020年02月02日(日) 長野 JUNK BOX 17:00/17:30
2020年02月08日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE 17:00/17:30
2020年02月11日(火・祝) 石川 Live Space & Cafe GOLD CREEK Kanazawa 17:00/17:30
2020年02月16日(日) 三重 四日市CLUB ROOTS 17:00/17:30
2020年02月23日(日) 青森 青森Q 1/3 17:00/17:30
2020年02月24日(月・祝) 岩手 the five morioka 17:00/17:30
2020年02月29日(土) 北海道 小樽 GOLDSTONE 17:00/17:30

ねっ? 首都圏のLIVE無いでしょ?

20200202_12.jpg
20200202_13.jpg

長野CLUB JUNK BOXはサイサイ(SILENT SIREN)の全国ツアーで3回くらい行ってる。

新幹線で割とすぐに行けちゃうところとか、東京~長野間の運賃が意外に安いところとか、諸々気に入ってる。

サイサイのLIVEではもちろんオールスタンディングなのだけど、今回のDo As InfinityのLIVEはアコースティックということで、ライブハウスとしては珍しく指定席制だった。(当日券のみ後方立ち見)

数えてみたけれど限定150人程度のプレミアムなライブだったようだ。

Do As Infinityのアコースティックアルバムといえば『2 of Us』(BLUE/RED)があるけれど、本ツアーでは解散前の懐かしい曲は勿論、最新アルバムの曲もアコースティックバージョンにアレンジされていて新鮮だった。

ボーカルの伴ちゃんは相変わらずの美声だし、ギターの亮さんはMCで爆笑トークを繰り広げるいつもの展開で(笑)

時折観客に話し掛けたりして、アットホームな空間で良かったわ~ヽ(´ー`)ノ

やっぱりDo As Infinityは良い曲が多い!! 改めて認識した。

『明日から月曜日で仕事とか始まると思うけれど、みんな頑張っていこう!』

Do Asの曲だけでも元気づけられるのに、伴ちゃんから直接こう呼びかけて貰えて元気貰えた!!

今週一週間頑張っていくぞー!!



Posted by りすお [RIS-O] on 02.2020   0 trackback

monogatari AKIBAカルチャーズ劇場 昼公演

Category : LIVE
monogatari AKIBAカルチャーズ劇場 昼公演に行ってきました(*・∀・)ノ


今日は特に生誕祭公演ではないのだけど、ロビーに入ったらメンバーの誕生日を祝う花が出ていてビックリ。

それだけの活動休止期間があったということの証左でもある。

個人的にも昨年11/1、11/2に行われたmonogatariコンサート『アラタナカタチ』(香山あむ卒業公演)以来のモノガのLIVEだった。

ということは、およそ3ヵ月ぶり?

モノガNo.1のパフォーマンス力を誇り、センターとしてモノガを引っ張ってきた香山あむの卒業の影響は大きく、モノガは活動休止に陥り、今月2月16日のラストライブをもって解散することが発表された。

アイドルにしては新曲のリリースペースが遅すぎるし、メンバーが次々と脱退・卒業していくのを見て、こうなることは何となく予想していたのだけれども、それでもメインボーカルである福本カレンと倉澤遥が在籍している限り、なんとかモノガとしての体を保てるんじゃないか…という希望もあった。

モノガの顔ともいえるエンター香山あむを欠いたmonogatariのLIVEパフォーマンス。

上述したようにそこまで悪くなかった。

メンバー達は笑顔でパフォーマンスしていたし、むしろここ1年くらいはメンバー間の仲の良さや絆を感じさせるアイコンタクトや仕草などが多くなってきた気がする。

ただ、途中香山あむのポジションだったセンターがぽっかりと空くような隊列になるシーンもあったりして、やっぱり香山あむの存在は偉大だったんだなぁと感じさせる場面も。

メンバー達はまだ若いし(16~19歳)、解散するにはつくづく惜しいグループだよなぁ…。

自分は昼公演だけ参戦したのだけど、座席は見渡す限りほぼ満席で、立ち見も2~3列出る盛況っぷりだった。

普段のカルチャーズ定期公演では(生誕祭を除いて)ここまでいっぱいにならないから、やはり解散効果は大きいようだ。

今日の盛り上がりは凄かったな…。

仮にカルチャーズ劇場が毎回満員になっていたら、解散することもなかったのだろうか。

まぁ決まってしまったことはもうどうしもようもない。

夢アド宮古島ツアー以降、本格的に資産形成に舵を切った僕はアイドルの特典会をかなり控えていたのだけど…
今日はApple Musicのサブスクリプションにも無かったモノガのBEST ALBUMを購入するために「Mカード」を購入。
※Mカード … ネットから音源をダウンロード or ストリーミングできる音楽配信カード

3億年ぶりに特典会に参加して、以下の3名から『久しぶりな気がする!』『LIVEには来てたけど話すのは久しぶりだよね?』などと言われ、LIVEの後そそくさと帰宅していたことがしっかりとバレていた(汗

ちなみに新型肺炎(コロナウイルス)予防のため、ヲタクはマスク推奨、更に今日の特典会は特典券1枚の全員握手会は無しで、特典券5枚の全員写メ会 or 特典券2枚の2ショットチェキ会のみだった。

そしてなぜかCDのリリースイベントの時にしか行われない2ショット写メ会も選択可能だった。

チェキ収集の趣味はないので写メ会を選択。

■児玉のんの (テーマはワンコ)
20200202_01.jpg

身長が伸びてかなり大人っぽくなったけれど、甘ったる感じの喋り方は相変わらずで可愛いなぁヽ(´ー`)ノ

最近メイク研究中なの?と問いかけたら、『そうなの!ファンの人からメイクが変とか整形失敗したの?とか言われたの(怒』とプンスカしていた(笑)

『学生なのにそんな整形する暇なんてある訳無いっ!!』と熱弁(笑)

まぁダウンタイムがあるから確かに時間は必要だと思うけれど、「整形する暇」という一節がジワったw

■工藤茶南
20200202_02.jpg

ノンストップライブ中に突然ステージから掃けたかと思いきや…

茶南が喋るパートになって突然ステージ脇から登場して笑った。

曲中のラップ?パートでは『ホントごめん! 突然衣装が弾けて!』みたいな予定とは全く違うことを話し出して客席爆笑

この明るさに救われてる人は多いはず。

monogatari解散後も芸能活動を続ける意思を固めているとのことで、陰ながら応援してる。

■倉澤遥
20200202_03.jpg

今日の昼公演の曲中の喋るパートでは、『皆さ~ん、マスクありがとうございます(笑)』って、そんな煽りあるのw

monogatariの前身『原宿物語』のとき、握手会でメチャメチャ面白かったので以降特典会に参加するときは必ず倉澤さんのところの行ってた。

出会った頃はまだ中学生だったかな?

ホント奇麗になったなぁと(身長は伸びなかったけど←)

久々に参加した特典会は事故ることも無くメチャメチャ楽しかったヽ(´ー`)ノ
元々事故ることが少ない3人だけど。

やはりアイドルの特典会は”沼”だな…と感じた日曜日の昼下がりであった(強引な締め)
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2020   0 trackback

PSYCHO- PASS サイコパス IN CONCERT at LINE CUBE SHIBUYA

Category : LIVE
PSYCHO- PASS サイコパス IN CONCERTに行ってきました(*・∀・)ノ

会場はLINE CUBE SHIBUYA

20200128_01.jpg
デカい…。

昔は渋谷公会堂と呼ばれていたホール。

PSYCHO- PASS サイコパスは攻殻機動隊などを手掛けるProduction I.Gが制作しているやや大人向けのアニメ。

シリーズ1~3まで放映されていて、劇場版も合計4作公開されている人気作品。

この音楽を手掛けているのが菅野祐悟さんで、今日のコンサートではピアノ、シンセ、電子ドラム、DJと大活躍だった。

菅野祐悟さんといえばドラマ/映画『昼顔』のBGMをはじめ、『外交官・黒田康作』 阿部寛主演の映画『新参者 祈りの幕が下りる時』等数々のドラマや映画音楽を手掛けてきた人気劇伴作家。

アニメでは『サイコパス』シリーズをはじめ、『ジョジョの奇妙な冒険』など話題作のBGMも担当している。

20200128_02.jpg
20200128_03.jpg

それにしても会場内は女子率が非常に高くてビックリした。
7~8割くらい女子だったかな?


やはりイケメンと妙齢の男達が多数出てくるアニメは(声優さんが男性ということもあり)女性ファンが多いのだろうか…。

男子のアニヲタはバンドリとかデレマスとかに集中しているのかな…?

このテーマ曲聴くとテンション上がるわああああ!!

結論から言うと『PSYCHO- PASS サイコパス IN CONCERT』最高でした✨

通常、こうしたオーケストラ形式のコンサートは1~2曲ごとに曲にまつわるエピソードなどのMCが挟まれるのだけど…

なんと『PSYCHO- PASS サイコパス IN CONCERT』は冒頭から17曲連続!!
前半パート1時間ぶっつづけ!!

曲と曲の間はアニメで使われていたセリフで場繋ぎされているのだけど、セリフが終わった瞬間に間髪入れずに曲が始まるから拍手する間もなく1時間集中しっぱなしだった。

緊張感がこれだけあるコンサートは久しぶり‼️

それにしても菅野祐悟さんの音楽良いわ〜✨

今日のコンサートではシリーズ第一作目で主人公狡噛の敵役で絶大な存在感を示した槙島聖護役の声優さんがサプライズで登壇。このときの女子達の声援は凄まじかった…(驚

ROCK系とアイドル系以外にも、ドラマやアニメ・ゲームの(特にオーケストラ形式の)BGMは結構聴いてる。

読書している時とかに裏で流しておくとリラックス出来て良いんだよね。

良い”耳”の保養になった\\\\٩( 'ω' )و ////


Posted by りすお [RIS-O] on 28.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend