夢みるアドレセンス 5th Anniversary Tour "真夏の夜のYUME LAND"追加公演

Category : LIVE
夢みるアドレセンス 5th Anniversary Tour "真夏の夜のYUME LAND"追加公演に行ってきました(*・∀・)ノ

20171122_01.jpg
渋谷WWW X

夢アド結成から5年、そして新メンバー増員直前のタイミングで行うLIVEとしてふさわしい内容だった。

20171122_02.jpg
20171122_03.jpg

メジャーデビュー以降にリリースされた曲以外に、LIVEで盛り上がる定番曲である『ステルス部会25:00』などの曲はもちろん、『泣き虫スナイパー』 『マワルセカイ』『ひまわりハート』などのインディーズ時代の曲、そして、隠れた名曲である『秘密』が久々に披露されるなど、5年間の軌跡を感じさせるセットリストだった。

Wアンコールの最後の曲に『Exceeeed!!』を持ってきたのは、単に最新曲だからという理由ではなく、『どんな困難が待ち受けていても絶対に乗り越えてやる!』という彼女達の強い意志の現れだったのではないかと思う。

20171122_04.jpg
20171122_05.jpg

MCの時間は思っていたよりも少なかったけれど、4人それぞれの今の想いを聞けたことが良かった。

『Bye Bye My Days』の曲紹介について、リハーサルでトチった話が出ていて可鈴ちゃんが照れていて面白かったなー。ゆうみん(志田友美)はイイ話をしている最中に謎の日本語が出てきて可鈴ちゃんから訂正を迫られるという(笑)

この辺りが夢アドらしいな…とほっこりした。

本当はMCを含めてLIVE全体をカチっと奇麗にまとめたかったのだと思う。

けれども、こういうハプニングを含めて”LIVE”だと思うし、むしろ人間味があっていいな~と思った。

何年か前に東京メルパルクホールで行われた公演は、MCを含めパッケージ化されていて昼・夜公演で全く同じことを喋るという演出だったけれど、自分は今日みたいなLIVEの方が好き。

20171122_06.jpg
20171122_07.jpg

昨年末から今年初めにかけて悲しいことがあったけれど、現メンバーの4人は黙殺することなく事実に誠実に向き合ってきたし、それぞれが夢アドを守ろうと必死に食らいついてきた。

怪我の功名ではないけれど、むしろあの事件があってメンバーと既存のユメトモ(ファン)の絆はより深くなったのではないだろうか。
メンバーも『昨年末から今年初めにかけて色々あって、それでも応援してくれる人がいるから。その人たちを裏切れないし大切にしたい』と言っていたわけで。

20171122_08.jpg

新メンバー増員に関して様々な不安を感じているユメトモの心情を推し量り、『メンバーが増えても今の4人は何も変わらない』 『これからも夢アドを守っていく』と力強く宣言してくれたのが嬉しかった。

このような対応を含め、具体的に1つ1つは書ききれないのだけれども、
特にこの1年は『夢アドを応援していて良かった』と思えることが増えた気がする。

本当は仙台公演で終わるはずだった 5th Anniversary Tour "真夏の夜のYUME LAND"
追加公演を開催してくれてありがとう。
メンバー達が自発的に追加公演を要望してくれたことが嬉しかったし、その願いを叶えてくれた運営・スタッフにも感謝したい。

メンバー達はもちろん、既存のユメトモにとっても今日のLIVEは良い区切りになったのではないだろうか。












Posted by りすお [RIS-O] on 22.2017   0 trackback

山本彩 LIVE TOUR 2017 ~identity~

Category : LIVE
山本彩 LIVE TOUR 2017 ~identity~に行ってきました(*・∀・)ノ

20171119_01.jpg

渋谷でちょっとしたイベントをこなして、いざNHKホールへ!!

20171119_02.jpg

自分は特にNMB48のファンというわけではなく、山本彩さんとはイベントで握手したこともないし話したこともない。

ただ、TVの向こう側から聴こえてくる歌声が素敵だな…。
歌上手だなーと思っていて、生の歌声を聴いてみたいとずっと思っていた。

さや姉(山本彩)のソロアルバムが発売されていると知ったのは昨年の12月頃だったかな?

そのアルバム『Rainbow』を聴いてみたところ、想像以上にクオリティが高くてLIVEに行ってみたくなった。

しかし、そう思ったときには既にチケットはSOLD OUT。。。

しかも東京公演(Zepp Tokyo)は仕事が忙しい年末(12月)の平日公演だったので、行けるか分からず泣く泣く諦めた。

今年2ndアルバムが発売されることを知ったときは嬉しかった。
新作アルバムを引っ下げてソロツアーをするだろうと思っていたから。

2ndアルバム『identity』も良曲揃いで、否が応でもLIVEへの期待が高まっていた。

20171119_03.jpg
NHKホール

つまり、今日は1年越しの願望が叶う記念すべき日だったのだ。

NMB(むしろさや姉?)の客層は全く知らなかったのだけれども、想像以上に女性ファンが多くて驚いた。
しかも若くて奇麗な子が多い。
普段、オッサンばかりの現場に行っていることもあって新鮮だった(笑)

20171119_04.jpg
20171119_05.jpg

手荷物検査と金属探知機検査はあったものの、身分証確認等はなくスムーズに入場。

20171119_06.jpg
20171119_07.jpg
20171119_08.jpg

関係者や企業からのスタンド花が凄かった。

20171119_09.jpg

おっ、だーりお(内田理央)だ!
ピンク推し凄いな…w

20171119_10.jpg

うぉぉっ! GLAYのTAKUROさんからもスタンド花が出ている。

すごいメンツだ…。

20171119_11.jpg
20171119_12.jpg

さや姉のツアーでは必須ともいえるレイブバンド(LEDリストバンド)

アイドル現場ではペンライト/サイリウムを振るのが一般的だけれども、
今日のさや姉はあくまでソロアーティスト。

実際、多くの曲で自動制御で光るレイブバンドが用いられていて、会場内の大半のファンが使用していた。

さや姉のソロコンサートはバンド編成の生歌LIVE!!

しかもさや姉のバンドメンバーにはロックヴァイオリニストとしてメディアにも度々出演しているAyasa
WEABERのベーシストである奥野翔太が参加していたりしてなかなか豪華。

そんなステージ経験豊かなメンツに囲まれているにも関わらず、
物怖じせずにセンターで堂々とした歌声を披露するさや姉はカッコ良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

さや姉の生歌は初めて聴いたのだけれども、音程はもちろん声量も抜群で鳥肌が立つほど凄かった。。。

さや姉は金曜日に仙台でLIVEをして、昨日はアイドルとして終日イベントに参加。

ひょっとしたら今日は声が枯れてるんじゃないか…?と危惧していたのだけれども、彼女が歌い出した瞬間にそんな不安は吹き飛んだ。やっぱりバンド編成のライブはいいわぁ~。テンション上がった!!

今日のさや姉はまさにアーティストだった。

昨年のファーストソロツアーではNMB48の曲をバンドアレンジしていたけれど、2ndアルバムを引っ下げて全国を周る今年のツアーでは全曲アルバムからの楽曲で構成されていた。

1stアルバム『Rainbow』、そして2ndアルバムの『identity』は共に良質のPOPSだと思う。(ややROCK寄りの)
捨て曲が1曲もないアルバムで素晴らしい。

さや姉はNMB48の”顔”だし、AKBの選抜メンバーとしてメディアに出る機会も多い。

一般人にはアイドルとして認識されているだろうし、逆にそれが足枷となって”人気アイドルがリリースしたソロアルバム”という風に捉えられているとしたら勿体ない。

アイドルに興味がない人にも胸を張ってオススメできるので、是非聴いてみて欲しい。

ちなみに本日の公演では至る処に業務用のカメラが配置されていた。

途中のMCでさや姉が暴露していたのだけれども、今日の公演は映像作品(BD/DVD)になるとのこと。

こちらのツアーレポートにもあるように、さや姉にとってNHKホールは特別な場所だったらしい。

そんな思い入れのある場所でLIVEが出来ることに感謝しつつ、実はちょっと緊張していたそうだ。

しかし、いざ歌い始めると凄みがあったし、観客の盛り上げ方も上手で素晴らしかった。

ほんの一部でアイドルのノリを持ち込んでいるヲタクもいたけれど、基本的には平和で温かいLIVEだった。

バンド編成の生演奏ということもあってROCK感が増していたし、Ayasaのヴァイオリンが加わることでアルバムとはまた違った魅力的な楽曲になっているような気がした。

実際、さや姉も『アルバムを出したら終わり…じゃなくてLIVEを通して完成品になると思ってます』みたいなことをMCで言っていた気がする。

来年3rdアルバムがリリースされるのかどうかは分からない。

けれども、来年もライブツアーがあったら是非参加したいと思える素晴らしい一夜だった。

■特効で飛んできた銀テープ
20171119_13.jpg
20171119_14.jpg



何気ないつぶやきに「いいね」の数が80超え!?Σ(・ω・ノ)ノ!

これがメジャーアイドル(アーティスト)の影響力か…w

20171119_15.jpg
20171119_16.jpg

LIVEの後はファミレスで軽く打ち上げ

今日も良い一日だったヽ(´ー`)ノ










Posted by りすお [RIS-O] on 19.2017   0 trackback

SILENT SIREN 5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』 ~奇跡~ at 日本武道館

Category : LIVE
SILENT SIREN 5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』 ツアーファイナル ~奇跡~に行ってきました(*・∀・)ノ

20171114_04.jpg
日本武道館2days

今日は気合入れて有給休暇を取得した\\\\٩( 'ω' )و ////

LIVE最中のMCで『有給使ってここに来た人!』というアンケートが行われたのだけれど、自分と同じような境遇の人がいっぱいいた(笑)

20171114_01.jpg
20171114_02.jpg
20171114_03.jpg

改めてサイサイのワンマンライブの集客力は凄い。
平日の2days公演なのに、今日も2階席後方までちゃんとファンで埋め尽くされてた。





今日はサイサイ メジャーデビュー5周年の記念すべき日

しかも、今年は毎年恒例になりつつある年末の東京体育館でのライブが無く、年内の大規模なワンマンライブは今回の日本武道館公演をもって終了するとのことで、全国各地、なかには海外から駆けつけていた熱心なファンがいた。

MC中のアンケートによると、香港から来ているファンが多かったなぁヽ(´ー`)ノ

■日本武道館を埋め尽くしたファン全体でシンガロング


ステージセットがそのまま武道館中央まで移動してくる豪華演出には驚かされた。。。
(昨日は大遅刻して見られなかった)

20171114_08.jpg

LIVE直前になって「ステージプラン変更につき客席レイアウトが変更になりました。座席を振り替えます」とアナウンスされたときは、集客状況があまり良くないのか?と心配していしまったのだけど、実はこういうことだったのね。

■メンバー達のSNSから拝借した写真
20171114_05.jpg
20171114_06.jpg

7000~8000人のファンで埋め尽くされた日本武道館でスポットライトを浴びながら演奏する彼女達は紛れもなくスターだった。

とはいえ、武道館公演でもいつも通り『サイサイコーナー』や罰ゲームをやったり、観客の呼びかけに答えたりして、親しみやすさは変わらなくて安心した。。。

20171114_09.jpg
サイサイコーナー (メンバー達によるゲーム対決)

これだけの集客力があると、ショッピングモールやCDショップのインストアイベントが大混乱になるのではないかと心配になってしまうのだけど、今のところかろうじてキャパオーバーすることなくイベントが行われてるから凄いと思う…(笑)

自分はちょうどサイサイが『Sweet Pop!』でメジャーデビューした頃からゆるーく応援し始めたから、あの頃、数十人の観客を相手に演奏をしていたサイサイが今やここまで成長したことに嬉しさとともに驚きも感じてる。

…って、最初の日本武道館公演のときも同じことを言ってた気が(苦笑

■2012年11月 初めてサイサイメンバーと撮影した写メ
20171114_10.jpg

当時から『いつ寝てるの?』と思うくらい彼女達は頑張っていたから、成功してほしいな…とずっと思ってた。

今も変わらず忙しい彼女達はスケジュール詰め詰めで動いているらしく、この日本武道館公演を終えた後も打ち上げをせず、明日からアルバムのレコーディングに勤しむそうだ。

キーボードのゆかるん(黒坂優香子)が今日のMCで行っていたけれど、サイサイのライブは観に行くというよりもファン参加型なんだよね。だから今日もメッチャ楽しかったし、全然知らない隣同士の人と肩組んで踊って幸せな気持ちになれた。

明日から厳しい現実に引き戻されるけれど、この日本武道館公演2daysを経て、これから始まる長い闘いを頑張れそうな気がした。

サイサイ5周年おめでとう。



Posted by りすお [RIS-O] on 14.2017   0 trackback

SILENT SIREN 5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』 ~軌跡~ at 日本武道館 初日

Category : LIVE
SILENT SIREN 5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』 ツアーセミファイナル!!

日本武道館公演に行ってきました(*・∀・)ノ

20171113_01.jpg

サイサイ(SILENT SIREN)2年ぶりの日本武道館公演!

今日はどうしても仕事を抜けられず…_| ̄|〇

1時間程度の大遅刻、しかもピンク色のツアーTシャツで埋め尽くされた日本武道館にスーツで参戦(苦笑

それでも後半部分は見られたから良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

今回の日本武道館公演にはそれぞれサブタイトルがついていて、初日の今日は「~軌跡~」
そして明日のツアーファイナルは「~奇跡~」だった。

今日は「軌跡」というサブタイトルにちなんでかなり懐かしい曲、
そして4人では初演奏となる『チラナイハナ』を生で聴けて良かった。。。

2階席後方までファンで埋め尽くされた客席を見て、
改めてサイサイファミリー(ファン)の結束力の強さを思い知らされた気がする。

正直、平日2days公演は集客厳しいんじゃないかと危惧していた自分が恥ずかしい。。。

20171113_03.jpg

日本武道館公演限定で発売されたCDシングル『シンドバッド』

奇跡的に終演後の物販でも買えたのだけど、本当に3131枚限定だったのだろうか…(笑)


Posted by りすお [RIS-O] on 13.2017   0 trackback

原宿物語 定期公演 at S.U.B TOKYO

Category : LIVE
原宿物語(通称モノガ)の定期公演に行ってきました(*・∀・)ノ

この日は乃木坂46の東京ドーム公演 2日目ということで、他のアイドルのLIVEの参加者は減るかもしれないな…と思っていたのだけれども、乃木坂とは客層がかぶらないのか大体いつも通りの人数だった(笑)

モノガの定期公演は大体1人ぼっちで見ているのだけれども、今日は他現場でお知り合いになった人が初めてS.U.B TOKYOを訪れているということで、開演前と終演後の特典会でお話しつつ、終始楽しく過ごすことが出来た。

モノガはTRFやglobeのカヴァーメドレーをやっていて、それは何度か聴いたことがあったのだけれども、先月のワンマンライブではBABYMETALの『ギミチョコ!!』をカヴァーしていて驚いた。(実は昔はかなりやっていたらしい)
そして今日のカヴァーメドレーはなんとラルク!!(L'Arc~en~Ciel)

少女たちが歌い踊るL'Arc~en~Cielは新鮮だったな~ヽ(´ー`)ノ

原宿物語に改名する前はミレニアムガールズというユニットだったようだ。
しかも、原宿物語になってからもメンバーの加入や脱退があったらしく、自分にはまだまだ知らないカヴァー曲やユニットの歴史があるんだろうな…と思った。

先月のワンマンライブから原宿物語は最終章に突入し、2018年にはユニット名が「monogatari」になるという。

”原宿系アイドル多過ぎ問題”があるから改名しても良いとは思うけれど、「monogatari」ってどーなんだろ?
TIFみたいな巨大フェスのラインナップで「monogatari」という文字列を見ても、
「地方の地下アイドルかな?」と勘違いされてしまいそうな気がしないでもない。。

いっそのこと「モノガ」にした方がキャッチーで分かりやすくて良かったのでは。。。
いや、でもそうなると「ベボガ!」とかぶるのか…(笑)



■特典会 (2ショットチェキ撮影会)
一時期ツイッター上で「原宿物語の特典会の剥がしが早くなった」という話題を見かけたけれど、自分の体感的には今日くらいの長さで丁度良かったなーと。

■(左から)柊宇咲、倉澤遥、香山あむ
20171108_01.jpg

■(左から)工藤茶南、児玉のんの、立石梨礼
20171108_02.jpg

2ショットチェキ撮影会だけど、基本的にオッサンの絵は要らないのでソロチェキに変更。。。
(スマホ)写メ会みたいに解像度&サイズが大きめなら一緒に映っても良いけれどヽ(´ー`)ノ

LIVEパフォーマンス(ダンス)はガチで凄いし、メンバー達のルックスのレベルが高くて華があるし、
特典会で自分みたいなオッサンが来ても引かないし(笑)

原宿物語サイコー!!○(≧∇≦)o
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス 「YUMELIVE!-WHO is NEXT?-」

Category : LIVE
夢みるアドレセンス 「YUMELIVE!-WHO is NEXT?-」に行ってきました(*・∀・)ノ

微妙に仕事が忙しかったので予約スルーして当日券で入場。

うーん、当日券高い…orz

値下げ直前の定期公演だからなのか、劇場内は驚くほど人が少なかった。
連日満員御礼だった5人体制の時代が懐かしい。

ただ、その頃と比べると定期公演の周期が短くなっていること、1000円値上げされていること、社会人には厳しい月曜日であることなどを踏まえると分からなくもないかな…と言った感じ。
そんなことを考えていると、開演までの間に徐々に人が増え始め、それなりに席は埋まってきていた。

今日の夢アドメンバーの衣装は『大人やらせてよ』

この曲の衣装はエレガントな感じで好き。
モノトーンでクールな印象を醸し出しつつ、スタイルの良い彼女たちの美脚をきちんと活かしている。

ワイドショーを大いに賑わせたゲスの極み乙女。の川谷絵音氏の作曲ということで当時物議をかもしたし、彼との関わりに嫌悪感を感じて夢アド現場を他界する人まで(!)出たこの曲。 僕は結構好きなんだけどな…
『よっしゃいくぞー!』と盛り上がる曲ばかりだと飽きちゃうし、何より深みが無いと思う。

この日の定期公演は夢アド新メンバー候補生の投票中間結果が発表された。
発表されたのは上位6名のみ。

候補生関東組はカルチャーズ劇場にて。
候補生関西組はおそらくLINE LIVEで発表を聞いていたと思われる。

候補生の中でも上杉らんさんは6位が発表された時点で(自分がランクインしていないと感じたのか)泣き出しそうな表情だった。

前回ランク外からジャンプアップして3位にランクインした最年少の山下彩耶ちゃん(15)が号泣。
それを見た夢アドのメンバー達も貰い泣きをしていた。

ついさっきまで『ドキドキする~』なんて軽口を叩いていたメンバー達だったけれど、
一番近くで候補生の頑張りを見ていただけに感じるところがあったのだろう。

夢アドのメンバーだから仕事は順風満帆で安泰…なんていうことはなくて、『選ばれないツラさ』はむしろ誰よりも分かっているだろうし、個人仕事では悔しい思いも沢山してきたことだろう。

前回も1位だった関西組の18歳永戸真優ちゃんが今回も1位だった。
けれども2位との差はさほど開いておらず、今後の展開ではひっくり返ることも十分にあり得る票数だった。

2位に突如飛び込んできたのは候補生のなかで唯一金髪である水無瀬ゆきさん。

前回はランク外だったような…?
リリースイベントやカルチャーズ劇場で相当頑張ってきたのだろう。

事実、当初は夢アドに新メンバーが入ることに否定的だったユメトモ(ファン)も、今は『候補生みんな頑張ってるよね』 『候補生の○○ちゃん可愛い』 『○○ちゃんの雰囲気が好き』などと好意的に受け止める人が増えたし、候補生の頑張りに感化されて応援するようになった人も多く見かけるようになった。

その後、劇場で初公開された新曲『Exceeeed!!』のMV

夢アドのMVにしては珍しい、プライベート風の映像がふんだんに盛り込まれているMVだった。
夢アドの4人が旅に出て(ロケ地は熱海)移動中の電車内や浜辺で戯れる様子、観光地で買い食いする姿など”素の表情の彼女達”がそのまま収められていた。
想い出作り…ではないけれど『4人体制最後のMV』に相応しい素敵な仕上がりだった。

裏で見ていたメンバー達も感情が抑えきれなくなり、涙を流していたらしい。

MVが流れ終わった後、再登場したメンバー達の目は明らかに潤んでいた。
4人の中で小林れいちゃんだけは気丈に振舞っていたのだけど、きっと心の中では泣いていたんだろうな…。

『カメラが回っていることに気づかなかった』
『(MVの映像に)ここ使う?っていうのも入っていた』

メンバー達は口々にそういった感想を述べていた。

特典会でゆうみん(志田友美)が教えてくれたのだけれども、『Exceeeed!!』のMV内で着ている洋服はメンバーの私服なんだとか。
4人とも系統の違う洋服を着ていて、てっきり衣装だと思っていたのだけれどもまさか私服だったとは。

以前、インスタのストーリーにMV撮影時の洋服を投下していたことを覚えていた僕は、『MVの撮影熱海でしょ!?』とゆうみんに言ったところ、頷いた後に(最近頻繁に行ってるから)『熱海に彼氏がいると思った?』といたずらっぽく笑っていた。
『いや、そうとは全然思わないけどヽ(´ー`)ノ』と軽くあしらう僕←

そんなこんなで特典会の時間はメンバーがユメトモと軽口を叩いたり、全員ショット撮影会ではメンバー達のファンいじりが激しかったりして見ていて面白かったのだけれども、(MCコーナー含む)LIVE本編ではメンバー達が感極まるシーンが何度も見られ、いつもの定期公演とは明らかに違う雰囲気だった。
仕事を無理矢理切り上げて参加して良かったな…と思える公演だった。

志田友美:1122ヤバそう。

荻野可鈴:11月22日のワンマンライブね。

今からこんな感じだと、11/22の4人体制最後のワンマンライブは涙々の公演になりそうな予感。

これは別に新メンバーが入ることに抵抗がある、嫌だとかそういう次元の話ではなく、夢アド結成から5年以上、楽しい事、嬉しい事、悲しい事、ツライ事を含め濃密な時間を共有してきた4人にしか分からない想いがあるのだと思う。

過去にメンバーの脱退は経験してきたものの、見ず知らずの他人がメンバーに加入するのは初めてであるし、新メンバーの加入に伴い夢アドの第一章は確実に幕を下ろす。

メンバー達が4人体制最後のワンマンライブの開催をスタッフに直訴したのもおそらくそういう理由からだろう。

前回ツアーのラストの仙台公演では、「リーダーの荻野可鈴ちゃんの涙が止まらなかった」と誰かがレポをしていたけれど、きっと11/22のライブではメンバー全員が涙するんだろうな…。
果たして、おっさんになって涙腺がゆるくなった自分に耐えられるだろうか。。。

Posted by りすお [RIS-O] on 06.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス 早稲田祭~「20XX」リリース記念フリーライブ / 原宿物語 LIVE

Category : LIVE
今日は「AGESTOCK2017 in 早稲田祭」に夢アドこと夢みるアドレセンスのメンバーが登場するとのことで早稲田大学へ。

20171104_01.jpg

ここに来るのは芹那(SDN48)のトークショー以来だなぁヽ(´ー`)ノ

20171104_02.jpg

相変わらずキャンパス内が広い。
活気がある。
そして迷いそうになった←

早稲田祭は常に大盛況で人の数が半端ない。
大学生の親世代の姿も多く見られ、おそらく大学見学に来たであろう制服を着た女子高生なんかもいたりして多種多様な世代とすれ違った。

■トークショー
MCは青山学院大学の大学生お笑いコンビだった。
早稲田祭なのに青学なのか…w

コンビの内の片割れは男子高出身ということで女の子への免疫が無く、
夢アドメンバーと目を合わせられるか不安とのこと(汗

案の定だとたどしい司会進行で色々危なっかしかった。

MCには定評のある(?)夢アドのリーダー荻野可鈴ちゃんがしばしば助け舟を出す進行。

コーナーが終わるたびにコンビ2人でヒソヒソ話で打ち合わせ。

荻野可鈴:打ち合わせが凄いな!(観客w

トークショー終盤にもヒソヒソ打ち合わせ。

荻野可鈴:この(ヒソヒソ)時間は何!? 何なのぉ!?(観客ww

可鈴:良かったら私がMC代わりましょうか!?
観客&MC:Σ(・ω・ノ)ノ!

可鈴ちゃんのイライラが頂点に達していたようです←

・メンバーの中で一番アイドルらしいのは?
→荻野可鈴 (京佳・志田友美・小林れいが荻野可鈴を選択)

・メンバーの中で一番ドジっ子なのは?
 →志田友美2票 小林れい2票

・メンバーの中で一番おやじっぽいのは?
 →志田友美 (新幹線の中で歯に詰まった食べ物を爪楊枝で取りつつ、気づいたら爪楊枝をくわえたまま寝ていたw)

・メンバーの誰が美味しいお茶を飲んでいるか当てるゲーム (3/4の確率でセンブリ茶が入っている)
 →荻野可鈴ちゃん以外は苦いセンブリ茶だった。 
  京佳:1/4じゃなくて3/4の確率でセンブリ茶飲まされるなんて、この大学は絶対おかしいよ!(観客w

・曲逆再生当て早押し(挙手)クイズ
 →「20XX」が正解 (志田友美が真っ先に手を挙げたのにMCの好みで(?)荻野可鈴が回答~正解)

・告白シチュエーション (荻野可鈴・京佳チーム VS 志田友美・小林れいチーム)
 →可鈴・京佳チームの勝ち

可鈴:朝からとてもカロリーの高いイベントでございました(観客w

京佳:詰め込み過ぎ(笑)



■午後 (13:00~)
最近よくアイドルイベントを行うようになった「新宿マルイMEN」屋上にてリリース記念フリーライブ。

実は夢アドが新宿マルイメンを使うのは初めてとのこと。

第一部は若干雲がありつつも、基本的には天気が良くて青空が広がっていて最高のシチュエーションだった。

■エポスカード特典ポストカード
20171104_03.jpg

自分は元々新宿マルイメンで買い物をしていた関係でクレジットカードを作っていたので、ポストカードをゲット。

原宿物語のリリイベの時もエポスカードの勧誘をしていたから、マルイ側の狙いとしては単にイベント会場を貸して小銭を稼いでいるだけではなく、エポスカード会員を増やす狙いがあるようだ。

うーん、2次元ヲタに比べればアイドルヲタはオシャレだけれども、
ピンチケはともかくオッサンを新規カード会員にするのはハードルが高そうな気が…w

■荻野可鈴
20171104_04.jpg

今日のトークイベントのMVP!
頼れるリーダー荻野可鈴\\\\٩( 'ω' )و ////

iPhone 8 Plus×屋外撮影の画質が凄まじい!!
これはWeb用にリサイズ&圧縮しているけれど、iPhone上だと拡大しても超奇麗だったり。

■志田友美
20171104_05.jpg

月曜日のカルチャーズ定期公演では喉がガラガラで風邪気味だったゆうみん。

今日のトークイベント&フリーライブでは美声が戻っていて一安心ヽ(´ー`)ノ

特典会では現在ゆうみんが愛用している「クレヨンしんちゃんのスマホカバー」を衣装に挟んでいて見せてくれた(笑)

メンバーに”おバカ”扱いされる原因はコレか…w

R:新幹線で爪楊枝くわえて寝てた写メ投下して!

友美:すぐ流出しちゃうからイヤっ!(ノ><)ノ

R:えーっ(´・ω・`)







夢アドのリリースイベント1部と2部(夕方)の間に、
新宿マルイメンから250m離れたライブハウス「Zirco Tokyo」へ。

20171104_06.jpg

初めて行くライブハウスだったけれど、ドリンクコーナーとステージ&客席が完全に分離していてなかなか奇麗な会場だった。
ただ、ハコ自体は小さいしステージもさほど高くないので地下地下しい雰囲気だったけれど…w





夢アドのリリースイベントに戻ったから特典会は参加できなかったけれど、
30分ノンストップライブを堪能して満足ヽ(´ー`)ノ



個人的に神宿の一ノ瀬みかちゃんと志田友美(ゆうみん)が写メを撮っていたことが嬉しかったのだけれども、原宿物語がもっと売れたらゆうみんと写メを撮るような機会も生まれるのだろうか…!?
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2017   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend