Poppin’Party×SILENT SIREN 対バンライブ「NO GIRL NO CRY」 DAY1

Category : LIVE
Poppin’Party×SILENT SIREN 対バンライブ「NO GIRL NO CRY」 DAY1に行ってきました(*・∀・)ノ

対バンライブの会場は…なんと!?

20190518_01.jpg

メットライフドーム!! (旧:西武球場)

ガールズバンド史上最大規模の対バンライブであることは間違いないだろう。

メジャーデビューからしばらくショッピングモールで細々とリリイベを行っていたサイサイがついに…!!

感慨深いわ~ヽ(´ー`)ノ

20190518_02.jpg
物販会場

20190518_11.jpg
20190518_12.jpg
20190518_07.jpg

ポピパ勢のスタンド花凄いΣ(・ω・ノ)ノ!

20190518_06.jpg

アレンジメントも沢山♪

20190518_08.jpg

『BanG Dream!(バンドリ!)』キャラクターパネルにはそれぞれのサインが。

20190518_09.jpg
20190518_10.jpg

関係者(企業)からのスタンド花多過ぎて撮りきれん…(汗



■LIVE
ほぼ定刻通りに開演

・舞台セットが凄い!
 超メジャー級アーティストの舞台セットだった。
 まず、巨大モニターが3つもある。
 照明の数は一体何個あるの!?といった感じ。
 おまけにムービングステージ!!
 ステージが上がり始めたと思ったら、アリーナ後方までそのまま移動してくるのは圧巻だったわー。
 ポピパとしても初の試みだったらしい。
 『普通こういうのはダンス踊る系の人達が使うイメージがある』とポピパのメンバーが言っていたのが印象的。 

 その他、ゴンドラでアリーナ外周を周ったり、ムービングステージが途中で止まってセンターステージになったり…
 仕掛けが盛り沢山で見ていて飽きなかった。
 最後には銀テープなんかも飛び出してきたりして…これほど規模の大きいLIVEを観たのはかなり久しぶりな気がする。
 X JAPANの幕張LIVE以来かな~。

・Roselia (オープニングアクト)
 メチャメチャ格好良かったー!!ヾ(≧∀≦*)☆彡
 昨年フォロワーさんに連れて行ってもらったから今回見るのは二回目。
 メンバー達のビジュアルも奇麗な人ばかりで見とれてしまった。。。。
 4曲のみの披露だったのが残念…もうちょい見たかったなー。

・Poppin’Party(ポピパ)
 今回ポピパのLIVEを観たのは初めてだったけれど、演奏技術は安定していたし歌も上手くて普通に凄かった。
 ペンライトを持ったファンの一体感が凄まじかった。
 今回は対バンライブとはいえ、ポピパ勢のファンの方が圧倒的に多かった気がした。
 やはりポピパ主催のLIVE(?)というだけあって、全般的にサイサイよりもポピパの方が演出が豪華だった気がした。
 ムービングステージやゴンドラを使う回数がサイサイよりも多かったと思う。

・SILENT SIREN(サイサイ)
 DAY1はポピパがトップバッターでサイサイが後半だった。
 サイサイが演奏を始める頃には外はすっかり暗くなっていた。
 メットライフは半分屋外ということもあり、夜の帳が降りて照明やペンライトがより美しく輝いていた。
 サイサイは活動10周年ということで、アルバムも複数リリースしていることから『対バンライブのセットリストは何を持ってくるのだろう?』と思っていたのだが…?

 『ビーサン』『八月の夜』『チェリボム』は何となく予想できたけれど…
 ポップに振り切った『ぐるぐるWonderland』や企業コラボ曲の『天下一品のテーマ』を持ってくるとは(笑)
 ROCK系の曲でいえば最新アルバムから『ALC.Monster』がセトリに入っていたのは驚いたなー。
 シングル曲じゃなくてアルバムのリード曲でもないし。個人的には好きな曲だったから良かったけれど。

 『恋のエスパー』は「STOP!」の所でサイサイ勢はもちろんポピパ勢も大いに盛り上がってくれて良かった。

アンコールラストのポピパ×サイサイのコラボもアツかったーヾ(≧∀≦*)☆彡


観客はバンドリーマー(ポピパ勢)が多くて、これはもしや圧倒的にアウェーか…!?なんて思っていたけれど、良心的なオタクが多いのか、もしくはバンドリーマー兼サイサイファミリーな人達が多かったのか…。
意外なほどに(ファン同士も)友好的な雰囲気で、双方のバンドを盛り上げようという心意気が伝わってくるLIVEだった。

ロックバンドの対バンでありがちな、「お目当てのバンドが終わったら即退場」みたいな人はほとんど見かけなかったし。

日本ではガールズバンドはまだまだ稀有な存在だけれども、お互い刺激し合って今後ガールズバンド界を盛り上げて行って欲しいな…なんて思えた素敵なLIVEだった。



Posted by りすお [RIS-O] on 18.2019   0 trackback

山本彩 Tour 2019 "I'm ready"

Category : LIVE
山本彩 Tour 2019 "I'm ready"に行ってきました(*・∀・)ノ

20190513_01.jpg

相変わらず女子率が高かったΣ(・ω・ノ)ノ!

20190513_06.jpg
Zepp Tokyo

今まで全国のライブハウスを周ってきた”さや姉”こと山本彩のライブツアーもいよいよ終盤戦。

この日の公演は月曜日という最も参戦しにくい平日のLIVEであるにも関わらずSOLD OUTしていた。

しかし、さや姉クラスの人気アーティストでも土日のライブハウスを抑えられないとは…
深刻なライブハウス不足問題があるようで。

20190513_02.jpg

NMB48で同期だったみるきーこと渡辺美優紀からのスタンド花

ずっとライバルとして比較され続けてきた2人だけど友情が感じられてエモかった。

20190513_03.jpg
20190513_04.jpg

音楽番組や各種メディアからのスタンド花が尋常ないほどの多さだったので、全部撮るのは諦めた…w

20190513_05.jpg

GLAYのTAKUROさんからも!!



この日のライブはフォロワーさんと一緒に2人で参戦。

仕事終わりに駆け付けてくれたフォロワーさんと一緒に入場した関係で、自分達よりも前に既に800人以上入場していたのだけど、オールスタンディングの会場に慣れていないアイドル時代のファンが多かったのか、前の方が結構空いていたので下手側の5列目くらいに陣取ることが出来た。

ステージの端っこの方だったけれど、結果的にさや姉がステージの端から端まで結構動き回ってくれたので至近距離(数メートル)で見ることも出来たヾ(≧∀≦*)☆彡
更にはヴァイオリニストのAyasaさんも近くで見られて…美しかった(*´艸`)

前回のホールライブ(NHKホールライブ)に参戦したときは、1階席後方だった。
NHKホールは縦に長い会場なので1階席後方でもかなりの良席だったのだけれども、今日のLIVEでは更にさや姉を間近に感じることが出来てよかった。

最近のさや姉の姿をTVで見ている人は分かると思うけれど、今の”デコ出し&パーマ(ソバージュ?)”の髪型をしたさや姉は(NMB48時代を彷彿させる)アイドルというよりも、むしろ完全に女性アーティストといった風格が漂っていた。

実はNMB48のライブには1度も参戦したことがなかったのだけれども、ふとさや姉のソロアルバムを聴いてみたら良曲揃いだったので、何となくさや姉のソロライブには参戦してみたのだけれども…。
CDに勝るとも劣らない美声を聴かせてくれるさや姉のLIVEは最高だった。
もちろん今日のLIVEの歌声も最高だった。

そして何よりりバンドセットというのが良いね!!

いくら録音技術が発達した現代でも、生のバンドサウンドの迫力には適わない訳で。

昨日のニジマスは野太いコールが響き渡る”ザ・アイドル”といったライブだったけれど、今日のLIVEでは手を振り上げてオイオイ叫ぶROCKのノリで正反対だった(笑)

ただ、圧縮やモッシュが起こるような曲調でもないので、やっぱりロックアーティストとしては(客層を含め)まだお行儀が良いかなーと。まぁ今の曲調はさや姉の声に合ってると思うけどね。

LIVE開演前まではMONOEYESとかELLEGARDENといったさや姉が好きなアーティストの曲が流れていたのだけど、今後は更にROCKな曲も増えて行って欲しいなーと思う今日この頃。





そういえば、山本彩さんに興味を持ったキッカケは「好きなアーティストが同じ」という理由からだった。

さや姉のLIVEはメチャメチャ楽しくて盛り上がったけれど…

月曜日、平日初日からのLIVE参戦はやっぱり老体には堪えるわ(苦笑

自分もフォロワーさんも帰宅後ヘロヘロになってしまった。

次のツアーは土日祝日のいずれかで開催お願いします…(笑)




Posted by りすお [RIS-O] on 13.2019   0 trackback

26時のマスカレイド 『ニジマスワンマン公演ニジマスストーリー第5章〜26時のオープニングセレモニー〜』

Category : LIVE
26時のマスカレイド 『ニジマスワンマン公演ニジマスストーリー第5章〜26時のオープニングセレモニー〜』に行ってきました。

ニジマス(26時のマスカレイド)のワンマンライブに行くのは今回で2回目。

今日の会場は品川ステラボール

この規模のライブハウスを完売させるとは…勢いあるなぁ。
メジャーデビュー決定後、1発目のLIVEということで、メンバーの気合いの入り方が(LIVE以前から)尋常じゃなかった。
おそらくヲタク側も相当気合いで臨んでいたに違いない。

ニジマスには特に推しメンはいないのだけど、フォロワーさん達が話題にすることが多く、48グループや坂道グループ以外では今、最も勢いのある右肩上がりのアイドルということで、偵察(?)の意味も含めてAKIBAカルチャーズ劇場の定期公演などに足を運んだりしていた。

ニジマスの多くの楽曲はサイサイ(SILENT SIREN )のコンポーザーであるクボナオキ氏が手掛けており、ポップでキュートな楽曲のクオリティーはお墨付き。メジャーデビュー後も引き続き楽曲提供を行っていくようだし、楽曲の一貫性があるから既存のファンは安心が出来るだろう。

メジャーデビュー直後にレーベルの意向により楽曲の方向性が全く変わってしまった妄想キャリブレーションは本当に可哀想だった。YouTubeのコメント欄が荒れまくってたし、結果的に解散という形を迎えることになってしまったのは残念。

大規模ワンマンらしく、会場のセットは大掛かりで凝っていた。

プロジェクションマッピングが駆使されており、特効の銀テープなんかも飛び出したりしてお金のかかっているLIVEといった感じ。

楽曲や衣装のクオリティーは素晴らしいと思う。

■新曲初披露 『ちゅるサマ』
『チェリボム』や『ハピマリ』などの曲のタイトルを彷彿させる『ちゅるサマ』

まさか…と思ったら、本当にそのまさかだった。

作詞はSILENT SIREN のすぅ(Vocal&Guitar)、作曲はクボナオキとのことだった。
まんまサイサイじゃん!?

全体的にサンパっぽいリズムでサイサイには無い雰囲気の楽曲だった。

生歌頑張ってるなぁとは思うけれども、さほど歌が上手い訳でもなく。。。
まぁアイドルにクオリティを求めてはいけないのだれど、転校少女の塩川莉世ちゃんとかホント良い声してるからどうしても比較してしまう。

ダンスに関しても激しいノリではなく、どちらかというと乃木坂的な優雅な感じ?
乃木坂も最近は難易度の高いテンポの速いダンスを行っていたりするけれど。
ファンが振りコピが出来る曲もそれなりにあるけれど、アイドル界隈ではそこまで多いとも思えない。

ただ、観客のノリは半端なかった(笑)
コールとかワールドカオスとか、とにかく一体感が凄い。
基本的に若いオタクが多いから、体力が有り余っているのかもしれない。
とはいえ、オールスタンディングの会場でありながら圧縮・モッシュなどがあるわけでもなく基本的には大人しめな人が多い印象。女の子率も結構高いから当然と言えば当然なのだけど。

今どきの若い子はこういうのが良いのか~なんて感心してしまった。(以前にも言っていた気がする)

■写真撮影タイム
20190512_01.jpg
20190512_02.jpg
20190512_03.jpg

Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback

夢みるアドレセンス LIVE TOUR 2019 SEVEN STAR at 愛知県・名古屋E.L.L

Category : LIVE
夢みるアドレセンス LIVE TOUR 2019 SEVEN STARに行ってきました(*・∀・)ノ

G.W.明け仕事が立て込みそうだったので、土曜出勤の可能性を踏まえてこの日のLIVEには行く予定が無かったのだけれども、夢アド界隈が最近慌ただしかったこともあり『行ける時に行っておかないと』と思ってギリギリでチケットを購入。

『どうせ最後尾入場だからのんびり行こう』と思い、高速バスの昼便を使う事に。

20190511_01.jpg

東京駅から出発して、定刻より15分程度遅れて名古屋に到着。

実はこの手の高速バスを今回初めて使った。

飛行機と違って足元に余裕があるし、3列シートのゆったりタイプだったから快適と言ったら快適なのだけど…

20190511_02.jpg
途中、足柄SAで休憩

やっぱり移動に5時間は長いなぁとヽ(´ー`)ノ

新幹線の半額以下で移動できるメリットもそれなりにデカいけどね。
ヲタク界隈は遠征費節約するために夜行バス使っている人を結構見かけるけれど、あれで熟睡できるのだろうか…!?

そんなこんなで名古屋に到着。

20190511_03.jpg

メッチャ天気良いヽ(´ー`)ノ

しばらくカフェで休憩して、伏見駅から徒歩移動⊂(・ω・ )⊃≡3

20190511_04.jpg

この辺りは歩行者と自転車が完全に分離されているらしく快適に歩くことが出来て気持ちが良かった。

そんなこんなで名古屋E.L.Lに到着⊂(・ω・ )⊃≡3

20190511_05.jpg

入場列はもうすっかり無くなっていたから、物販はラクに買えた\\\\٩( 'ω' )و ////
噂ではなかなか物販列が進まなかったとか…?
あの小さな物販エリアじゃ人数さばく事は難しいだろうね。。。

最後尾入場でLIVE会場内に足を踏み入れたのだが、最後方はまだまだ余裕があった。

見た感じ8割くらい埋まっていたかな…?

名古屋はアイドル不毛の地なのか、それとも単に夢アドの知名度が低いだけなのか←

夢アドと名古屋の相性は正直あまり良いとは言えない。

CDがリリースされる度に開催されてきたFortune Music主催のリリースイベント。

以前は名古屋を含む東名阪で行っていたのだが、いつの間にかシレっと名古屋が無くなり、東京&大阪開催のみとなっていた。

これは荻野可鈴バスツアーで聞いた話なのだが、名古屋の(Fortune Music主催の)リリイベは客入りがあまり良くないらしく、『あまり仕事をした気がしない(笑)』と言っていた。自分は特典会のためだけに遠征したことはないので実情は良く分からないのだけど、おそらくそういうことなのだろう。

そんなこんなで今日のツアーの客入りも心配されたのだが、少なくともスカスカではなくて良かった。

つい先日、初期メンバーの京佳が電撃脱退したことで、ただでさえ古参ファンが他界しているからね。

ただ、自分の知り合い・フォロワーさんはかなりの出席率で驚いた。

あれ?この人遠征してるんだ…と思ったり。



■LIVE開演
今回の全国ツアーは一言で表すとシンプル。

派手な演出やツアー用に用意された特別な衣装で目を惹くのではなく、最新アルバム『SEVEN STAR』を主軸にあくまでパフォーマンスで魅せる内容だった。

名古屋E.L.Lはキャパ600人の中規模ライブハウスで、段差があったこともあり割とどこからでも見やすいし、距離感も近かったのでこれはこれで良かったのではないかと思う。

節約のためG.W.は都内でウロウロしていた自分にとって、夢アドのLIVEパフォーマンスを見るのは久しぶりだった。

ステージ上でスポットライトを浴びて踊るメンバー達を見て、
『やっぱり華があるな~』なんてしみじみ思ったり。
(いわゆる客席後方プロデューサー目線)

志田友美さんやっぱり脚長いな~細いな~(異性だけど)羨ましいわ~なんて(`・ω・´)
(↑書けと言われたから書いている訳ではない)

MCでは水無瀬ゆきの「体型の話に敏感で気にし過ぎてる」発言があって笑えたw

あとは小林れい不在時のCDリリースイベントで、他のメンバーが『れいちゃんありがとう』と天に向かって拝んだとか何とか…w

ツアー初日の福岡公演では志田友美がシリアスなMCを展開したらしく、『良かった』『感動した』といった感想がTLに複数流れてきたのだが、名古屋公演では小林れいがファンへの感謝、これからの夢アドに賭ける意気込み、ファンにはこれからもついてきて欲しいといった旨の真面目なMCがあり、ユメトモは変なガヤを入れることなく静かに聞き入っていた。

リーダー荻野可鈴からは、ストレートな言い方ではなかったものの、さりげなく京佳脱退のゴタゴタで心配をかけたことへのフォローもあり、この辺りは流石リーダーだなと思った。他所のアイドルだったら完全スルーしていたかもしれない…。

■特典会


高速バスで節約した分、全部チェキ会で吹っ飛んだ(笑)

20190511_07.jpg

それにしてもチェキ映り良いな…
流石アイドル兼モデルだわヽ(´ー`)ノ

Dさんが『相変わらず写真うつりいいよね』みたいなことを言ったら、

志田友美:なにぃー!? ゆーみは実物良くないみたいじゃん!!(`・ω・´)

D:いやいや、そういう意味じゃ(汗

素直に受け取ればいいものを( ̄∇ ̄)


■全員ショット写メ
20190511_08.jpg

今日ははるばる名古屋まで遠征してきたのだけど…
ほとんどのメンバーから『今年も宮古島来ますか!?』と聞かれ、ほぼ宮古島の話しかしていなかった(笑)

20190511_06.jpg
名古屋E.L.L 段差があって見やすくて良い会場だった!!

LIVEに参戦した皆さま、お疲れ様でした。


Posted by りすお [RIS-O] on 11.2019   0 trackback

Pop'n Party

Category : LIVE
Pop'n Partyに行ってきました(*・∀・)ノ

20190505_02.jpg

会場は渋谷のduo MUSIC EXCHANGE

■出演アイドル
20190505_01.jpg

こんな感じで出演するアイドルが割とカオスな感じだったので、どの程度混雑しているのか全く読めなかったのだけど、自分が到着した時には8割方埋まっていて、ガラガラ過ぎず、混み過ぎず…といった感じで観客にとってもアイドル達にとってもまぁまぁ快適な環境だったと思う。

この日はオサカナ(sora tob sakana)メンバーの風間玲マライカさんの卒業前最後の対バンということで、オサカナのステージから見ようかな…と思っていたのだけれども、お目当てのONEPIXCELまで時間があり過ぎるので回避。

途中入退出自由(別途1drink)だったのだけれども、5~6時間も渋谷に居たくないというか。

・マジカル・パンチライン  ※後半のみ
・開花-かいか-
・amiinA
・CYNHN (スウィーニー)
・ONEPIXCEL
・わーすた

何だかんだで結局これだけのアイドルのステージを観ることが出来た。

本当はamiinAあたりから見ようかと思っていたのだけれども、思ったより早く到着できたので。

「開花-かいか-」と「CYNHN (スウィーニー)」はこの日初めて見た!!

「開花-かいか-」は一応新人アイドル(元アイドルネッンスメンバー)だから初見なのは当たり前として…

CYNHN (スウィーニー)に関しては、まずユニット名の読み方が分からなかった(笑)

後でHPを見てみたのだけれど、どうやらロシア語から来ているとか?

LIVE中、観客は結構イイ感じに沸いていたし、特典会を見ている限りファンの数も結構多かったので、それなりに実績のあるアイドルなのだろうか。自分は全く知らなかった…。

パッと見で桜坂真愛(おうさかまなみ)さんが可愛かった(奇麗系だった)なーと。

あとは歌唱力が凄い! イイ声してた! 夢ア○に来て欲しい←




■ONEPIXCEL
ONEPIXCEL(ワンピクセル)のステージ

黒の衣装でカチっと決めたメンバーが登場。

今日のセットリストはカッコイイ系の曲でまとめていて、いつものような笑顔全開のステージではなく、終始シリアスな表情だった。

最後に披露された観客を巻き込む楽曲『We go now』だけは笑顔だったけれども。

この日、初披露された新曲『Slow Motion』
格好良かったーヾ(≧∀≦*)☆彡
表題曲の『Final Call』もかなりクールな楽曲だから、ワンピクは今後この路線で行くのかな?

開花とamiinAを除けばアイドル然とした盛り上がる曲でまとめてくるアイドルグループが多かったのだけど、ONEPIXCELのステージはその中でもかなり異色だったと思う。



特典会はワンピクのみ参加。

■ランチェキサイン会
ランダムにチェキを選んで、それにメンバーがサインを入れる形式

20190505_03.jpg
認知されていないためカタカナ表記。。。(笑)

硬派なワンピク(?)は、基本ヲタクとの2ショット写メを”撮らない”特典会なので、あまり写真 or チェキに映りたくない自分としては個人的にはありがたい。

今年のG.W.は10連休という超大型連休だったけれども、都内近郊でウロウロしていたこともあり、
あまりお金を使わずに済んだ\\\\٩( 'ω' )و ////

Posted by りすお [RIS-O] on 05.2019   0 trackback

転校少女 *1stワンマンライブ 「THE LAST GIGS 2」

Category : LIVE
転校少女 *1stワンマンライブ 「THE LAST GIGS 2」に行ってきました(*・∀・)ノ

平成最後のLIVEは転校少女!!

20190430_01.jpg

会場はマイナビBLITZだった。

MCではリーダーの岡田夢以さんがずっと『赤坂BLITZ(旧名称)』と言っていて少し笑ってしまった。

そういえば転校少女って結構前からアイドル活動していたような…
何故「1stワンマンライブ」なんだ!?

…と思っていたのだけれども、転校少女歌劇団から転校少女*に改名してから初めてのワンマンということで「1stワンマン」というタイトルになったらしい。

20190430_02.jpg
20190430_03.jpg

転校少女に関してはAKIBAカルチャーズ劇場で定期公演をやっている関係でチラッと観に行ってから、たまにLIVEを見に行く程度なのだけど…

何といっても今日のワンマンライブはバンドセットライブだから、バンドの生音好きな自分としては観に行かなければ(`・ω・´)



塩川莉世ちゃんホントいい声してるわ~ヽ(´ー`)ノ
可愛いわ~ヽ(´ー`)ノ

アイドル界の中でもかなり歌が上手い部類に入ると思う。

20190430_04.jpg

ちなみに今日はメンバーの渚まおさんの卒業LIVEだった。



終盤のMCでは、リーダーの岡田夢以さんが涙声になって喋れなくなるシーンも見られたものの、渚さん自身はもちろん他のメンバーも前向きな卒業と捉えているらしく、彼女の背中を後押しするような素敵なLIVEだった。

やっぱりアイドルの卒業LIVEはこうでなくちゃね。

48グループのような大所帯アイドルグループならいざしらず、10人以下のグループであるならばワンマンライブとは言わないまでも何らかの”けじめ”として卒業イベントを開くべきだと思う。

サラっとSNSで発表してサクッといなくなっちゃう後味の悪いどこかのアイドルグループと違って←

転校少女のメンバー卒業LIVEが盛大に行われ、とても良い形で終わったのを見て、ファンの人達が羨ましくなった…。


Posted by りすお [RIS-O] on 30.2019   0 trackback

monogatari 「柊宇咲16歳START ! バースデー」公演

Category : LIVE
久しぶりにmonogatari(通称モノガ)のLIVEを観に行ってきました(*・∀・)ノ

20190428_01.jpg

今日は出張公演ということで、いつもモノガが定期公演を行っている中野坂上のライブハウスではなく、秋葉原のAKIBAカルチャーズ劇場だった。

この劇場は基本的には座り形式だからアイドルのライブと相性が良いんだよね。
よほど端の方の席じゃなければ、どの席からでもメンバーの顔やパフォーマンスが見やすい良い劇場だと思う。

20190428_02.jpg
20190428_03.jpg
20190428_04.jpg
20190428_05.jpg

本日の公演は「柊宇咲16歳START ! バースデー」公演ということで、つい先日16歳の誕生日を迎えた柊宇咲(ひいらぎうさ)の生誕祭公演だった。

本日の主役、柊宇咲は制服姿で登場。
やはり現役JKの制服の破壊力は凄いΣ(・ω・ノ)ノ!
他のメンバーは最新シングル『my way』の赤い衣装だった。

最近メンバーのSNSを全然追えていなかったのだけれども、いつの間にかメイクが変わっていたり髪の毛の色が明るくなっているメンバーが居てビックリ。10代の成長スピードは恐ろしく速く、皆表情が大人っぽくなってきたなぁと感じたり。

個人的には3~4か月ぶり(?)くらいのモノガのLIVEだったけれど、セットリストは全然変わっていなくて安心したヽ(´ー`)ノ

今日は柊宇咲バースデー公演ということで、アンコールに宇咲をフィーチャーした『U.S.A』(DA PUMP)なんかも観られてお得感があった。



宇咲ちゃん相変わらず美人だったヽ(´ー`)ノ

16歳にしてこの完成度は凄い。。。

柊宇咲さん、16歳の誕生日おめでとう\\\\٩( 'ω' )و ////







Posted by りすお [RIS-O] on 28.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend