monogatari 定期公演 ~女性完全無料公演~

Category : LIVE
monogatari 定期公演 ~女性完全無料公演~に行ってきました(*・∀・)ノ

先週の水曜日はX JAPANのLIVEに行っていたから2週間ぶりの定期公演だった。

20180418_01.jpg

ファン層拡大キャンペーン中(?)のmonogatari

若手女性アイドルあるあるなのかもしれないけれど、メインのファン層がオッサンで、(monogatari改名前の)「原宿物語」時代には定期公演に訪れたファンの全員が男性であったり、リリースイベントに女子が一人もいないなんていうことは日常茶飯事だった。

ちなみに原宿物語時代に行われたマザー牧場ツアーも、大型バス2台に乗り込んだ参加者は全員♂だった(笑)

【参考リンク】
原宿物語 メンバーと行く、わくわく!秋のモノガバスツアー
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-entry-3868.html

そんな現状を変えようとしているのか、急に女性優遇公演を始めるようになったmonogatari

まぁメジャーなアイドルには大抵女オタがついてるし、メジャーになるために女性ファンは必須条件なのかもしれない。

ただ、女性ファンが比較的多い乃木坂46やprediaなどを見ると『奇麗なお姉さんメンバーに憧れる女性ファン』という構図が成り立つし、ティーン誌でモデルをしていたメンバーがそのままアイドルになった夢みるアドレセンスは最初から女性ファンがついていたわけで、女子中高生メンバーが主体のmonogatariにどこまで女性ファンがつくのか?については全くの未知数だった。

そもそも男だらけの現場って、女子からすると(興味があっても)行きづらい気がする…。

で、女性完全無料公演(特典付き)に初めて参加してみたのだけど…。

最終的に15人~20人程度?の若い女性ファンが来ていてビックリした。(おそらくJK、JDあたり)
友達同士で誘って来たのだろうか。。。
リリースイベントでは全く見かけたことが無い子だったような。
まぁ普段周りをあまり気にしていないし、人の顔を覚えるのが苦手だから実は以前からいたのかもしれないけれど(笑)

■入場順
・女性ファン
・整理番号順
・整理番号を持っていない人

こんな感じの入場順だった。

開場時で既に15人程度の女性ファンが訪れていたため、『最前列の椅子は全部女性ファンで埋め尽くされるんじゃね?』的な会話も聞こえてきたけれど、実際に蓋を開けてみたら女子は下手側の「女性限定エリア」に固められていた。
(といっても女性エリアはまぁまぁ広かった)

今日は女性ファン優遇公演であること以外は特色のない公演だったので、全体的に参加者が少なかった。

無料の時だけ客が増えるなんて実に分かりやすい…w

個人的にはこれくらいの客入りの方が快適でいいけどね。
今日は久しぶりに椅子に座れたしヽ(´ー`)ノ (立ち見最前列の方が盛り上がるけれど)



セットリスト自体は既存の定期公演と大差ない感じだったけれど…!?

レアな髪型をしているメンバーが複数人いた(・∀・)!!
(ex.工藤茶南のポニーテール、 立石梨礼のツインテール等)

終演後のMCで判明したのだけれども、今日は女性完全無料公演ということで気合いを入れてきたらしい。
楽屋でもソワソワしていたメンバーが多かったのだとか。

いや、普段の公演でも気合いを入れてください←

福本カレン:今日は女の子がこんなに沢山来てくれて、途中凄く緊張してどうしたらいいのか分からなかった。

カレン:(下手側を指して)この辺、女の子ばっかりだし(*´艸`)

他のメンバー:女性エリアなんだからそりゃそーだヽ(´ー`)ノ (観客www

カレン:今週末北海道から始まるmonogatariの無料ツアー!! 梨礼(りら)は北海道の場所が分からなかったらしく(観客w

立石梨礼:寒いの? 最初、半袖で行こうかと思ってた(^-^)(観客w

カレン:事前に分かって良かったねーヽ(´ー`)ノ

なにこのやりとりw



■特典会(2Sチェキ)

■芹川梨咲
20180418_02.jpg

りすお:よく知らないんだけど、朝のツイートで着ていたsupremeって若者に人気のブランドでお高いんでしょう?

梨咲:そうなの!?Σ(・ω・ノ)ノ!



り:新商品発売時には店頭で行列ができるという…

梨咲:そうだったの!? 良く分からなくて・・・。お母さんに買ってきてもらったから。

り:りさっち家はお金持ちなのかヽ(´ー`)ノ

梨咲:そんなことない(^_^;)

り:転売目的で並んだ中国人が殴り合うこともあるらしいよ(笑)

梨咲:ええええ!?Σ(・ω・ノ)ノ!w

基本的にアイドルの女の子って…
「勉強はあまり得意ではないけれど美容とファッションに関しては人一倍気を使っている」子ばかりだと思っていたのだけれども、monogatariに関しては”私服はお母さんに買ってきてもらう”メンバーばかりのような。

女子中高生だとまだ皆そんな感じなのかなヽ(´ー`)ノ

既に自分の力で稼いでいるから、自分で好きな服を買っているのだと思ってた。


■工藤茶南
20180418_03.jpg

テーマ:『Re:born』のMVみたいにカッコイイ表情で。

り:今更だけど『Re:born』のMVのティナ、表情険しくない?(^_^;)

工藤茶南:そうなの!!(`・ω・´)

り:他のメンバーは結構アイドルらしく可愛く映っていたのに!?

【参考画像】
20180418_04.jpg

工藤茶南:あれは違うの!! 笑っているシーンも撮ったんだけど、使われなかった…。

り:なるほど(・∀・) それじゃ、週末の北海道と飛行機楽しんできて(*・∀・)ノ


■立石梨礼(りら)
20180418_05.jpg

り:今日の髪型レアじゃない!?

梨礼:そうなのー!!(*´艸`)

り:女性完全無料公演だから気合い入れてきたの?

梨礼:(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

り:それじゃ、今日は気分イイんだね♪ いつもみたいに(?)イライラして殴りたいわけじゃないんだね?w

■絶賛反抗期中!?


梨礼:いや、メッチャイライラしてるよ♪(^▽^)

り:えっ、なんで!?Σ(・ω・ノ)ノ!

梨礼:女性完全無料公演なのに何で男がいるんだよぉおおおお!って(怒

り:マジか(笑)

梨礼:ウソウソ(^_^;)

り:でも、イライラしてる方が梨礼ちゃんっぽいかもヽ(´ー`)ノ


改めて見返してみるとホントどーでもいい会話しかしていないなぁ(๑¯ω¯๑)

L'Arc~en~CielやX JAPANの存在自体知らない子達ばかりだからそういう会話も出来ないわけで。
この現場に通い出してからジェネレーションギャップを痛感してる(涙



Posted by りすお [RIS-O] on 18.2018   0 trackback

X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS ~YOSHIKI復活の夜~

Category : LIVE
X JAPAN復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS ~YOSHIKI復活の夜~に行ってきました(*・∀・)ノ

20180411_01.jpg

今や日本を飛び出し世界的なロックバンドへと飛躍を遂げたX JAPAN

20180411_04.jpg

東京ドームや日産スタジアムクラスのキャパを埋めるアーティストでありながら、
なんと今回会場に選ばれたのはZepp DiverCity Tokyo

皆気合い入ってます!

キャパ3000人クラスのライブハウスはエグい (乂Д´)!!
20180411_02.jpg
物販エリア(ガンダムの横)

開場予定時間の間際だったので既に空いていた。
しかし、案の定開場時間はかなり押した…(笑)

20180411_03.jpg

グッズのスポーツタオル

20180411_05.jpg

19時ちょい過ぎにようやく開場

事前に本人確認を済ませていたため、入場自体はスムーズだった。
※本人確認後、腕にリストバンドが巻かれ、チケット+リストバンドが無いと入場が出来ないシステム。

20180411_06.jpg
一般入り口

20180411_07.jpg
VIPエントランス

ちなみに一般のチケットでも3万円ですΣ(・ω・ノ)ノ!
※2階指定席は5万円!!

20180411_30.jpg

アーティスト写真のパネルは想像以上に巨大だったΣ(・ω・ノ)ノ!

20180411_31.jpg
20180411_32.jpg
20180411_33.jpg

HYDE、 GACKTからのスタンド花

豪華すぎるメンバー!!(ノ∀`)

20180411_08.jpg

開演予定時間から1時間強押しでついに開演!!
オープニングSEの『miracle』が流れる中、ついにYOSHIKIが登場。

メッチャ圧縮された(>_<)
周囲の温度が5度くらい上がったんじゃないか?と思うほどの凄い熱気で汗びっしょりに。

今日はWOWOW生放送が入っているし、わざわざスマホで写メ撮ることもないか…と思いつつ、
帰宅して見返してみたら結構撮っていた(^_^;)

20180411_09.jpg

『X』ポーズで出迎えるファン達

20180411_10.jpg

1曲目は『Jade』から。
ここ数年のライブでは定番の流れとなりつつあるね。

20180411_11.jpg

巨大スクリーンの映像から推察して『HERO』が来るのかな?と思いきや『I.V.』だった。

20180411_12.jpg

ToshlのVocalは安定していて、今日のLIVEではきちんと高音部分も出ていた。
ただ、観客に歌を振るシーンがちょっと多い時もあったかな~と感じたけれど、全体として考えれば些細な話。

20180411_13.jpg

Toshl&SUGIZOのイイ感じのシーンが撮れた。

20180411_14.jpg

YOSHIKIのドラミングは手術前ほど(見た目的に)激しくは叩いていなかったけれども、
首を振らなくてもやっぱり格好良かった。

20180411_15.jpg

YOSHIKI MCシーン



なんでもかんでも「SUGIZOのせい」にするYOSHIKI(笑)

YOSHIKI:「#SUGIZOのせい」っていうハッシュタグ作ろうよ(観客w

20180411_16.jpg
20180411_17.jpg

後ろのスクリーンに映し出されたYOSHIKI&Toshlもイイ感じ。

20180411_18.jpg
20180411_19.jpg

We are X!! (乂Д´)

20180411_20.jpg

正規メンバーのPATA、HEATH、SUGIZOに加えサポートギタリストが揃って圧巻の絵面に。

20180411_21.jpg

X JAPANとして『紅』と双璧を成すバンドの代表曲ともいえる『X』

ライブハウスだからXジャンプ思い切り出来るのがイイね!! (乂Д´)

センター付近押されまくって危なかったけど(苦笑

20180411_22.jpg

前列のファンから贈呈された垂れ幕をドラムに飾るSUGIZO

20180411_23.jpg
20180411_25.jpg

大団円



学生時代の憧れのバンドで、1度も生で見ることなく1997年に解散してしまったX JAPAN

解散理由の内容が特殊だったことに加え、ギタリストhideの急逝もあり、もう絶対にX JAPANは復活しないと思っていた。
大人になってから彼等のLIVEに行けるとは思っていなかったから、1回1回のライブに行けること、同じ時間と空間を共有できることが凄く嬉しいんだよね。

なかなかアルバムを出さないところとか、開場・開演時間が押すところとか、チケット代が国内最高クラスであることとか、いろいろツッコミどころはあるものの(笑) 学生時代から蓄積してきた想いの前では全てが些細な事になってしまう。

日本では絶大なセールスを誇る数々のアーティストが挑戦し、歯が立たなかった”世界の壁”

無謀ともいえる挑戦をし、(1997年の解散により)1度は諦めかけたものの、年月を経て真っ向勝負で世界の壁に挑み続けるX JAPANはバンドの生き様からしてカッコイイ。ビジュアル・音楽だけではない惹きつける魅力が彼等にはあると思ってる。

YOSHIKI:お前ら絶対負けるなよ!

YOSHIKIが叫んだセリフを胸に、これからも頑張ろう。

Posted by りすお [RIS-O] on 11.2018   0 trackback

SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~”Girls will be Bears”TOUR~ at 長野CLUB JUNK BOX

Category : LIVE
SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~”Girls will be Bears”TOUR~ at 長野CLUB JUNK BOXに行ってきました(*・∀・)ノ

20180407_01.jpg

久しぶりの遠征ヾ(≧∀≦*)☆彡

趣味にかけるお金を節約するために、ここ2年くらいは遠征を控え目にしていたのだけど、長野は比較的安価に行けるし、ライブハウスが駅から近くてアクセスが良いのでなんだかんだで連続で参戦してる。

長野駅に降り立ったらヒンヤリしていて、東京との温度差を身をもってして感じた。
肌寒いという感じで厳しい寒さではなかったけれど。
ちなみに長野ではこれから丁度お花見シーズンらしい。

20180407_02.jpg
SOLD OUT!!

20180407_03.jpg
20180407_04.jpg

通常、ライブハウスって地下もしくは地上1Fにあることが多いのだけど、長野CLUB JUNKBOXはデパートの7階にあって、最初に訪れたときに驚いた記憶がある。 そういえば渋谷のクラブクアトロもそんな感じだよね。

下の階にある一般の店舗に響いたりしないのかな(^_^;)

20180407_05.jpg

ツアータイトルが「Girls will be Bears」ということで、熊さんが2匹。

20180407_06.jpg

よく見ると…!?

20180407_07.jpg

メンバー達による直筆サインが。

20180407_08.jpg
20180407_09.jpg

こちらの熊さんにも!Σ(・ω・ノ)ノ!

20180407_10.jpg

今日のライブは最前列で見ることが出来たヾ(≧∀≦*)☆彡

まぁまぁ圧縮されたけれど、ライブハウス内はギュウギュウでモッシュするほどのスペースがなかったし、肘打ちとか食らわなかったし(笑) BABYMETALの現場で鍛えた自分からすると全然大丈夫だったヽ(´ー`)ノ

それはそうと男子エリアと女子エリアがエリア中央で完全に分けられていたのには驚いた。
メジャーデビュー直後は圧倒的に女子の方が多かったけれど、ここ数年では男性ファンの数の方が多いように思えていたのだけど・・・長野では半々くらいだったのかな?

20180318_02.jpg
20180318_03.jpg
20180318_04.jpg
写真は横浜ベイホールLIVEから

横浜ベイホールに比べるとキャパの小さいライブハウスということもあり、照明などの演出の規模は小さかったのだけれども…とにかく会場の熱気が凄まじく、メンバー達も汗びっしょりに。

『今日のライブでは3kg痩せるね!』 『いや、5kgは痩せる!!』とメンバー達がMCで笑いながら話していた。

ツアーということで、セットリストは横浜ベイホールの時とほぼ同様、最新アルバム『GIRLS POWER』からの曲が主体となっていたのだけれども、生演奏&生歌ライブは何度参戦しても飽きないわ~ヽ(´ー`)ノ

■サイサイコーナー
サイサイ格付けチェック
本日のお題は…『高級リンゴ「サンふじ」と、スーパーで一番安いリンゴを言い当てる』というクイズ。

結果は…

ドラムのひなんちゅ以外、全員正解\\\\٩( 'ω' )و ////

罰ゲームとして、ひなんちゅは終演後物販を手伝うハメに(笑)

おかげでライブ直後に少し話せたからファンとしては良かったけどねヽ(´ー`)ノ
長野CLUB JUNK BOXの規模だからこそ出来た罰ゲームだと思う(^_^;)

■印象に残ったMC
すぅ(Vocal&Guitar):インスタのメッセージをいつも送ってくれる子がいて…

すぅ:その子が凄い悩んでいるらしいのね。『仕事を辞めようかと思っている』『不安で仕方がない』『寝られないし起きられない』って。

ゆかるん:寝られないし起きられないって、いつ寝てるの?どういうこと?(観客w

すぅ:ホントそうなんだけど(笑) なかなか眠りにつけないし、寝たと思ったらすぐ朝になってしまって起きれないとか、そういう事なんだと思う。

すぅ:インスタのメッセージって普通(私達)返さないじゃん? ちゃんと読んでいるんだけど、読んだまま(放置)になっちゃているみたいで何だかな~と思ってて…。

すぅ:みんな4月から新生活を迎えて、期待もあるけれど不安とか憂鬱も抱えていると思う。 そんな中、サイサイのライブに来て元気になってくれたらいいな・・・と。

すぅ:ただ、『この前のライブ良かったです!』みたいな感じで、ライブに来た形跡はあるんだよね(観客w

あいにゃん&ひなんちゅ&ゆかるん:えぇっ!? そうなの?(観客w

すぅ:その子にいつか会えたらいいな~と。

■終演後物販
まだ購入していなかったツアーパンフレット(¥1,500)を購入したのだけど、これがとても良かった!!
それについてはまた後日。

ひなんちゅに『あれ?まだ買ってなかったの?』と言われたのだけど、横浜ベイホールは混み過ぎていて敬遠してしまった(^_^;)

■ご当地限定メッセージカード
20180407_11.jpg
メッセージカード by あいにゃん(山内あいな@Bass)


■大杉蓮さん出演PV 『AKANE』


Posted by りすお [RIS-O] on 07.2018   0 trackback

monogatari ~完全無料公演!!~

Category : LIVE
monogatari ~完全無料公演!!~に行ってきました(*・∀・)ノ

20180404_01.jpg

この日は平日の夕方であるにも関わらず、整理券を求めて多くのオタが中野坂上に集結していた。

(monoatari改名前の)「原宿物語」時代には滅多に見かけなかった、それどころか天然記念物級にレアだった女性ファンの姿もチラホラ見かけられた。合計で7~8人いたかな?

春休み期間中の完全無料公演という要因はあれど、それだけの理由でここまでファンが増えたわけではないだろう。

数々の対バンイベントに出演していたことに加え、毎日のように行われていた新曲のリリースイベントで彼女たちを見て興味を持ち、定期公演に来た人も多いと思われる。

ランダムに配布される整理番号は相変わらず後半の番号でダメダメだった…。

それでもなんとか視界が確保できる位置に行けたのだけど、開演直前に後ろを見てみたら、整理券配布に間に合わなかった多数の人たちが後ろの方に沢山いてビビった。原宿物語時代と比較して1.5~2倍くらいの人数になっているのではないだろうか。



■LIVE
セットリストは例によってglobeのカバーメドレーを含めた既存曲&新曲『Re:born/Find ME』で固められていたのだけれども、新しい試みとして立石梨礼、歌代ミク、西銘紗英の3人によるダンスナンバーが間に挟まれていた。
自分はこの3人によるダンスナンバーを過去に見たことがなかったのだけど、案の定初披露だったそうだ。

モノガではセンターの香山あむのパフォーマンスばかりが注目されている傾向にあるけれど、何気に立石梨礼のダンスもキレがあって素晴らしいと思う。足を上げる角度も半端ないからね。

西銘紗英のダンスパフォーマンスも目を惹くが、腕の筋肉が引き締まっていてカッコイイ。
歌代ミクは常に笑顔を絶やさず素敵。
茶髪キャラがいつのまにか丸海瑠希からミクちゃんに移りつつあるなー。

■無料握手会
例によって高速だったので会話成立せず(笑)
まぁ無料だから仕方がないヽ(´ー`)ノ
人数もかなり多かったからね。

■2S写メ会
例によって1ショットばかりヽ(´ー`)ノ
20180404_02.jpg
工藤茶南、 倉澤遥

先日のリリイベで『話したいことがあるから、絶対来てね!』と言われたので、誘われるがままに工藤茶南のもとへ…

り:なにか話したいことがあるって言ってたよね?

茶南:あれ、なんだったっけ(汗

り:騙されたあああああ!!!

茶南:そうそう!! 洋服の話!!(焦

り:特典会に来る人100人くらいに『カッコイイ』とか『オシャレ』って言ってるでしょ(-_-;)

茶南:そんなことないっっっ!! 最近リリイベでもあまり話せないから話したいと思って…。


これが本音なのかアイドル的営業トークなのかは置いといて←

メンバー達も最近の剥がしの速さを体感しているようだ。

ただ、制限時間内に人数を捌くためには剥がしを早くするしかないし、ファンの数が増えて相対的に特典会で話せる時間は短くなっていくのはアイドル業界あるあるだから仕方ない。まぁそれだけmonogatariが売れてきたということで。

アイドルは好きだけれども、将来タワーマンションに住む夢も諦めていないので←

どんどんお金が飛んでいく特典会は控えめにして、これからはLIVE中心に変えていこうかなぁと。



Posted by りすお [RIS-O] on 04.2018   0 trackback

坂本真綾 LIVE TOUR 2018 “ALL CLEAR” ~TOUR FINAL~

Category : LIVE
坂本真綾 LIVE TOUR 2018 “ALL CLEAR”に行ってきました(*・∀・)ノ

20180401_02.jpg

会場はここNHKホール!!

昨年、山本彩(さや姉)のソロコンサートで来た時以来かな?

20180401_06.jpg

温暖な気温で空は晴れ渡っていたこともあり、代々木公園で行われていたイベントには驚くくらいの人が訪れていた。

なんせ原宿駅がキャパオーバーで入場規制していたからねヽ(´ー`)ノ

20180401_03.jpg

坂本真綾といえば作詞:岩里裕穂 作曲:菅野よう子のゴールデンタッグでしょう!!

自分はデビューシングル『約束はいらない』からずっと彼女の曲を聴いて育ってきた世代だから、初期のアルバムをプロデュースしていた菅野よう子さんの印象が強いのです。

20180401_04.jpg

アニメ『カードキャプターさくら』のテーマソングを担当していることもあり、CLAMPからも祝い花が贈られていた。

20180401_05.jpg

ズラッと。



結論から言うと今年のライブも最高だったヾ(≧∀≦*)☆彡

今回のツアーはアルバムリリースのツアーではなかったため、様々な年代の楽曲がセトリに織り込まれていたことが良かった。

坂本真綾曰く『過去から現在まで200曲以上あるので、私が歌いたいときに歌いたい曲を唄うことにしました』とのこと。

やはりラーゼフォンのOPテーマ『ヘミソフィア』と、マクロスFの『トライアングラー』は盛り上がる٩( 'ω' )و

■ヘミソフィア


■トライアングラー


個人的には『天空のエスカフローネ』挿入歌の『指輪』が聴けたことが嬉しかった。

こんな初期の曲をやってくれるとは思わなかったな…。

ちなみにツアーファイナルであるにも関わらず、今日の会場にはカメラが入っていなかった。

坂本真綾:皆さん、お気づきだと思いますが、今日の会場にはカメラが入っていません!

真綾:ということは・・・? 今回のツアーは映像には残りません。(観客:ええええ

真綾:最近の子は「タイムシフト」って言うんですか? 『見逃したら後で見ればいいや』みたいなのが流行ってるみたいですけど(観客w

真綾:今回のツアーでは台湾や香港にも行って、とても歓迎してもらえて、その時に『DVD見てました。映像でずっと楽しんでいました』と言ってもらえて、その気持ちも十分分かるんですけど…なんでも映像に残しておくのは違うと思うのです。1回限りのLIVEを皆さんの胸にしまっておいていただければ。 (うろ覚え)

いくら映像技術や音楽の技術が発達しても、Blu-rayやDVDにパッケージ化されてしまった時点で現場の熱狂・感動がそのまま伝わることはない訳で。 ”LIVE”という1回限りの機会・空間を楽しむことに意味がある。
自分がLIVEによく行くのは非日常感を味わいたいという理由の他にも、そういった現場の空気感を体感したいからなのだと思う。

とはいえ、今回のツアーのセットリストは素晴らしかったので、後で映像作品として見返したい気持ちが全く無い訳でもない(笑)

しかし、真綾ちゃんは本当に歌が上手い。

歌声は恐ろしく奇麗な美声であるにも関わらず、アニメ・ゲームでは草薙素子(攻殻機動隊)やライトニング(ファイナルファンタジー14)のようなキリっとした凛々しい女性を演じられるから凄い。

今日のLIVEに参加して、改めてバンド演奏の素晴らしさ、生歌の良さを体感できた気がする。


Posted by りすお [RIS-O] on 01.2018   0 trackback

SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~”Girls will be Bears”TOUR~ at 横浜ベイホール

Category : LIVE
SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~”Girls will be Bears”TOUR~に行ってきました(*・∀・)ノ

レーベル移籍後、初のリリースとなった最新アルバム『GIRLS POWER』を引っ下げて全国各地を周るツアー。

この日はツアー初日!!

期待に胸が高まるわ~ヾ(≧∀≦*)☆彡

会場は横浜ベイホール

20180318_01.jpg

ベイホールといいつつもライブハウスなので、オールスタンディング。
モッシュ・圧縮ありでメッチャ熱かった!!

数々のロックフェスに出演してきたからか、ここ1~2年で客層が結構変わってきた気がする。

前方は圧縮・モッシュがかなり激しくなって、バンド結成当初メンバー達が想像していた客席の雰囲気とは若干違う形になってきたのかもしれないけれど、個人的にはロックバンドらしくなってきて(他のバンドや音楽ファンから)ナメられなくなるのだとしたら良い傾向ではないだろうか。

今回はモッシュに巻き込まれないように、女子エリアはアリーナ後方の最上段に設けられていた。
会場入りしたとき『あれ?今回のツアーは女性エリアないのかな?』と思っちゃったよ。

メンバー達との距離は若干遠くなるけれど、最前エリアは揉みくちゃになって「見える・見えない」どころの騒ぎではないので(笑) これで良かったのではないかと。

■メンバー達のSNSから拝借
20180318_02.jpg
20180318_03.jpg
20180318_04.jpg

エモかった!!

20180318_05.jpg
20180318_06.jpg

このような”格好良いサイサイ”だけではなく、ツアーでは恒例の「サイサイコーナー」(ミニゲーム&罰ゲーム)があったり、セットリスト中盤には『AKANE』などバラード曲を中心としたしっとりとした展開もあり、バラエティ豊かで楽しめた。

この日、新曲の『天下一品のテーマ』(CMソング)が初めて披露された。

すぅ:途中で「ラッシャイ!」と叫ぶところがあるのだけど、皆なんとなく”このタイミングだ!”というところで叫んで(観客w

超適当で笑ったw

翌日0時配信の未発表曲ということもあり、皆戸惑いつつも楽しんでいる会場の雰囲気が面白かったw

セットリストに関しては、LIVEでは定番のメジャーデビューシングル『Sweet Pop!』が入っていなかったのには驚いた。

もっぱら最近のツアーの定番ソングといえば『ビーサン』 『ぐるぐるWonderland』 『DanceMusiQ』あたりになるのかなー。
『ビーサン』と『ぐるぐるWonderland』はアンコールで演奏されたのだけど、今回のツアーではセットリストをガラッと入れ替えて最後まで既存の定番曲を演奏しないのかと思ってしまった。。。

■終演後に出口で配布されたメンバーのメッセージカード
20180318_07.jpg
20180318_08.jpg

■大杉蓮さん出演PV 『AKANE』


Posted by りすお [RIS-O] on 18.2018   0 trackback

MARQUEE祭 Vol.10

Category : LIVE
MARQUEE祭(マーキー祭) Vol.10に行ってきました(*・∀・)ノ

チケット価格は3500円とリーズナブルながら出演アイドルのラインナップがなかなか豪華。

■出演アイドル(順不同)
Needs
monogatari
uijin
アキシブproject
ナナランド
煌めき☆アンフォレント
フィロソフィーのダンス
CY8ER
天晴れ!原宿
つばきファクトリー
はちみつロケット
ONEPIXCEL
虹のコンキスタドール
26時のマスカレイド
まねきケチャ
夢みるアドレセンス


個人的にはmonogatariと夢アド(夢みるアドレセンス)を見に行っていたのだけれども…

monogatariの出演時間 15:50~16:10
夢アドの出演時間 21:25~21:55

時間空きすぎ問題(`・ω・´)

会場はSHIBUYA O-EAST

過去のマーキー祭はO-EASTと比較してキャパの小さいO-WESTで行われていたのだけれども、チケットが完売することが多く、どうやらO-EASTクラスでも赤字にならないとようやく悟ったらしい。

そんなこんなで今回は初のO-EASTだったのだけれども、平日のフェス(?)であるにも関わらずチケットは完売







monogatariがパフォーマンスする時間帯は会場内ガラガラだろう・・・と思っていたのだけれども、
この時間帯で既に会場の7~8割くらいは埋まっていたような気がする(笑)

monogatariは相変わらずのノンストップライブで、20分間はあっという間に過ぎ去っていった。

大きなハコでのびのびとパフォーマンスする彼女達を見られたのは良かったけれども、やっぱり20分だと物足りないな(´・ω・`)

■特典会
モノガ目当てにマーキー祭に来ていた人は少なかったらしく、(そもそもド平日の昼間だし…)
今日は無料握手会も実施された。

30人くらいしか並んでいなかったようなヽ(´ー`)ノ

そんなこんなで今日の無料握手会はややゆったりとした感じで、各メンバーと一言ずつ会話できる感じで丁度良かった。

monogatari単独の定期公演の握手会の方が超高速って絶対おかしい…。
まぁ対バンやフェスにフラッと遊びに来ているご新規さんを呼び込みたいからだろうけれど。

途中、ラーメンを食べに一旦会場を離脱したけれども、なんだかんだで出演アイドルの7割くらいは見たと思う。

それぞれ個性があって面白かったのだけれども、個人的にはやはり沸き系アイドルよりも楽曲派()アイドルやダンサブルでカッコイイ系統のアイドルが好きみたい。

ちなみに客席の様子は…







スタッフ数人に羽交い絞めにされても暴れ続ける厄介ヲタとか、警察沙汰になる喧嘩(?)もあったり、まるで動物園みたいだったw

■なぜかヤンキー感溢れる夢アド


この日のヘッドライナーを務めた夢アド。

夢アドの直前に出演したアイドルが日本武道館公演が決定している勢いのある「まねきケチャ」だったこともあって、観客数は結構減ってしまっていたのだけれども、それでも前方エリアは盛り上がっていたし楽しかったな~ヽ(´ー`)ノ

新曲『桜』では京佳ちゃんの煽りが絶好調。

『みんな回れええええ!!』とサビ前に叫び、ヲタクが呼応するように中央でサークルを作っていた。

駄菓子菓子!!

マーキー祭でサークルモッシュは禁止事項だったのか、スタッフに数人連れていかれていた。。。

いやいやどんなトラップなのコレ…w



Posted by りすお [RIS-O] on 08.2018   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend