sora tob sakana presents 天体の音楽会 Vol.2

Category : LIVE
sora tob sakana presents 天体の音楽会 Vol.2に行ってきました(*・∀・)ノ

20190217_01.jpg
会場はZepp Tokyo

最近はZepp DiverCity Tokyoに行くことが多かったから、コチラの会場は久しぶり。

20190217_02.jpg

天体の音楽会はオサカナ(sora tob sakana)主催のフェスで、昨年Vol.1が行われたのだけれども、別のLIVEとかぶっていて行けなかったので今年が初参戦だった。

20190217_03.jpg

なんといっても今日の目的はsora tob sakanaバンドセットLIVE!! (いわゆる生バンドLIVE)

ポストロックの独自路線を追求するオサカナの真価が発揮されるのはバンドLIVEだと思ってる。

以前、恵比寿リキッドルームで披露された全編バンドセットのワンマンライブは、その年に行われたアイドル系LIVEの中で一番のお気に入りになった。



今日のLIVEはフェス形式で複数のアーティストが出演していたこともあって、オサカナの持ち時間はわずか40分だったけれど、それでも行って良かったと思えるLIVEだった。

これだけのバンドメンバーを集めるのは大変だと思うけれど、オサカナは今後バンドセットLIVEを増やして行って欲しいな…と思った。



Posted by りすお [RIS-O] on 17.2019   0 trackback

26時のマスカレイド ニジマスカルチャーズライブ Vol.13

Category : LIVE
26時のマスカレイド ニジマスカルチャーズライブ Vol.13に行ってきました(*・∀・)ノ

20190213_01.jpg

当初自分としては全く興味が無いアイドルユニットだったのだけど、ここ半年くらいフォロワーさんが話題にしていてツイッターのTLでも結構流れてきていたこともあり、『カルチャーズ劇場なら座りでじっくりLIVE観られるし行ってみるか』ということで。

AKIBAカルチャーズ劇場内は超満員。

ここ何か月かの定期公演は全てSOLD OUTしているそうだ。

自分が思っていたよりも相当人気あるらしい。

平日のカルチャーズ劇場が満員で落選者が出ているとは…
かつての夢アドを思い出すなー。

それにしても若いファンが多いな。。。
それに女子の数もなかなか。

地下アイドルでこれだけ若いファンが多いのはかなり珍しいよーな。(夏にはメジャーデビューするけれど)

ニジマス(26時のマスカレイド)はSILENT SIRENのサウンドプロデュースをしているナオキャンが複数の楽曲を提供していることもあり、自分との親和性は高かった。衣装を文化服装学院が作っていたりするところもサイサイと類似点は多い。

楽曲は耳馴染みの良い曲が多く、普通に良い曲が多いと思う。

MCもメンバー同士のツッコミがあったり、森みはるさんの「ヲタク(ファン)のモノマネ」などが非常に面白かった。

ビジュアルレベルは地下アイドルとしては高い方だと思う。

『ふーん、最近の若い男子はこういう感じの子達が好きなのかー』なんて思いながら観ていた。



特にセンターの来栖りんちゃんの人気が凄いらしい。

ヤングジャンプの表紙&グラビアを飾ったり、サンジャポにソロで出演したりしていて”時代が来てる”感じがするね。

こういう右肩上がりのアイドルを推していると楽しいんだよね。
うんうん、分かる、分かるよその気持ち(何目線)

■重大発表


AKIBAカルチャーズ劇場の定期公演で落選する人が出てきたこともあり、4月から手狭になったカルチャーズ劇場を飛び出して白銀高輪セレネb2で定期公演を行うとのこと。

■10秒間の写メタイム
20190213_02.jpg

白銀高輪セレネb2は駅からそれなりに距離があるし、オールスタンディングの会場ということもあって、そこまでのモチベが無い自分としては白銀高輪に移ったらもう観に行くことはないだろうなぁという感じ。平日でスーツ参戦の自分としてはカルチャーズ劇場でじっくり観たいんだよね。

いずれにしてもメジャーデビュー以降、どの程度ブレイクするのか楽しみなユニットでもある。

妄想キャリブレーションのように、レーベルに移行によって強制的に路線変更を迫られて、LIVEで盛り上がるのはインディーズ時代の曲ばかり…みたいなことにならなければ良いけれど。。。

Posted by りすお [RIS-O] on 13.2019   0 trackback

SILENT SIREN WINTER SPECIAL LIVE 2019 〜もういくつ寝るとバレンタイン〜

Category : LIVE
SILENT SIREN WINTER SPECIAL LIVE 2019 〜もういくつ寝るとバレンタイン〜に行ってきました(*・∀・)ノ

20190207_01.jpg
会場は渋谷のTSUTAYA O-EAST

20190207_02.jpg

サイサイ(SILENT SIREN) 2019年初のワンマンライブ!!

会場付近には入場待ちをしているピンク色のTシャツ姿の男女が溢れかえっていた。

20190207_03.jpg
20190207_04.jpg

仕事の都合で昨年末横浜で行われた大規模ワンマンライブには参戦出来なかったので、個人的には久々のサイサイのライブだった。まさか12月30日まで働かされるとは…。

昨年のサイサイフェス(サイサイ主催のフェス)で行われたバンドコンテストで優勝したwhite wavesがオープニングアクトで登場
バンド結成して1年しか経過していないと言っていたけれど、演奏上手過ぎないか!?
5曲ほど披露した後、いよいよサイサイが登場!!

20190207_05.jpg

…と思いきや!?

中央のスクリーンに映し出されたバレンタインライブ用の特別映像。

女子高の制服姿に身を包んだサイサイメンバーの4人の小芝居が繰り広げられる(笑)
サイサイファミリー(ファン)の女の子達から『可愛い~♪』という黄色い声が上がっていた。

映像の後、バレンタインライブ用に特別に制作されたピンク色の衣装に身を包んだサイサイメンバーが登場!
後のMCでネタばらししていたのだけれども、この衣装は既存の衣装をリメイクして作られた衣装だったらしい。

あいにゃん(山内あいな)『昔の衣装…とっても苦しいです』 (観客www

前述したように本日の会場はTUTAYA O-EASTで、サイサイの首都圏ワンマンライブとしては比較的小規模な会場である。
よって、あくまで今日のLIVEは演奏重視なのかと思ったら照明効果とかVJが凄くてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

自分が昨年参加した豊洲PITのツアーファイナルと同等か、それ以上の派手さがあったかも…。

カメラ台数も普段よりも多く、マルチアングルで鑑賞できるdocomoの「新体感LIVE」という実験的な試みもなされていたようだ。

本日はバレンタインライブということで、各パートで必ず『LOVE』がタイトルに含まれる曲を演奏していたとのこと。
『今日のセットリストはかなり力を入れて練ってきたんだよ』と、複数のメンバーが口にしていた。

「『Love Install』なんか久々にやったよね」とあいにゃんが口にしていたけれど、年末のLIVE行けなかった自分としては比較的記憶に新しい曲なんですけども…ヽ(´ー`)ノ

『LOVE FIGHTER』は確かに久々だった気がする。

そして、何より驚いたのはインディーズ時代によく演奏していた『LOVEのしるし』がこのタイミングで披露されたこと!
ゆかるんの可愛い振り付けも見られたし、なんだかほっこりしたわ~ヽ(´ー`)ノ

そのままメジャー2ndシングル『Stella☆』が演奏されたことにも驚いたよね。

TSUTAYA O-EASTの会場内はパンパンに膨れ上がっていて、『爽快ロック』が来たときは圧縮・モッシュが発生するかな?と思ったものの、皆その場からほとんど動かずに女の子達が潰されることもなく平和なLIVEだった。
今日はFCに入会していたファンクラブメンバーで客席エリアがほぼ埋まっていたのだろうか…?

最近のサイサイのLIVEは横浜ベイホール程度の規模のライブハウスでも圧縮・モッシュが発生するから、今日のLIVEは逆に意外な感じだった。




平成31年3月13日にリリースされるサイサイのニューアルバム『31313』(サイサイサン)

そのニューアルバムから『無重力ダンス』、そして本日初披露のリード曲『恋のエスパー』が演奏された。

ゆかるん(黒坂優香子):これからやる新曲の『無重力ダンス』の振り付け動画を公式にUPしたんですけど、動画見た人ー!

多数のファン:はーい!(手を挙げる)

ゆかるん:もう踊れるという人ー!

ファン:・・・はーい! (ごく少数人が手を挙げる)

ゆかるん:えっ?少なくない?(゚Д゚ ) みんな動画見たのに!?(観客www

この流れサイコーに面白かったヽ(´ー`)ノ



黒坂さん、この振り付けは難易度高めです。。。(笑)

20190207_06.jpg
20190207_07.jpg

いやぁ、しかし間近で見たゆかるんはホント可愛かったなぁ(´∀`*)

オールスタンディングのライブは全席指定のホールライブと違ってずっと立ちっぱなしだし、暑いし、時には圧縮されたり押されたりしてオジサンにはキツい面もあるけれど、ホールライブでは味わえない臨場感と距離感を味わえるのが良いね。

ロングヘアがトレードマークだったひなさん(Drums)が髪をバッサリ切っていて、今の髪の長さになってからLIVEを見るのは初めてだったけれど、シビれるくらい格好良かった。 ドラムを叩くときに髪を振り乱す姿がメチャメチャROCKだった。
個人的には以前のロングヘアよりも今のセミロングの方が好き。

新曲『恋のエスパー』はキュートな仕上がりになっていて、”甘さ”で言えば『ぐるぐるWonderland』に迫る勢いの曲調だった。
ゆかるんの『エスパー!!』という掛け声が随所に入る、ガールズバンドならではの楽曲といえるだろう。
ぶっちゃけニジマス(26時のマスカレイド)の曲よりも、サイサイの『恋のエスパー』の方がアイドルソングっぽいかも。。。(笑)
※サイサイのほぼすべての曲を作曲しているナオキャンは、ニジマスへの楽曲提供も行っている

アンコールを含め全19曲。

後で振り返ってこんなにボリュームがあったのか・・・と思えるほど、あっという間に終わってしまった。

仕事が立て込んでいたこともあり、正直平日のLIVEは面倒くさいなぁ…なんて思っていたのだけれども、そんなモヤモヤが全て吹っ飛んでしまうような楽しいLIVEだった。やっぱり生歌+バンド演奏によるLIVEはサイコー!



Posted by りすお [RIS-O] on 07.2019   0 trackback

モノガ 定期公演出張拡大版 ~monogatari 1周年記念LIVE~

Category : LIVE
モノガ 定期公演出張拡大版 ~monogatari 1周年記念LIVE~に行ってきました(*・∀・)ノ

たまにイベントに付き合ってもらっている知人を誘ったら、夜勤明けであるにも関わらず快諾してくれたので2人で参戦!

…と思っていたのだけど、いざ会場に着いたら夢アド界隈の人達がいっぱいいたヽ(´ー`)ノ

20190118_01.jpg

会場は新宿ReNY
キャパ800人の中規模ライブハウス。

あれ? 新宿ReNYってどこだっけ…

昔コマ劇場があったところ? いや、あれは新宿BLAZEか。

危うく間違えるところだった(汗

20190118_03.jpg

会場ロビーに飾られていたスタンド花はファン一同から、そして事務所の取締役?からの2つのみだった。

今回のワンマンライブはあくまで定期公演の拡大版だから、あまり大々的に広報しなかったのかな。
もしくはまだメジャーデビューしていないから、携わるスタッフ・関係者の数が圧倒的に少ないのだろうか。

2Fの関係者席にアイドルっぽい女の子(1人)とマネージャらしき人が座っていたけれど、そもそも関係者自体が少なかったような。

今日の公演は”無料”ということもあり、チケットは事前販売されておらず夕方から入場整理券がランダムで配布された。
かなり最初の方に引き換えたにも関わらず、3桁(100番台後半)という微妙な番号だった。

その後、誘った知人とカフェでマッタリしてから入場待機列に並んだ。

僕達が会場内に入ってからしばらくしても、会場内はガラ空き…とはいかないまでも3割強は空いていて、『あれ? モノガの人気落ちたのかな…』と危惧していたのだけれども、開演まで残り15分くらいになってからドドっと人が増えて、会場内は超満員に。





結果的に入場規制がかかっていたようだ。

無料公演とはいえ、平日の夜にキャパ800人埋められるのはなかなか凄いことじゃないかと。

個人的にはもう無料公演は止めた方がいいと思ってる。(客層がガラ悪くなるし…)
ファン層を広げたいならば無料で釣るんじゃなくて、フェスに出て魅力的なパフォーマンスを披露して、いわゆる「世間に見つかる」状態を目指すべきであって…いや、うるさい評論家みたいだから止めておこう。



■19時15分
ほぼ定刻通りに開演。

衣装は『もう1回君に好きと言えない』のワンピース姿だった。

20190118_06.jpg

本日のワンマンライブ、「定期公演出張拡大版」と謳っていたのは決して間違いではなく、
セットリストを含め本当に定期公演だった(笑)

(歌わない)ダンスパートがある訳でもなく、何か新しい事に挑戦するわけでもなく、ノンストップライブが続いていく。

しかし、変な小細工をして空気をしらけさせるより、観客を熱狂の渦に巻き込んでいく気合いに満ちたノンストップライブで逆に良かった気がする。

20190118_04.jpg
20190118_05.jpg

もちろん中野坂上のS.U.B Tokyoで毎週水曜日に行われている定期公演に比べれば、照明の数やレーザーを使った演出などで圧倒的に今日のLIVEの方が豪華で見応えがあったけどね。



■アンコール
アンコールは「モノガ」コール

今日の公演はここからが本番!?

新衣装に着替えたメンバー達がステージ上にすっと現れて、そのまま初披露の新曲パフォーマンス!

曲調はロックで、テンポも『もう1回君に好きと言えない』に近い感じだったので、ひょっとしてまた松隈ケンタプロデュースか?と思ったのだけれども、どうやら違ったらしい。

基本的には『もう1回君に好きと言えない』路線なのだけど、メロディとか曲の雰囲気がもっと明るくて前向きな感じだった。

歌詞は全然記憶していなかったのだけれども、これでメッチャ暗い歌詞だったらごめんなさい。。。(笑)

『年齢を重ねるにつれ、衣装の布面積が増えていく残念なグループ』と一部のファンから揶揄されていたmonogatariだが、新曲の衣装は以前より露出が増えたものの、決していやらしい感じではなく女子にも受け入れられそうな感じ。

20190118_07.jpg

原宿物語時代からずっと踏襲されてきたメンバーカラーは見当たらず、全員が深紅の衣装を身に纏っていてかなり目立つ。
メンバーそれぞれ衣装デザインや素材が異なるものの、色が同じということもあって統一感があって良いと思う。

20190118_08.jpg

待望の新曲のタイトルは『my way』

発売日は来月2月26日とのこと。

うっ、予想よりかなり早い(汗

これから地獄の集金イベントが始まるのか←

発売日が割と直近ということもあってか、次に行われるCDリリースイベントは「プチリリースイベント」になるとのこと。

20190118_09.jpg

前回シングルのリリースイベントは、メンバーもヲタクもぶっ倒れそうな日程だったけれど(笑)
今回はどうなるのだろうか。。。

更に! 日本各地を周る全国ツアーに台湾公演を加えたアジアツアーを開催するというサプライズ発表があった。
次のツアーは無料ではないものの、1000円という超リーズナブルな価格設定。

夢アド界隈の人達は遠征大好きマンが多いから、きっと台湾にも行くんだろうな ⊂(・ω・ )⊃≡3



なにはともあれ1周年記念公演が無事に終了してなにより。

誘った知人も『無料にしてはクオリティもボリュームも十分過ぎる』と満足してくれていたし、良かった良かった。

過去に何度かモノガの無銭イベントに誘っていたせいか、なんとなく曲を覚えていたようで『もう耳馴染みの曲ばかりだった』と言っていてウケた。

Dさんがライブの打ち上げに誘ってくれたのだけど、今日は夢アドやモノガ界隈に全くと言っていいほど関係のない知人を誘っていたこともあり参加できずに申し訳ない。また次の機会に誘ってください。

Posted by りすお [RIS-O] on 18.2019   0 trackback

転校少女 StarLightTour ツアーファイナル ヒューリックホール東京

Category : LIVE
転校少女 StarLightTour ツアーファイナル ヒューリックホール東京に行ってきました(*・∀・)ノ

ヒューリックホール東京

あまり聞きなれないホールだけれども、先日prediaのツアーファイナルで初めて行ってきた。

有楽町駅から近くてアクセスが良いし、傾斜のあるホールということでどこからでもそれなりに見やすいので個人的には結構好き。

ちなみに現在の有楽町駅前。

20190114_01.jpg
20190114_02.jpg

こんな感じでイルミネーションとネオンに彩られていた。
昔はもっと殺風景な街だったような…?

20190114_03.jpg

ヒューリックホール東京 会場入り口付近。
転校少女ツアーファイナルと表示されていた。

新木場のStudio Coastみたい。

20190114_04.jpg
20190114_05.jpg
20190114_06.jpg

AKIBAカルチャーズ劇場の転校少女定期公演は何度か観に行っていたものの、こうしたワンマンライブに参戦するのは初めて。

なぜ今回ワンマンに参戦したのか?と言うと…




「しおまる」こと塩川莉世ちゃんが可愛いから(´∀`*)

…ではなく。

先日のヤナミューのLIVEに引き続き、転校少女ツアーファイナルもバンド編成LIVEだからなのだ。

20190114_07.jpg

やっぱりバンドの生音は盛り上がるわ~ヽ(´ー`)ノ

それにしても転校少女のメンバーは歌が上手い。

生歌でこれだけ歌えるアイドルユニットってなかなか無いんじゃないだろうか。

特に若手メンバーの塩川莉世の歌声・高音の伸びが凄かった。

天は二物を与えず…なんて言うけれど、これだけ歌えてしかも可愛いなんて二物を与えてるじゃないか。。。



この動画は撮影のために真ん中にギュッと寄っているけれど、実際の会場はもっと埋まっていた。

アルバム『Starlight』しか聴いていなかったから、結構知らない曲があったなぁ。

どなたか昔の曲持っている人がいたら譲ってください。。。




Posted by りすお [RIS-O] on 14.2019   0 trackback

sora tob sakana定期公演~月面の遊覧船~57匹目

Category : LIVE
sora tob sakana定期公演~月面の遊覧船~57匹目に行ってきました(*・∀・)ノ

sora tob sakana通称「オサカナ」の定期公演に3億年ぶりくらいに参加。

以前は恵比寿Creatoで定期公演を行っていたような気がしたけれど、人気が出るにつれ会場が大きくなったのだろうか。

でもメンバーがMCで『普段とは違う大きな会場で…』と発言していたから、やっぱり今日が特別なのか。

この日のチケットは公演日ギリギリのタイミングで購入したけれど、整理番号は200番台だったこともあって白銀高輪selene b2クラスなら結構空いているだろうなーと思っていたのだけれども、開演直後に会場入りしたら後ろの方まで人がいっぱいだった。

えっ、休日とはいえ真昼間からこんなに集まってるの…(汗

改めてオサカナの人気ぶりに驚いた。

後方だったので見づらかったけれど、selene b2は比較的ステージが高いので何とかメンバーの上半身&ダンスは見ることが出来た。そもそも遅刻しなきゃいい話なんだけど…この手のライブハウスで100番台以降はあまり人権が無いから。。。

この日は3月発売のメジャー1stアルバムから新曲『knock!knock!』が披露された。

相変わらずゴリゴリのポストロック路線でイイ感じ。

オサカナはメジャーデビューしても路線がブレないところがイイよね。
プロデューサー/コンポーザーが変わらなかったことが功を奏していると思う。

妄○キャリブレーションとかメジャーデビュー以降、ユニットの良さを潰されて見るに堪えなかったし…。
大手資本が入ったからといって必ずしも成功しないのがアイドル業界の難しい所。

MCは以前の危なっかしい感じはかなり薄れてきたけれど、マイペースさは相変わらずで、微妙な間とか他のアイドルとは一線を画すオモシロMCは健在でなんだか安心した。

昨日のヤナミューに引き続き、オサカナはあくまでLIVE(音楽)を楽しみにしているので、接触(特典会)は参加せず帰宅。

これでも満足度は十分に高かったので、やっぱり自分はLIVEが好きなんだなーと思えた日だった。


Posted by りすお [RIS-O] on 13.2019   0 trackback

ヤなことそっとミュート 3rd oneman live ”THE GATE”

Category : LIVE
ヤなことそっとミュート 3rd oneman live ”THE GATE”に行ってきました(*・∀・)ノ

20180112_00.jpg

ヤなことそっとミュート 通称「ヤナミュー」は4人組のアイドルユニットなのだけど…

音楽性がとても高く、どちらかというとアーティスト寄り。

自分のようなROCK好きにはたまらないユニットだと思う。

音楽だけではなく、振り付けも王道アイドルとは一線を画すミュージカル風/バレエ風のダンスも多い。

ワンマンライブに参戦するのは2度目なのだけれども、今回のワンマンライブは全編バンド編成ということで期待していた。

20180112_01.jpg

会場はZepp DiverCity Tokyo

20180112_05.jpg
20180112_06.jpg

この日はあいにく小雪がちらつく天気だったのだけれども、外の寒さを吹き飛ばすくらいアツいLIVEだった。

まずバンド編成が凄まじい。

アイドルのLIVEでトリプルギターって(笑)

CDの音を完全再現…どころか、それ以上の迫力で迫ってきた。

(Drums)リンタロウ氏のドラムセットの周囲はアクリル板で囲まれていて、ドラムの音が他の楽器を邪魔しないよう音響には徹底的にこだわっていたようだった。

もうこれはロックバンドのLIVEだ。間違いない。

20180112_03.jpg

どれだけ録音技術が発達した現代でも、やはり生のバンド演奏は一味も二味も違う。

ズシズシと腹に響くバスドラムの音、乾いたスネアドラムの音はバンド編成ならでは。

それにしてもバンドメンバーの演奏技術が凄すぎて唖然としたわ。。。

ヤナミューのメンバー達も、当初は緊張していたのか声が上ずっていたりしてイマイチだったのだけれども、中盤以降どんどん良くなっていった気がする。

あれだけ踊って生声で唄えるだけでも凄いんだけどね。

「ヤなことそっとミュート」って変なユニット名で(失礼)、正直ちょっと敬遠していたのだけれども、アイドルフェスや対バンでその音楽に触れるにつれ、どんどん気になっていってMVを見てみたらメチャメチャ格好良い音楽をやっていることに気づいた。





ヤナミュー結成当初、運営から『2年でZeppに立ちます』と言われ、メンバー達は『いやいや、そんなことできるわけ…』と思っていたらしいのだけど、本日のLIVEのMCで『ホントに立っちゃいました!』と喜んでいた。



20180112_04.jpg

3枚連続でデジタル配信されていたシングルを収録した『ユモレスキ』も無事GETすることが出来たし、想像の上を行くクオリティの高いLIVEに参戦出来て幸せな日だった。


















Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend