BABYMETAL YUIMETAL脱退で新体制移行へ

Category : Music




なんとなく予想していたのだけれども、ついにこの時が来てしまった…。

今年の海外ツアーでステージ上にYUIMETALの姿が無いことが話題になり、海を越えて日本にまでその話題は伝わってきていた。

ちなみに海外ツアー初日ではYUIMETALが登場しないことに関して何の説明も無かったらしい。

しばらくして、『YUIMETALは現在もBABYMETALのメンバーです』という英語のアナウンスが出たようだけれども、BABYMETALが所属する事務所のアミューズから公式のアナウンスが出ることも無く、その後もYUIMETALの姿が無いまま、SU-METALとMOAMETALの2人体制でツアーは進んでいった。(正確に言えば”神バンド”も随行しているのだが)

■昨年12月の広島凱旋公演を体調不良で欠席
20181019_01.png

昨年12月にSU-METALの地元・広島で行われた日本凱旋公演「LEGEND - S - 洗礼の儀 -」

公演当日、しかも開演直前になってメールが届いたこともあって、ギリギリまで様子を見て休演することを決めたように思えた。

この時は一時的な体調不良だと思っていたのだけれども、事態は僕たちが思っていた以上に深刻だったようだ。

「もう一度ステージに立ちたいという強い思いもありましたが今も体調が万全ではないこと、そして以前からの私の夢、水野由結としての夢に向かって進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました」



BABYMETALを脱退するにあたってYUIMETAL(本名:水野由結)が公表した文章だ。

これを読むにBABYMETALは脱退するものの、完全休養に入る訳ではなく、個人としての夢を追いかけるようだ。

本当に体調不良なのであればゆっくりと静養してほしいと思うし、メンタルから来ているものであればBABYMETAL脱退を機に徐々に良くなっていくのだと考えられる。

いずれにしても本人にBABYMETALを続けていく意欲・気力が無いのであればファンであっても無理強いはできない。

BABYMETALはSU-METALの天才的なボーカルばかりが注目されがちだったけれども、YUIMETALとMOAMETALがシンメトリーで可愛くダンスするからこそ「アイドルとメタルの融合」というコンセプトが体現できていたわけで。。。
それにYUIMETALとMOAMETALの2人曲もあるわけで、今後それはどうなっていくのだろうか。

3人だからこその絶妙なバランスの良さがあったんだけどなぁ…。

自分は数々のアイドルの脱退・解散を見てきたけれど…

『これ以上続けていても意味がない』
『今後このグループが更に上のステージに行ける未来が見えない』

上記のような理由で辞めていくアイドルが大半だったように思えた。
もちろん年齢的な限界というのが一般的な卒業理由であるけれど。

しかし、最近は大ブレイクを果たしたももクロの有安杏果が突然脱退したり、世界規模で活動するまでに成長したBABYMETALからYUIMETALが脱退するなど、必ずしも”ブレイク出来ないから脱退”という図式が成り立たなくなってきた気がする。

思えば、BABYMETALはアイドルの中でもかなり異色で、握手会・写メ会などの接触イベントは一切無し。

それどころかLIVE中のMCコーナーも無し。

最後に『See You~♪』と言うくらいで、個人として発言できるのは雑誌やTVのインタビューなどメディア媒体の取材の時のみだった。

BABYMETALのメンバー3人は、SNSが発達したこのご時世に個人としてのツイッターやインスタグラムを開設することも許されず、事務所の方針によって行動がかなり制限されているように思えた。 (この辺りはBABYMETALの母体である「さくら学院」のスタイルを踏襲しているのかもしれないけど)

一般的なアイドルに比べればLIVE自体は多くなかったものの、海外遠征で慣れない異国の地に行くことも多くなり、それに伴い事務所による英語教育もあったと思われ、多くの時間と行動を事務所によって制限されて様々な犠牲を払ってきたのだろうな…と同情する面も多々ある。

宇多田ヒカルをはじめ、日本でミリオン・ダブルミリオンのセールスを連発したアーティストが海外進出に挑むも、その厚い壁に事度ごとく跳ね返されてきた。そんな中でBABYMETALは若くして世界で最も成功した邦楽アーティストであり、今後の展開を楽しみにしていたのだけど…。

2ndアルバム『METALRESISTACE』発表以降、新曲を出すペースが極端に遅くなり、舞台セットや演出は異なるもののLIVEの内容は変わり映えのしないものばかりになって個人的にモチベが落ちていたところにこのニュース。

自分は2人体制のBABYMETALをまだ見ていないから何とも言えないけれども、今月は久々に日本公演があるわけで、複数人のダンサーを入れている(?)新体制のLIVEを見て、今後の身の振り方を考えようと思う。

Posted by りすお [RIS-O] on 19.2018   0 trackback

YOSHIKI お忍び来日のはずがオーラを隠しきれず激写される

Category : Music

「YOSHIKIのスイッチ切った」大坂と同便帰国9/14(金) 7:41配信 日刊スポーツ

X JAPANのYOSHIKIが13日、都内の日本外国特派員協会で会見を行った。この日早朝ロサンゼルスから帰国。テニスの全米オープンで日本人初の4大大会シングルス女王となった大坂なおみ(20)と同便だったと明かし「驚くほどのカメラマンがいてビックリしました。(自分は)パジャマにジャケットを引っかけた感じでバシッと決めてなかったので、すぐにYOSHIKIのスイッチを切ろうと必死でした」と笑顔。大坂の快挙を「アメイジングな選手!」と称賛した。



20180914_01.jpg
20180914_02.jpg
20180914_03.jpg
20180914_04.jpg
20180914_05.jpg

YOSHIKI曰く、「バシッと決めていない」時の姿がこちら

20180914_06.jpg

早朝に来日したYOSHIKI

20180914_07.jpg

報道陣のカメラを見つけてサッと顔を伏せるYOSHIKI

20180914_08mp.jpg

シルエットからしてカッコイイ

20180914_09.jpg

隠しきれないオーラ

20180914_10.jpg
20180914_11.jpg

オフのときからこんなにカッコイイとは。。。

やっぱりロックスターだなぁと。

自分も細マッチョになりたい(`・ε・!!



昔のYOSHIKIだったら激怒してそうだけど、今では笑い話にして軽く受け流してることに驚く。

渡米して向こうの文化に触れてから頻繁に寄付をするようになったし、マスコミ対応も格段に良くなったと聞く。

人間ここまで変わるんだなぁと。

以前から”凄い人”であることには変わりはないのだけど。
Posted by りすお [RIS-O] on 14.2018   0 trackback

X JAPAN ニューアルバムのレコーディング完了 リリース日は未定

Category : Music

YOSHIKI、X JAPANの新作アルバムと自身の近況を報告「レコーディングは完了しました」

「11月にもライブをやるけれど、それは以前カーネギーホールで演ったようなクラシックなものになる。既存の作曲家、例えばベートーベンやチャイコフスキー、また天皇陛下に奉祝曲として作曲した『Anniversary』、X JAPANの曲も演奏する予定」とライブへの意気込みを見せた。

 それを受けて、「以前ビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティンとクラシカルアルバムを制作したが、今後新たに制作する作る予定はあるのか」と聞かれ、「彼の大ファンなのでとても光栄だった。クラシックのアルバムはいずれは出したいと思っています。ちなみにですが、X JAPANのアルバムのレコーディングは完了しました」とアルバム完成の報告が行われた。

さらに、「今のところ、リリース日は未定なんですが、来週ドイツに行くんだけど、サラ・ブライトマンさんと一曲やらせていただく。実は彼女のニューアルバムに僕の曲を入れてもらっているので」と明かした。

(Real Soundの記事より抜粋)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00010042-realsound-ent



20180913.jpg
YOSHIKI

X JAPANのニューアルバムが遂に完成!!

しかし、リリース日は未定とのこと。。。

こういうことは大々的に発表するものだと思っていたから、記者会見の途中でサラっと発表してしまったことに驚いた。

おそらくリリース日が決まったら、また記者会見を開いて発表するのだと思う。

以前リリースした世界向けのBEST ALBUMのようにDVDもしくはBlu-rayも同梱されそうだから、CDのレコーディングが完了してもリリースにはまだ壁があるかもしれない…。

ちなみにリアルサウンドの記事はやや長めだけれども、よくまとまっていて凄く読みやすかった。

単なる発表だけじゃなく、インタビューの受け答えでYOSHIKIがとても良い事を言っていたから載せておこうと思う。

先日引退した小室哲哉の業績についてと今後への希望は? という最後の質問に対して、「翌日に彼に電話しました。『アーティストが引退するのは死ぬ時なのに、生きてるうちにするなんてないだろ』と思いました。

生きてるうちに何処かで線引きすること必要だと思う人もいるかもしれないけど、どんな仕事だって辛い。

僕も25年前にアメリカに渡って、もう駄目だなと思ったら日本に帰ってこようと思っていたけど、まだ残ってるし、頑張っている。
これは自分だけのためではなく、みんなのためにやっていること。それはバンドであってもジャーナリストであっても変わらないと思う。

いつやめるというのはわからないが、前進し続けるのが人生だと思うし、やめるときは死ぬ時。

はっきりと答えになってるかは分からないが。

もういいや、帰って寝たいと思うけど頑張ってるのは、地図を塗り替えたいと思っているから。







Posted by りすお [RIS-O] on 13.2018   0 trackback

L'Arc~en~Ciel 2年連続東京ドーム公演開催

Category : Music

L’Arc-en-Ciel、12月に東京ドーム2Days“ラルクリ”開催決定

L’Arc-en-Cielが12月19日(水)および20日(木)、<L’Arc-en-Ciel「LIVE 2018 L’ArChristmas」>と題した東京ドーム2Day公演を開催することが発表となった。“L’Arc-en-Cielからのクリスマスプレゼント”をテーマに、“ラルクリ”として届けられる。

20180807_01.jpg

L’Arc-en-Cielのライヴとしては、2017年4月に結成25周年を記念して行われた東京ドーム2Days<L’Arc-en-Ciel「25th L’Anniversary LIVE」>以来、1年8ヵ月ぶり。その前回公演「25th L’Anniversary LIVE」は11万人の動員を記録、申込み総数は60万を超えるプラチナチケットとなった。チケットを入手できなかったファンからの強い要望もあって、今回、2年連続のライヴ開催が実現したものとなる。

前述したように、<L’Arc-en-Ciel「LIVE 2018 L’ArChristmas」>は、結成30周年を目前に控えた彼らからの一足早いクリスマスプレゼントとして届けられる。ライヴ当日は、ここ数年演奏されていないマニアックな楽曲が披露されるのではないかという情報も。いずれにせよ、毎回度肝を抜く演出やサウンドでオーディエンスに多くの驚きと感動をもたらしてきた彼らだけに、“ラルクリ”にてどんなステージをみせてくれるのか期待が高まるところだ。
(BARKSより抜粋)


L'Arc~en~Ciel 2年連続東京ドームLIVE開催\\\\٩( 'ω' )و ////

ボーカルのhydeが『天然記念物並み』と冗談で言うほど、神出鬼没で活動状況が読めないラルク←

記事にある”ここ数年演奏されていないマニアックな楽曲が披露されるのではないか”という期待を持たせる一文が気になる。。。






2017年に行われた東京ドームライブはとにかくチケットが取りづらかった。。。

周囲のファンに聞いてみても誰もチケット余ってなかったからなぁ。(むしろ欲しい人の方が多過ぎだった)

20180807_02.jpg

年末は何かと忙しい時期だけれども、頑張って調整せねば…(`・ω・´)

それ以前にチケット取れるかどうか…。

今回は電子チケットということで転売対策が施されているわけで、分配不可だとしたら知人に頼むことも出来ず自力で当てないと無理!?  とりあえずチケットの販売方法は要注目だな。。。

【参考リンク】
L'Arc~en~Ciel 25th L'Anniversary LIVE 初日

L'Arc~en~Ciel 25th L'Anniversary LIVE 2日目


Posted by りすお [RIS-O] on 07.2018   0 trackback

思わず目を疑った

Category : Music
仕事ツラッ…と感じながらウンウン唸っていたところ、おやつタイムに一通のメールが。

20180801_01.jpg

マジか!!Σ(・ω・ノ)ノ!

伝説のバンドELLEGARDEN(エルレガーデン) 10年ぶりの復活LIVEに参戦できることになるとは。

20180510.jpg

1次先行、2次先行で共にハズレたから、もう絶対に無理だと思っていたのにまさかの一般枠で当選。

スタンドにしちゃったからクソ席確定だけれども、アイドルじゃないから音と現場の空気感を楽しめれば良し!

この日は夏休みに指定しようそうしよう(`・ω・´) <夏休み選択制



Posted by りすお [RIS-O] on 01.2018   0 trackback

サイサイの正式名称は間違われやすい!? ~SILENT SIREN~

Category : Music
昨日・一昨日とサイサイ(SILENT SIREN)のツアーに参戦してきたのだけれども、そのLIVEに訪れていたAKB48のゆきりんこと柏木由紀がバンドの正式名称をことごとく間違えるという心温まるエピソード(?)があったので紹介しておこうかと。















ゆきりんに限らず、SILENT SIRENの表記は間違われることが多い。

SILENT SIRENを英単語レベルで見てみると2文字しか違わないし、普段からよく使う英単語ではないので『どっちがLでどっちがRだったかな?』と思い出せなくなってしまう人も多いのかもしれない。

そもそも、バンドメンバーのお友達なら『サイサイのLIVEに行ってきました~♪』という軽い感じで良いのでは…?

ちなみに自分はいちいち英単語を打つのが面倒なので、「さい」と入力するとSILENT SIRENに変換されるようPC・スマホに変換項目として設定している。

この変換機能はとても役に立つのだけれども、何でもかんでも機械任せにしていると、いざ手書きになったときに「思い出せない」という間抜けな事態に陥ってしまいそうな気もする。。。
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2018   0 trackback

X JAPAN feat. HYDE アニメ『進撃の巨人』で奇跡のコラボが実現

Category : Music

























Posted by りすお [RIS-O] on 09.2018   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend