YOSHIKI 「重大発表」はX JAPANのワンマンライブか

Category : Music


YOSHIKIから重大発表があるという情報を聞きつけ、急遽YOSHIKI CHANNELの緊急配信が決定。スタッフも詳細が一切不明な中、どのような発表があるのだろうか!?

先日パリのイベントにて、世界公開へ向けた本人のドキュメンタリー映像の一部を、サプライズで公開。全貌はまだ明かされていないが、ハリウッドの某大型スタジオと共同で現在撮影進行中だという驚きの新プロジェクトが発表となった。今回は一体どんな発表になるのだろうか。

世界中を股に掛け多数のプロジェクトを進行し超多忙な中、YOSHIKIが語る“重大発表”とは!?



20190730.jpg
X JAPAN

過去の傾向からして、時期的にX JAPANのワンマンライブないしはツアーが発表されそうな気がする。

過去4回のX JAPAN ワンマンライブの時期と発表日を並べてみる。

■X JAPAN Live 日本公演 2018 〜紅に染まった夜〜 Makuhari Messe 3Days (2018/9/28~30)
 2018年8月19日 『YOSHIKI CHANNEL』の放送内でYOSHIKI自らの口から発表

■X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle〜奇跡の夜〜 6DAYS (2018/7/11~17)
 2017年3月発表 ※映画『We Are X』の公開に併せて発表

■X JAPAN JAPAN TOUR 2015 (2015/11/18~12/15)
 2015年8月19日に東京都内で行われた記者会見にて、YOSHIKIの口からDAHLIA TOUR 1995-1996以来、約20年ぶりとなる日本国内・全国アリーナツアーの日程を発表

■X JAPAN LIVE AT YOKOHAMA ARENA (2014/9/30~10/1)
 2014年8月6日、YOSHIKIが自身のTwitter (@YoshikiOfficial)にて、10月11日に開催されるX JAPANのNYマジソンスクエアーガーデン公演の前哨戦として、2014年9月30日に横浜アリーナでライブを行うことを発表した。

過去4回中、3回のX JAPANのワンマンライブ(国内ライブ)が8月に発表されている。

以上のことから、今回のYOSHIKIの重大発表もX JAPANのワンマンライブもしくはツアーの発表なのではないかと思われる。

サプライズでニューアルバムのリリース日発表だったりして…!?

一応レコーディングを含め「アルバムは100%完成している」とのことなので…

X Japan’s long-awaited album is now completed

X Japan’s album is actually completed. It took over 10 years to record, I’m looking for the perfect timing to release it.

■JRN JROCK NEWSより抜粋
https://jrocknews.com/2019/02/x-japans-long-awaited-album-now-completed.html



いずれにしても「重大発表」の中身が気になるところだ。

Posted by りすお [RIS-O] on 30.2019   0 trackback

HYDE 13年ぶりソロアルバム『Anti』リリース

Category : Music
L'Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)のボーカリストHYDE

ソロ活動からVAMPSとしての活動を経て、本日13年ぶりのソロアルバム『Anti』がリリースされた。

20190619.jpg
HYDE

アルバム曲が初めてお披露目されたのはライブツアー『HYDE LIVE 2019』であり、この時はまだ音源リリース前だった。

9年間活動してきたVAMPSの電撃的な活動休止のニュースを経て、再びソロとして走り出したHYDE

この時のLIVEでソロ曲を聴いたときの印象は、個人的にはイマイチだった…。

VAMPSの楽曲と比較して、インパクトに欠けるというか何というか。

このアルバム『Anti』はCDリリース(今日)のおよそ1ヶ月半前、ゴールデンウィークの最中にiTunes等で先行してデジタル配信されていた。自分はデジタル配信のアルバムを購入して先行して聴いていたのだけど、改めて『Anti』を通して聴いてみて…。

VAMPSよりHYDE(ソロ)の方が好きかも。

そう思った。

VAMPSの楽曲もLIVEで盛り上がる名曲揃いだと思うけれど、正直何度も繰り返し聴く曲はそれほど多くなかった。

ただ、今回リリースされた『Anti』は通勤時にヘビロテしているけれど全然飽きてこない。

FCのメルマガやインタビュー記事を読んでいると、VAMPSの活動休止は結構急に決まったようで、本来であれば今年はVAMPS10周年イヤーとしてライブツアーを行う予定だったようだ。(Zepp Tokyo等のライブハウスをVAMPS用に押さえていた)

時間が無い中で揃えた楽曲とは思えないほどクオリティが高い。

LIVE会場にはラルク時代からのファンと思しき30代~40代のファンが多いけれども、どこで知ったのかとても若いファンの姿も結構見かける。

アルバムに収録されているのは”海外への挑戦”を意識した英語詩の楽曲ばかりだけれども、良質な曲が揃っているから幅広い年齢層に聴いて欲しいなぁ。




Posted by りすお [RIS-O] on 19.2019   0 trackback

今と未来によって、過去は変えられる ~HYDEインタビュー~

Category : Music





カッコいいHYDEさんが考えるカッコいい大人とは?

仕事のできる人! 特に男は絶対そうだね。僕からしたら、仕事ができる人は、ルックスに関係なくカッコよく見える。芸能人でもそう。例えば芸人さんなんかは、芸が達者で面白かったら、十分カッコいいでしょ?



社会には、かっこいい人とそうでない人がいる。仕事の現場では、ルックス関係なしに、周囲にちゃんといい影響を与えられる人が圧倒的にカッコいいんだって。



今の人って週休2日もあって文句言ってるじゃない?「働け!」って思う(笑)。それだと好きなものは手に入らない。スポーツ選手が人より努力するから上手になるのと同じ。僕は夢があるから働くし、楽しく遊ぶためにも働く。



僕も学生時代、ひどくいじめられた経験があって、そういう経験って、自分の性格形成にすごく影響するんですよね。でも、今が幸せなのであれば、いじめられた経験も自分にとってよかったかもしれない。僕だって、あの時いじめっ子に出会わなければ、もっと調子に乗って、今とは違う人生になったかもしれない。そう思うと、そのいじめっ子のことはずっと憎んでたけど、『今の自分があるのはあいつのおかげかもな』って思える。



HYDEさん、メチャメチャ良い事を言ってる(涙

僕がHYDEさんを好きなのはビジュアルとか音楽性だけじゃなくて、常にストイックに行動しているところ。

L'Arc~en~Ciel(ラルク)で成功を収め、既に十分なお金と名声を得ているにも関わらず、VAMPSやソロ(HYDE名義)として精力的に活動している。
Zepp TokyoやZepp DiverCity Tokyoを2週間程度借り切って、その内6~7日LIVEするという過酷なLIVEツアーを何年にも渡って行ってこれたのは『夢』があるからなんだよね。

通常、歳をとれば代謝が落ちて太りやすくなるし、内臓が下がってお腹が出てくる訳で。

20190603_01.jpg
VAMPS(左からK.A.Z HYDE)

HYDE、YOSHIKI、GACKTは肉体を鍛え上げてるから全然お腹出ていないし、体型を維持していて素晴らしい。

20190603_02.jpg

一昨年かな? L'Arc~en~Ciel東京ドームLIVEの時のMCで、バンドメンバーに対して『よくみんなハゲなかったよね(笑)』と言って観客を笑わせていたけれど、これ冗談じゃなくて本気で凄いと思ってる。

ハゲの原因は特定されていないし、遺伝的要因が大きいともいわれているけれど、定期的に運動している人や体型維持に努めている人にはハゲが少ない気がするんだよね。

もちろん有名プロスポーツプレイヤーや映画俳優にはハゲていてもカッコイイ人もいるけれど(笑)

それはさておき…。

学生時代にいじめに遭って、『自分は負け組なんだ』と不貞腐れながら生きている人って結構いると思うんだけれども、そんな人たちにも希望を与える記事になっていて素敵だから是非読んでいただきたい。

■『過去は変えられる』幾つになってもカッコいい!HYDEさんが実践してきた5か条
https://www.vivi.tv/post27341/


20190603_03.jpg


Posted by りすお [RIS-O] on 03.2019   0 trackback

ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wirelessが凄かった

Category : Music
音質にはそこそここだわる派なので、普段は有線イヤホンを使用することが多いワタクシ。

一時期、SONYのネックバンド(肩掛け)型ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X(約3万円)を使っていたのだけれども、自分の不注意で壊してしまったので、丁度良い機会だと思って完全ワイヤレスイヤホン(TWS)のWF-1000Xを購入してみたところ…

これが結構ガッカリな音質だったので、数日で手放してしまった。

天下のSONYでこの音質なら、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)の技術はまだまだだな…と半ば諦めていたのだけれども、2018年末に発売されたゼンハイザー(Sennheiser)社製のTWSの評判がしこたま良かったので、約3万円と高額ながら半ばバクチ気味に購入してみた。

20190408_01.jpg
外箱兼充電器

20190408_02.jpg

20190408_03.jpg

凄い…凄いぞゼンハイザー!!

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)とは思えない音質だった。

もちろん普段使っている有線イヤホンSONYのXBA-N3には適わないけれども、高音から低音まで割としっかり鳴らしてくれる。低音だけ妙に強調されているような変な味付けもされていないし、Bluetooth(無線)接続ながら音が途切れることなくイイ感じ。

体感的には1万5000円くらいの有線イヤホンで音楽を聴いている感じ。

街中や電車でApple社のAirPodsで音楽を聴いている人が徐々に増え始めたのを見た時は近未来感を覚えたのだけれども、ようやく自分もその仲間に入れた感じがする。

この手のTWSはバッテリーがあまり持たない等の問題はあるけれど、技術がそのうち諸々の問題を解決してくれるだろう。

例えば将来ペアリングした音楽プレーヤーから電波を通じてバッテリー稼働するTWSが主流になるとか。
それがBluetooth規格なのか別の規格なのかは分からないけれど。

皆が通勤・通学で使用しているSuica、PASMOのような非接触型ICカードなんかもパッシブ型で、それ自体にはバッテリーを搭載していないのだけれども、NFC(Near Field Communication)によって改札機から電流を受信してICカードの中身を読み取れるようになっている訳で、こういう技術を応用して行けば、そのうちバッテリーを内蔵していないTWSなんかが出来たりするのかも。

【参考リンク】
NFC(Near Field Communication)
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/25/news054.html
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2019   0 trackback

Janne Da Arc解散

Category : Music



X JAPAN、L'Arc~en~Cielと並んで好きだったビジュアル系バンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)が解散とのこと。

ファン層が若くて(自分の年齢から)あまりにかけ離れていたので、LIVE自体はさほど参戦できなかったのだけれども、カラオケではよく歌っていたなぁ。

メジャーデビューシングル『RED ZONE』の時からファンで、演奏は激しいのにメロディはキャッチーで、V系では珍しいほど耳馴染みが良くてメジャーデビュー当初からバリバリメジャー感があった。

もちろんVocalであるyasuの歌唱力が際立っていたことは間違いないのだけれども、ギターを唸らせるV系バンドにしては珍しくキーボーディスト(kiyo)が居たお陰で、他のバンドとは異なる音作りになっていて凄く個性的だった。



メジャーデビューシングル『RED ZONE』、そして2ndシングルの『Lunatic Gate』まではPVの作りはメチャメチャビジュアル系で、それはそれで好きだったのだけれども、中期~後期にかけてはイイ感じに肩の力が抜けて、ストーリー仕立ての面白いMVもあったりしてどんどん親近感が沸いて行った。

PVでは『霞みゆく空、背にして』が好きだったな~。
探したけれどもYouTubeにはPVがUPされていないみたい…残念。

前のブログには参戦日記があると思うけれど、「さいたまスーパーアリーナ」の大規模ワンマンライブ。
それに加えて『男尻Night』と称された”男性限定LIVE"に参戦して記憶がある。

特に『男尻Night』はライブハウスだったので、間近で演奏が聴けて興奮したな~ヽ(´ー`)ノ

メンバーが全員存命していたこともあり(ここ重要) ひそかに復活を期待していたバンドだっただけにこういう終わり方は残念。

X JAPANにおいては1997年にToshlがああいう形で脱退して、その後ギタリストのhideが他界。。。

もう絶対にLIVEは見られないだろうと腹を括っていたのだけど、2008年にまさかの再結成LIVEで復活。

ホント、世の中何が起こるか分からないなぁ。

療養中で音楽活動を休止しているyasuの状況に加えて、ka-yuの不祥事(裁判沙汰)&脱退がとどめを刺した格好になったけれど、例え4人になっても”けじめ”としてラストライブはやって欲しかった…。
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2019   0 trackback

スケジュール調整失敗

Category : Music
元々今日は祝日出勤の予定で、それはかなり前から決まっていたから残業三昧の日々を頑張っていたのだけれども…

本当なら15時には終わっている仕事が、色々予期せぬトラブルが生じて終わったのが21時30分過ぎに。。。

20190321.jpg

やってしまった…。

結果的にサイサイのツアー初日公演に参戦できなかった(泣

アルバム発売記念のリリースイベントには何度か足を運ぶことが出来たけれど、僕はLIVEに参戦したかった。

年末年始と年度末の時期は自分の仕事のピークが来るタイミングだから仕方ないか。

このままだと単なる特典会大好きマンになってしまいそうで怖いわ~。
Posted by りすお [RIS-O] on 21.2019   0 trackback

SILENT SIREN ニューアルバム 『31313』 発売記念イベント at イオンレイクタウン

Category : Music
SILENT SIREN ニューアルバム 『31313』 発売記念イベントに行ってきました(*・∀・)ノ

会場は越谷のイオンレイクタウンmori 1F木の広場

イオンレイクタウンmoriといえばサイサイのリリイベ会場としては定番だったりする。

雨風に晒されない屋内の会場、かつ吹き抜けになっているから2F~3Fからもイベント観覧が可能という素晴らしい場所。

駄菓子菓子!!

イオンレイクタウンmori 1F木の広場は「イオンレイクタウン駅」から最も遠い場所にあるので、レイクタウン内を10分程度歩かなければ辿り着けないという…(イオンモール広すぎ(笑))

アルバム発売前から続いて来たリリイベも本日が最終日。

最後くらい参加しておかないとね\\\\٩( 'ω' )و ////

日曜日のイオンレイクタウンは凄まじい混雑で、これだけの広さがあるのにどこもかしこも人、人、人だった。

ここは1日居ても飽きないなぁ。

むしろ1日じゃ店舗周りきれないかも。

20190317_01.jpg

そんなこんなで今日のリリイベは過去最高と言っても良いほどの観覧人数だったと思う。

20190317_02.jpg

特典会も長蛇の列になっていて驚いた。

カウントダウンイベントの時の4~5倍の長さだったかも…w

今日はリリイベ最終日ということで写メ会・サイン会の両方に参加した。

わずかな時間だけれども、久しぶりにメンバーの4人とお話出来て良かったヽ(´ー`)ノ

■初回限定盤CD+DVDのジャケットにサイン
20190317_03.jpg

■写メ会 (エスパーポーズ)
20190317_04.jpg

メンバーの皆さん、リリイベ完走お疲れ様。

今週から始まるツアー、そして5月に控えたポピパ(Poppin`Party)との対バンLIVE@メットライフドーム公演も期待してる!!




Posted by りすお [RIS-O] on 17.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend