「本当にやりたいことがあるのならば、時間をかけてもいいから諦めないこと」 ~山本彩インタビュー~

Category : Music

「グループにとって悪影響だった」――山本彩が振り返るNMB48、一人で立ち向かった「恐怖」と「26歳の開花」
12/25(水) 8:30配信Yahoo!ニュース 特集

NMB48を2018年11月に卒業し、現在はシンガー・ソングライターとして歩む山本彩(26)。アイドル時代について「メチャクチャ前向きだったわけではない」と言いながらも、エンターテインメントについての「最高の学び舎」だったと振り返る。自分がいることがNMB48に悪影響だと感じてソロに転向した後は、「元アイドル」の肩書と葛藤しながらも、愚直なまでに音楽と向き合おうとしている。山本が考える夢を諦めない秘訣とは。(取材・文:田口俊輔/撮影:稲垣謙一/Yahoo!ニュース 特集編集部)

やりたいことだけやったって成長しない

「当時は、メチャクチャ前向きだったわけではないんです」

山本彩は、結成から2018年11月に卒業するまでの約8年間のNMB48時代をこう振り返る。握手会やグラビア撮影もするアイドル活動は、山本に必要な経験だったのだろうか。

「でも、やりたいことだけやったって、自分は成長しないと思うんです。最初は不本意だと思っていたものが、周囲の方に評価をしていただくなかで、自分では気が付けなかった武器がみつかるわけで」

(中略)

「ここに来るまで、なんでこんな時間がかかったんだろう?とは思わないですね。どちらかと言えば満を持して!のほうが強いですね」

そう笑いながら語る。どれだけ時間をかけても愚直に夢への道を切り開き続けた山本の歩み方は、セカンドキャリアの構築に悩む同世代に勇気を与えるだろう。

「夢を諦めかけたときに、グループのオーディションを受けました。 正直、目指す夢とのギャップもあり最初は完全な乗り気ではなかった。それでも諦められないものがあったから挑戦して、今があります。もし、本当にやりたいことがあるのならば、時間をかけてもいいから諦めないこと。折れない限り道はつながっていきますから」



Yahoo!ニュースより抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00010000-ytokushu-ent&p=1


一般人の何倍もの濃密な時間を過ごしてきた元NMB48の山本彩さん。

成功者が言うと説得力が凄い。。。

自分も理想の生活を目指して諦めずに頑張ろう。
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2019   0 trackback

YOSHIKI 紅白歌合戦でKISSとコラボ

Category : Music

YOSHIKI、紅白出場が決定 今年はKISSとコラボ「ゴジラを倒した以上のインパクト…」

20191215_01.jpg

 X JAPANのYOSHIKIが、大みそか恒例の『第70回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45 総合)に出場することが15日、都内で行われた会見で発表された。米ハードロックバンド・KISSとのコラボレーションが実現し、今年は「YOSHIKI feat. KISS <YOSHIKISS=ヨシキッス>」としてステージに立つ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000344-oric-ent



ここ数年、何らかの形で紅白歌合戦に出演してきたX JAPANのYOSHIKI

出場者が全員発表されて、『うーん、今年はYOSHIKIの出演は無しか…つまらないなぁ』と思っていたところ、まさかの展開に!!

KISSはYOSHIKIがROCKに傾倒するキッカケとなった偉大なバンドであることはファンの間では有名な話。

紅白歌合戦という最高の音楽番組でコラボとは凄い。

幾多の困難にブチ当たりながらも子供の頃の夢を着実に叶えていくYOSHIKIさん格好良いわぁ~ヽ(´ー`)ノ

僕も理想の生活を目指して頑張ろう(`・ω・´)

20191215_02.jpg
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2019   0 trackback

Symphonic Memories – music from SQUARE ENIX at カルッツかわさき

Category : Music
スクウェア・エニックスのゲーム音楽をオーケストラアレンジで演奏するコンサート
『Symphonic Memories – music from SQUARE ENIX』に行ってきました(*・∀・)ノ

本日、ご招待していただいて参加したコンサートはYoshiki Classical以来のクラシックコンサートだった。

会場である「カルッツかわさき」は初めて行く会場で、駅からやや距離があったものの、奇麗な会場だった。

20191214_02.jpg

コンサートホールの反対側の体育館では、偶然にもコレット運動会(まねきケチャetcが所属する事務所)が行われていて、イベントが終わってぞろそろとヲタクが出てきていた…w

20191214_01.jpg

こちらがホール入り口

20191214_03.jpg
スタンド花

20191214_04.jpg

FINAL FANTASY8、 FINAL FANTASY15、そしてゼノギアスBGMのオーケストラアレンジを堪能。

指揮者は海外の方だった。
ファイナルファンタジーレベルの壮大なRPGになると、ゲーム音楽もワールドワイドなんだなぁと。

自分がプレイしたことがあるのはFINAL FANTASY8のみだったけれど、15の音楽もサウンド・トラックを聴いて知っており、読書時などによくBGMとして流していたこともあって馴染みが深く、オーケストラアレンジの生音で聴いたときは正直鳥肌が立つほど感動した。

ファイナルファンタジーの作曲家として最も有名なのは植松伸夫さんだと思うけれど、個人的にはFF13やFF15みたいなクラシカルな楽曲の方が好みかなー。生粋のゲーマーであるフォロワーさんは『昔のファミコンみたいなピコピコ音や打ち込み系の方が好き』と言っていて、好みは人それぞれだなぁと。

Posted by りすお [RIS-O] on 14.2019   0 trackback

「ラルク解○。」が大喜利状態に

Category : Music

















Posted by りすお [RIS-O] on 01.2019   0 trackback

L'Arc~en~Ciel ARENA TOUR MMXX チケット争奪戦は超激戦の様相に

Category : Music

20191004.png
全12公演















Posted by りすお [RIS-O] on 04.2019   0 trackback

Do As Infinity ニューアルバム

Category : Music
20190925.jpg

Do As Infinityのニューアルバム『Do As Infinity』をGET

ここに来てセルフタイトルのアルバムをリリースする意図とは…!?

昔から曲も歌詞も好きなバンドなんだよね。

再結成後は楽曲提供者やプロデューサーを代えて新作をリリースしてきたけれど、伴ちゃんのボーカルと亮さんのギターが重なると不思議とDoAsサウンドになるという。

アルバムを引っ提げた全国ツアーを行うのかな…?と思ったら、今年はACOUSTIC TOURのみ。

更にはツアーの中に関東が含まれていないという色々謎が残る活動内容。

■参考リンク
Do As Infinity ACOUSTIC TOUR 2019~2020 ~Close To You~

まぁそれだけライブハウスが足りていないということなのかもしれないけれど。

その分、今年は池袋のサンシャイン水族館や押上のコニカミノルタプラネタリウム天空でミニライブを行っているから、そういうイベントに足を運べっていうことなんだろうね。ファンクラブに入っていればファンクラブ限定のLIVEがあるけれど…。

今年のアコースティックライブはこのアルバムの楽曲を披露するのか、それともアルバムを引っ提げたバンド編成のツアーは別に行われるのか気になるところ。



Posted by りすお [RIS-O] on 25.2019   0 trackback

SONY 新ウォークマン NW-A100の気になる仕様

Category : Music
SONYの2019年度新作ウォークマン「NW-A100」が欧州でサクッと発表されていた模様。


ソニーは、ドイツで開催されるIFA 2019に合わせて、ウォークマンの新モデル「NW-A100」シリーズを発表した。16GBストレージ内蔵の「NW-A105」を11月に欧州で発売予定。価格は350ユーロ。
A100最大の特徴は、OSがAndroidベースになった事。これにより、音楽ストリーミングサービスのアプリも利用できるようになった。
底面の端子は従来のWM-PORTからUSB-Cに変更された。
(上記記事から抜粋)



ハイレゾ音源は192kHz/24bitまでのPCMに加えて、DSD 11.2MHzのPCM変換再生も可能。MQA音源の再生にも対応している。また、Bluetoothではハイレゾ相当のデータ量を伝送できるLDACやaptX HDコーデックにも対応する。
https://www.phileweb.com/news/d-av/201909/05/48319.html



2019年度の新作ウォークマンはAndroidベースになり、様々なアプリに対応しているとのこと。

最近流行りのTWS(完全ワイヤレスイヤホン)のサウンドエフェクト調節は、スマホアプリから行われるものがほとんど。
ウォークマンにAndroid OSを搭載したのは時代の流れからして当然だろう。

今年SONYからリリースされたTWS 「WF-1000XM3」は、音質の良さ・強力なノイズキャンセリング機能などが話題を呼び、発売当初から飛ぶように売れてネット通販はおろか大手量販店でも品切れ状態が続いている。

WF-1000XM3はSONYから発売されているにも関わらず、2018年以前のウォークマンとはBluetoothの標準音質(最低音質)であるSBC方式で接続されてしまう事が難点だった。
(ちなみにiPhoneなどで採用されているBluetooth方式はSBCよりも高音質であるAAC方式)

新作ウォークマンはSBC、AACよりも高音質とされるLDACやaptX HDに対応しており、更にはAndroid OS搭載でTWSの調整ができるアプリも使えることから今のところ死角は無い。
音質に関しては実機で聴いてみるまで分からないけれど、過去のウォークマンはiPhone/iPod系DATよりも明らかに高音質なので、今年の新作がそれ以下になるということは無いだろう。

【参考リンク】
aptX Adaptiveは次世代コーデックの主流となるか。Bluetoothコーデック再入門。
https://www.omorodive.com/2018/09/aptx-adaptivebluetoothsbcaptxaptx.html

個人的にスマホと音楽プレーヤーは分けたいタイプなので、「ウォークマン」+「TWSイヤホン」の組合せが出来ればいいなぁと思い、ひそかに今年の新作ウォークマンに期待していた。

その期待に見事にこたえる形で新作ウォークマンが発売されることになる。
今のところA100シリーズは欧州でしか発表されていないが、おそらく日本でも発売されるだろう。

ただ、価格設定が過去のウォークマンより高いのがネック。
欧州でのウォークマンA100の発売価格350ユーロは、本日の為替レート=1ユーロ119円で計算すると約4万円。

過去のウォークマンAシリーズが店頭価格2万円台で発売されていたことを思うとちょっとなぁ…。

実は今使っているTWSに加えてノイズキャンセリング機能があるWF-1000XM3も欲しかったのだけど、対応コーデックがSBCとAACのみなので、ウォークマン側がaptX HDに対応していても宝の持ち腐れというか何というか。

しばらく音楽はiPhoneに入れておいて、通勤時はiPhone + TWSイヤホンの組合せで音楽を聴くことにしよう。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend