夢みるアドレセンス アルバム発売延期に3枚返しだ!ツアー2017 ファイナル at Zepp DiverCity Tokyo

Category : LIVE
夢みるアドレセンス アルバム発売延期に3枚返しだ!ツアー2017に行ってきました(*・∀・)ノ

1月から続いていた東名阪ツアーも本日でツアーファイナル

20170219_00.jpg

会場は都内最大規模のライブハウスZepp DiverCity Tokyo

1年前、夢みるアドレセンスのメンバー"5人"で初めて立った会場である。

2016年夏に行われたTokyo Idol Festivalまでは順風満帆、着実に登り坂を駆け上がってきた夢アドだったが…

メンバーの小林れいが喉の不調により静養するため活動休止
更にもう1人、山田朱莉は規約違反による活動自粛に…。

20170219_11.jpg

5人から3人へ…
単純計算で戦力40%ダウンである。

こんな状況で夢アドは活動できるのか?
活動できたとしても満足なパフォーマンスが出来るのだろうか?

2017年、この巨大な会場に3人で立つことになろうとは、スタッフ、ファン、そしてメンバーを含め誰もが予想していなかったに違いない。

20170219_18.jpg
20170219_19.jpg

実際、1月に緊急リリースされたシングル『恋のエフェクトMAGIC』/『アイドルレース』のリリースイベントでは5人時代の夢アドが頭をよぎって違和感を覚えたし、3人の懸命なパフォーマンスにも関わらず以前のような華やかさは感じられなかった。

1月中旬に行われたツアー初日の大阪、そして翌日の名古屋は手荷物検査が厳重に行われるなどの厳戒態勢が敷かれ、メンバー3人が冒頭で謝罪を行うなど異例のライブとなった。

活動自粛となった山田朱莉はともかく、残りの4人は何も悪いことをしていないはずなのに、どうしてもモチベーションが上がらず大阪公演のチケットは知人に譲ってしまった。

その知人曰く、大阪公演は客席エリア後方がかなりガラガラだったとのこと。

果たして東京公演は…

”残されたメンバーだけではなくファンも試されている”

そんな中で迎えた今日のツアーファイナルだった。

20170219_04.jpg
20170219_05.jpg



ツアーファイナル東京公演はガラガラどころかほぼ満員!

正直言って年末年始の騒動からここまで持ち直すとは思っていなかった。

20170219_20.jpg
20170219_21.jpg
※画像は大阪公演の様子

月イチで行われている定期公演や複数のアイドルが出演する対バンとは異なり、メモリアルなワンマン公演ということで、照明も衣装も豪華で華やかな雰囲気を演出していた。

メンバーが3人になっても寂しい絵にならないように、スタッフ・演出陣が相当に尽力してくれたに違いない。

ツアー初日の大阪公演では想いが溢れてパフォーマンス中に涙を流してしまったメンバーもいたが、今日の3人は満面の笑みを浮かべて観客を盛り上げていて、その表情からは自信すら感じられた。

20170219_12.jpg

『お客さんが全然来てくれないのではないか』
『沢山悲しませてしまったし、見捨てられても仕方がない』

メンバーの胸中にはこうした不安が常に渦巻いていたはずなのに、それを微塵も感じさせないプロフェッショナルに徹していた。

僕が一番驚いたのは今日のLIVEで披露された全ての曲を完全に3人のものにしていたこと。

20170219_16.jpg
20170219_17.jpg

元々5人のために割り振られていた歌割り、ダンスを全て再構築したのである。

今日は3人でのパフォーマンスだったが、以前僕が感じていた違和感は完全に消え失せていた。

左右のお立ち台、そして中央に設けられた花道を効果的に使っていたと思う。

 ステージ上を所狭しと駆け回り観客を盛り上げる荻野可鈴

 ソロパートで目を閉じて歌声に気持ちを乗せる志田友美

 間奏中に観客を煽り、絶叫する京佳
 
『夢アドはここで終わりじゃないし、終わらせない』

そんな強い気持ちが伝わってくるLIVEだった。

多分”エモい”ってこういうことを言うんだろうな…。

MCは必要最小限に抑えられていて、アイドルライブにありがちな長いVTRが挟まれることもない疾走感溢れるLIVEだった。

「夢アドはアイドル界の中でも屈指のビジュアルの良さがある」
「喋りだすと止まらないマシンガントークが面白い」

そんなイメージを抱いていた人も多いと思う。
けれども、今日の3人は可愛さよりもむしろ凛々しさ、格好良さが感じられた。

MCでちょっとおバカなトークをしたり、特典会でメチャメチャイジってくるメンバー達と、今日Zeppのステージに立っていた彼女達は本当に同一人物なのだろうか?と思ってしまうくらい気迫のこもったパフォーマンスだった。

20170219_13.jpg
20170219_14.jpg

東名阪ツアーを3人で決行することを英断した運営、
そして活動続行を願うファン(ユメトモ)の気持ちに彼女たちは見事に応えた。

全国各地、大小問わず様々なアイドルが乱立するアイドル戦国時代。

今日のLIVEで「夢アドはまだまだ戦えるんだ」ということを証明したと思う。

LIVE終演後、会場ロビーで知り合いのユメトモ達と会えたのでそれぞれ感想を聞いてみたのだけれども、皆が口をそろえて『良かった』と言っていた。

そして、地上に出たら数人の女の子達が泣いていたのを目にした。

それだけ感情に訴えるLIVEだったということだろう。

もしくは、メンバー3人がステージから掃けた後に流れた『小林れい復帰Coming Soon』のVTRの影響かもしれない。

3人でもこれだけのパフォーマンスが出来るのに、れいちゃんが復帰した夢アドはどれだけ凄みが増すのだろうか。

今後の夢アドが更に楽しみになった。

20170219_06.jpg

可鈴ちゃん、ゆうみん、京佳ちゃん。

今日は本当にお疲れ様。そして、幸せな時間をありがとう。

■爆音で聴く『アイドルレース』最高だった


Posted by りすお [RIS-O] on 19.2017   0 trackback

X JAPAN 来週のミュージックステーションに出演決定

Category : Music


X JAPANが2月24日の『ミュージックステーション』に出演決定

再結成後のX JAPANは年末特番であるMステスペシャルに出演したことはあったものの、1時間番組の通常のMステに出演するのはかなり久々であるはず。もしや20何年ぶり!?

20141226_04.jpg

果たしてどのような衣装と髪型で登場するのだろうか?

20141226_11.jpg

Mステスペシャルのときのような豪華演出は出来ないだろうけれども、
生放送でどんなパフォーマンスで魅せてくれるのか楽しみ。
(番組の構成上、生演奏ではなく当て振りだけど…)

Mステで演奏される楽曲はドキュメンタリー映画のテーマソングになっている『La Venus』(ラヴィーナス)

X JAPANのドキュメンタリー映画の公開は3月3日(金)

気づいたらあと半月くらいまで迫っていたのか…

YOSHIKIのソロコンサートでチラッと映像が使われていて、それを見ただけでウルっとしてしまったことを考えると、映画は号泣必至かな…。




Posted by りすお [RIS-O] on 17.2017   0 trackback

ヒゲ脱毛に興味津々

Category : Diary
突然だけどヒゲ脱毛したいなーと。

外国人や日本人でも濃い目の顔をしている人ならともかく、一般的にヒゲが似合う人って少数派だと思うんだよね。

それにヒゲがほとんど生えていない、もしくは薄い人は若く見える気がする。

見た目以外にもメリットがあって(むしろこちらの方が大きいかも)

毎朝、ヒゲを剃る手間・面倒くささから解放されるということ。

これは大きい。

もしヒゲが生えなかったからカミソリで肌荒れすることもなくなるし。

AKB48 小嶋陽菜が出演しているフジテレビ系『ハイ_ポール』内の1コーナー『神の間』にて…

20170216_01.jpg

ふとしたことから山田孝之のヒゲの話になり…

20170216_02.jpg

ウーマン村本がゴリラクリニックでヒゲ脱毛をしていることを告白

ウーマン村本:僕ヒゲ脱毛行ってるんですよ今・・・ヒゲ脱毛、ダメ?

こじはる:いや、いいんじゃないんですかね。

ウーマン村本:ゴリラクリックで。

こじはる:みんな行ってる!それ! (アンジャッシュ)児島さんも行ってますよね?

20170216_03.jpg

ゴリラクリックのHPにアクセスしてみたら本当に児嶋氏が掲載されていたw

自分のフォロワーさんはヒゲを含む全身脱毛に興味があり、値段がやや高めなゴリラクリニックではなくイセアクリニックに行く予定なのだとか。。。

デリケートな話題(?)だからなのか、それとも男性で脱毛しようと思う人が少数派だからなのか分からないけれど、自分の周囲で脱毛をしている人を見かけたことがない。

視力矯正施術であるレーシック経験者は結構いたんだけどな。。。

ちなみに僕は自分の周囲にレーシック成功者が5人以上現れたのを契機に、自分もレーシックを受けることに決めた。

レーシック施術から5年以上経過した今も両目の視力は1.2~1.5を維持している。
(レーシック施術前は両目ともに0.03くらいだった)

メガネやコンタクトのわずらわしさ・維持費から解放されて本当に良かったと思っている。

副作用といえば直射日光や横断歩道の白線がやや眩しく見えるくらいで、日常生活に差し障るほどではないし、オシャレついでにサングラスをかけていれば問題は全くない。


GAKCT氏は全身脱毛を行っているようで、ツルッツルの足をインスタにアップしていた。

ヒゲ脱毛に成功したら全身脱毛にまで行っちゃいそうで怖い…ヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 16.2017   0 trackback

Silent Siren ファンクラブイベント 第8弾 バレンタインスペシャルライブ

Category : LIVE
Silent Siren ファンクラブイベント 第8弾 バレンタインスペシャルライブに行ってきました(*・∀・)ノ

会場は恵比寿リキッドルーム

えっ、日本武道館や東京体育館クラスを埋めちゃうサイサイがリキッドルームでライブ!?

そうなのです、ファンクラブ限定ということで距離の近いライブハウスでのスペシャルライブなのですщ(゚Д゚щ)

リーダーのひなんちゅ(Drums)曰く、『もの凄く抽選の倍率が高かったライブ』なのだとか。

リキッドルームといえば、2年連続でサイサイがクリスマスライブを行ったゆかりのあるライブハウス

【参考リンク】
Silent Siren Live in X'mas ~また来たよ♡今年もちゃっかりクリスマス~
Silent Siren Live in X'mas ~聖☆ピンク☆night~

バレンタインライブと銘打って開催されたライブは今回が初めてだったのだけど、過去にクリスマスライブで何度か訪れていたこともあって初めてな感じはしなかった。

本日のFC限定公演はSOLD OUTとのことで、恵比寿リキッドルーム2Fのロビーはファンでパンパンに膨れ上がっていた。

20170214_01.jpg

入場時にバレンタインライブ限定のサイサイタオルが配布された。

おおぅ…タオル配布されること知らなくて、普通にグッズのタオル持ち込んでいたから2枚重ねだわ(汗

整理番号はあまりよくなかったけれど、しっかり視界が確保できる位置をキープすることができた。

当たり前だけどやっぱりライブハウスは距離が近い!!

武道館や東京体育館みたいな巨大な会場だと、どうしてもステージからの距離が遠めになっちゃうからね。



開演していよいよサイサイのメンバー達が登場!!

20170214_02.jpg

まさかの全員平野ノラ!!(笑)

なぜバレンタインに平野ノラ!?

予想の斜め上を行くコスプレに会場ザワザワw

セトリ1曲目はバブリーさを感じさせる(?)『Dance MusiQ』からスタート!

20170214_03.jpg

工藤静香風のひなんちゅ(Drums)
黒髪が似合っているあいにゃん(Bass)

この2人のバブリーな恰好は意外に違和感がなかった←

掛け声は『オッケー!バブリー♪』

ちなみにメンバー達が手に持っているバブル期の巨大な携帯電話は、テレ朝動画さんのお手製の段ボール携帯なのだとか。

すぅ:今日は久々のライブハウスだー!!

メンバー達は気合十分といった感じで素晴らしい歌&演奏だった。

サイサイコーナーではファンにアンケートを取ったり、ファンクラブイベント(ライブ)恒例の大抽選会も行われた。

レーベルを移籍しても、メンバーとファンの距離の近さは変わらないし、変えるつもりもないことが分かって安心した。

本日はバレンタイン当日のスペシャルライブ!!

ということで、曲名に『LOVE』がつく曲が立て続けに演奏された。

『LOVE FIGHTER』は年末ライブで演奏されなかったのだけど、本日のライブでは演奏されていた。



インディーズ時代の懐かしい楽曲を生で聴けたのは本当にレアだった。

その他、新曲を2曲も初披露するなど、ファンクラブ限定ならではの演出もあったり。
(新曲『Love Balloon』 『Days』)

そういえばロック好きから評価の高い『Limited』が演奏されたのも久々かな?

年末ライブのセトリも良かったけれど、今日のセットリストも良かった~ヽ(´ー`)ノ

新曲『フジヤマディスコ』はあいにゃんのベースが特にフィーチャーされていてカッコイイね。

20170214_04.jpg

ライブ終演後、出口にてサイサイからのバレンタインチョコのプレゼントを貰ったヾ(≧∀≦*)☆彡

20170214_05.jpg

終演後に行われたサイン会ではメンバー達に一言ずつ声をかけることができて良かったヽ(´ー`)ノ

メンバーのMCから察するに、今回のレーベル移籍は世界進出を視野に入れているようだ。

そのうちBABYMETALのように海外を飛び回ることになるのだろうか…!?

6月から開始される全国ツアーが待ち遠しいなー。



■サイレントサイレン (インディーズ曲) 『Loveのしるし』


Posted by りすお [RIS-O] on 14.2017   0 trackback

『「超」怖い話2』 完成披露試写スペシャル ~夢みるアドレセンス 主演映画~

Category : idol
『「超」怖い話2』完成披露試写スペシャルに行ってきました(*・∀・)ノ

20170212_03.jpg

昨年公開された映画『「超」怖い話」に夢アド リーダーの荻野可鈴が出演。

そして今回の『「超」怖い話2』には夢アドから荻野可鈴、志田友美、京佳、山田朱莉が出演することに。

監督は前作と同じく千葉誠二氏。

前作は1話完結のオムニバス形式だったのだけれども、今作はメンバー4人が映画の中でも友人同士という設定。

ただし、基本的に各メンバーそれぞれのストーリーとなっており、4章それぞれで超常現象(心霊現象)に巻き込まれて行く感じ。

本上映は今夏ということで基本的にネタバレNG

そんなこんなで内容には特に触れないのだけれども、思ったより本格的なホラーだった。

 ・京佳ちゃん血まみれ体当たり演技
 ・志田友美の特殊メイク(作中では別人だと思った)
 ・笑ってはいけない志田友美(?)

自分が特に気になったところは上記3か所かなー。

映画上演後、メンバー3人(荻野可鈴・志田友美・京佳)および千葉誠二監督によるトークショーが行われた。

通常、映画の完成披露試写会で行われるトークショーは5~10分程度で、後はマスコミによるフォトセッションになることが多いのだけど…

今回はトークショーの時間がたっぷりあって良かった。(20~30分近く?)

映画の裏話がたっぷり聴けたし、リーダー荻野可鈴ちゃんも「京佳血まみれ」と「笑ってはいけない志田友美」のシーンが気になっていたようで、やっぱり皆気になる点は一緒なんだなぁとヽ(´ー`)ノ

メンバー曰く、『私たちアイドルだからもうちょっと可愛らしい感じの映画になるのかと思ったら結構ガチで!』とのこと。

笑顔のシーンが全くといいほど出てこないからね。

例によって夢アドの3人は話が脱線しがちで、戦慄のホラー映画を見た後とは思えない面白いトークショーになった。
千葉誠二監督も『ホラー映画でこんなに面白いトークショーは初めて』と言っていたようなw

トークショーでは普段の夢アドのアイドル衣装とは対照的なゴシック風の衣装姿が見られて良かったヽ(´ー`)ノ










えっと…京佳ちゃんだけちょっと衣装のテイストが違うような(笑)

お胸の強調具合が凄まじい…最年少なのに(๑¯ω¯๑)


■特典会 2ショット写メ 志田友美

去り際にお褒めの言葉を貰えてご満悦(๑¯ω¯๑)

ファン1人1人を大切にしていることが伝わってきた。

20170212_01.jpg


■特典会 全員ショット写メ

京佳:自分のことカッコイイと思ってる!!

友美:(コートだけ)キムタクっぽい!

相変わらずメッチャイジってくるw

20170212_02.jpg

来週はいよいよ夢アド東名阪ツアーファイナル。

3人体制で臨むことになったZepp DiverCity Tokyoの大舞台。
果たしてどのようなステージになるのだろうか。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2017   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend