YUMELIVE!JAPAN Vol.1 ~夢みるアドレセンス定期公演~

Category : LIVE
夢みるアドレセンスの定期公演 YUMELIVE!JAPAN Vol.1に行ってきました(*・∀・)ノ

会場は渋谷WWW

オールスタンディングのライブハウスながら高低差があるため、比較的見やすい会場。

過去2年ほど夢アドの定期公演YUMELIVE!はAKIBAカルチャーズ劇場で行われていたのだけど、最近の定期公演はソールドアウト続出。有料会員でも整理番号が限りなく後ろの方になるという事態が生じていたので、次のステップとして更に広い会場へと場所を移すことになったわけです。

YUMELIVE!は隔週木曜日公演で、大体月に2回~3回の公演だった。
一方、YUMELIVE! JAPANは月イチ公演となり、回数自体が減ってしまった。

メンバー個々の活動が活発化してきたり、他のイベント・対バンに出演する機会が増えてきたので、メンバー全員を隔週木曜日に招集するのが難しくなってきたのかもしれない。

渋谷はライブがある時くらいしか行かないのでアウェイ感が凄い。

地方民からすると秋葉原も相当だけれども、渋谷はとにかく人が多すぎる。
道が狭いから余計にそう感じるのかもしれない。

距離的には駅からさほど歩くわけではないけれど、トロトロ歩いている人が多いから会場に辿り着くまでに余計に時間がかかっている気がするなぁ…。

今日の公演は会社から定時ダッシュで駆け付けたのだけれども、既に入場が始まっていた。
AKIBAカルチャーズ劇場なら間に合っていたのだが…

ライブハウスなのに大きな荷物を持ち込んでいる人が多くて驚いた。

近くにいたスタッフ達も『みんな荷物持ち込んできちゃってるから…』と困惑した話しぶりだった。

結局、会場下手後方のエリアも開放してなんとか観客を会場内に入れることが出来た。

とはいえ、過去にLIVEで渋谷WWWを訪れたときは(関係者席が広かったせいか)もっとギュウギュウだったから、渋谷WWWのキャパ限界までチケットを出していたわけでもなさそう。

それとも、先日の泡パーティで歴戦の猛者たちが軒並み風邪をひいていたから、
今日のLIVEを欠席している人も多かったのかな…(笑)

■泡パーティーで風邪をひいた人達の様子



■トピックス
・女性限定エリアは中段の下手側にあった
・「YUMELIVE! JAPANのポーズ」をメンバー達がひたすら推していた
・YUMELIVE!と比較して曲数が増えた
・『キャンディちゃん』など懐かしい曲も入っていた
・曲中にメンバー達が交代でステージ袖に引っ込んで早着替えして出てきた
・ダンスショーのような演出もあった
・MC中にBGMがかかっていた(前回の東名阪ツアーと同様の演出)
・メジャー1stアルバム リリース無期限延期が発表された(原因はメンバー小林れいの喉の不調)
・アルバムは無理だがシングルなら医者のOKが出た(?)
・今冬シングル3連続リリース決定
・2017年1月に東名阪ツアー決定 (会場は前回のツアーと一緒、すべて土日)

■セットリスト
1 Viva! シャングリラ
2 ステルス部会25:00
3 リーダーシップ
4 涙が出るくらい 伝えたい想い
5 サマーヌードアドレセンス
6 ひまわりハート
7 くらっちゅサマー
8 Love for You
9 キャンディちゃん
10 ファンタスティックパレード
~アンコール~
11 おしえてシュレディンガー
12 舞いジェネ!

■衣装
『舞いジェネ!』衣装 ~ Zepp DiverCity Tokyoで披露したお姫様風衣装

20160923_01.jpg
20160923_02.jpg

YUMELIVE! JAPANのポーズ

指の形が「J」を表しているそうな。

発音は『じゃっぱ~ん!』(?)

リーダー荻野可鈴のドヤ顔が凄かったw

結成当初から行っている最後の挨拶『バイ夢~♪』よりも流行ったりして←

ちなみに「バイ夢」に関しては『流行るまでやりますっ!!』(by 荻野可鈴)

今日の公演については、ライブパフォーマンスだけでなくMCまでガッチリパッケージ化された台本通りの公演という感じだった。
メルパルクホールで行われた昼・夜2回のワンマンライブでMCが全く一緒だったときのような、ちょっとした違和感を感じた。
色々発表があったから仕方がないとはいえ、普段のYUMELIVE!みたいな肩の力が抜けた自由なMCも聴きたかったところ。

渋谷WWWはオールスタンディングのライブハウスだから仕方がないけれど、やっぱりカルチャーズ劇場の方が見やすいね。
カルチャーズなら基本座りだからよほど座高の高い人が来ない限りメンバー達の姿をじっくり見ることが出来るけれど、オールスタンディングで身長180cm超の高身長ヲタが各段の最前列にいたりするともうね…。

照明や音響もカルチャーズ劇場の方がしっかりしてる。
渋谷WWWも比較的新しいライブハウスだけど、コンクリート打ちっぱなしの壁とか…
どうしても地下アイドル感が漂ってしまう…。

ただ、YUMELIVE! JAPANになって曲数が増えたし、メジャーデビュー前の曲もやるようになって盛り上がりやすくなったことは確か。カルチャーズ劇場(YUMELIVE!)で座り席ではなく敢えて立見席を選んでいた人はYUMELIVE! JAPANになっても楽しめたんじゃないかな。



ライブレポと発表内容は上記記事を参照

アルバム発売の無期限延期発表の時、小林れいちゃんの目には涙が…。

アルバムリリースは×でシングルのリリースはOKというのは謎理論だがw
アルバムに収録予定だった新曲(収録済み)からシングルカットしていくのだろうか。

こうなるとメジャー1stアルバムはいきなりベストアルバムになってしまう予感。
2枚組ならアルバム曲が入る余地はありそうだけど…

20160923_04.jpg

m9っ`Д´) アルバム発売延期に3枚返しだ!!

これって半沢直樹!?Σ(・ω・ノ)ノ!

CDリリースイベントにすべて参加しているような精鋭達は男女問わずお金持ってる印象を受けるけれど、実際、3枚連続リリースに耐えられるユメトモ(ファン)はどれくらいいるのだろうか…。

というのも、今夏、夢アドの新曲『Love for You』と、志田サマー新井サマー(志田友美参加のユニット)のCDリリースが比較的近かったこともあり、志田サマー新井サマーのイベントにあまり人が集まらないこともあったからだ。

志田サマー新井サマーのCDリリースイベントでは、新井サマー(東京女子流@新井ひとみ)のファンの方が圧倒的に多い回もあったりした。一応、志田友美はリーダー荻野可鈴と人気を二分するエース的な存在なのだけど…

かくいう自分も金欠なので例のハイタッチ会はスルーして帰宅した。
聞くところによると(ハイタッチ会なので)秒単位の接触だったらしい。

YUMELIVE! JAPANが月イチ公演になって会える機会が減ってしまうのかな…と心配していたけれど、シングル3枚連続リリースがあるのでどうやらその心配はなさそうだ。

しかし、その前に資金が尽きてしまいそうなので、手持ちの銘柄がストップ高になってくれないかなぁ…なんて妄想してしまうのであった。

Posted by りすお [RIS-O] on 23.2016   0 trackback

【悲報】 夢みるアドレセンス ついにハイタッチ2000円時代に突入

Category : idol




20160922_01.jpg















20160922_02.jpg










Posted by りすお [RIS-O] on 22.2016   0 trackback

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- BLACK NIGHT

Category : LIVE
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- BLACK NIGHTに行ってきました(*・∀・)ノ

仕事が立て込んでいたので、昨日も今日も仕事に行ってからドーム公演参戦(泣

この日は首都圏に台風が上陸する日で、ドーム公演中にまさに台風が通り過ぎる予報になっていた。

嵐を呼ぶメタルアイドル、それがBABYMETAL(違

多くのフォロワーさんが東京ドームに集結していたので、挨拶したかったのだけど…
大雨&風&人多すぎでとてもじゃないけれど会える状況じゃなかった…。残念。



2日目のLIVEは5分遅れで開演。

昨日と比較すると入場が比較的スムーズに行ったからかな?
そもそも昨日は開場時間から押していたみたいだけど…。

昨日同様、KOBAMETALの説明VTRからライブがスタート!

やはりセットリストの最初は『BABYMETAL DEATH』から始まるのがすんなり来るね。

東京ドームという大舞台で堂々としたパフォーマンスを魅せる彼女達を見て、涙腺が何度も緩んだ。

初期の頃はTokyo Idol Festivalの小さいステージでパフォーマンスしていた彼女達が、今、東京ドームのセンターに立っている。

そもそも当初BABYMETALが口パクのダンスユニットだったことを知っている人は何人いるのだろう?

その後、SHIBUYA O-EASTワンマンライブから徐々に生歌比率を増やし始め…

Zepp DiverCity Tokyoで行われたLIVE『五月革命』にて完全生歌パフォーマンスを披露。

わずか45分という前代未聞のワンマンライブだったけれど、初の全編生歌+バンドライブということもあり不思議と満足度は高かった。

20160920_01.jpg
© Taku Fujii/MIYAAKI Shingo

NHKホールでワンマンライブを行っていた頃は、3階席のチケットが500円でオークションに出品されていたのに、今や東京ドームをSOLD OUTさせているんだもんなぁ…。本当に感慨深いものがある。

20160920_02.jpg

アリーナは勿論、外野席までビッシリと埋まった東京ドーム。

20160920_03.jpg

この2日間で11万人もの人々がBABYMETALを見にドームに集結しているという事実。

20160920_04.jpg

セットリストは昨日よりも1曲少ない12曲だった。

場面転換&メンバーの移動時間を稼ぐために昨日よりVTRが多めだった。
そして、曲の間奏で行われるコール&レスポンスも長めだった。

『ヘドバンギャー!!』でヘドバンしているとき、中央の360度円形モニターに度々ファンのオッサンが映し出されていたんだけど、その表情があまりに幸せそうで笑っちゃったよね(笑)

VTRが多めでコール&レスポンスが長かったせいか、個人的には昨日よりも若干間延びした感のあるライブだった。

自分とほぼ同じ時期から参戦している知人も同様の感想だったけれど…
他のフォロワーさんは1日目よりも2日目のLIVEの方が良かったと言っていたなー。

20160920_05.jpg

そうそう! 東京ドーム仕様の特注衣装が素晴らしかった!!

今までのBABYMETALの衣装の中で一番好き。

特に2日目の衣装は赤黒で「これぞBABYMETAL!」といった感じの衣装だったし、ラメがキラキラしていて綺麗だったなー。

昨日の公演タイトルが『RED NIGHT』で今日の公演タイトルが『BLACK NIGHT』だったわけだが…

衣装の色を見ると『今日がRED NIGHTだったんじゃね?』とつぶやいている人が多かったw

しかも、今日のセットリストの中に『紅月~アカツキ~』が入っていたし、どう見ても昨日より今日の方がRED NIGHTだよなぁなんて思ったり。



LIVEの模様はこんな感じ。

中央の円形ディスプレイを見るシーンも多く、”カメラワーク命”みたいなところがあったな…。

今後Blu-ray/DVDとして映像化されると思うけど、まずはその前にWOWOWで放送があるはずだから、それを楽しみに待っていよう。

自分の拙い文章力ではこの2日間のLIVEの熱量を伝えきれないので、レポに関しては優秀な記者やブロガーの感想を見てほしい。

例えばこちらのブログとか。

BABYMETAL東京ドームの興奮と、曖昧な不安

BABYMETALの、そして日本のライブの一つの完成形を見たように思う。もっとも、言葉を選ばず言うと、同ユニットと日本のライブの限界を見てしまったようにも感じた。これ以上、何をするというのだろう。



これは言い得て妙だと思う。

『BABYMETAL東京ドーム公演の完成度があまりに高すぎて、これ以上何をすればいいのか分からない。』と言っているからだ。

他のバンドやアイドルはともかく、BABYMETALならその壁をも乗り越えていけると信じてる。

あと、簡潔な文章でBABYMETALの魅力を十分に伝えているブログを書いているなーと思ったのは、アイドルグループ℃-uteの鈴木愛理さん。

♡BABYMETAL(あいり)

”BABYMETAL愛”が伝わってくる内容でイイネ!!

本格的に海外進出を果たす直前に行われた日本武道館公演
そして国内最大規模の会場で行われた今回の東京ドーム公演。

BABYMETALの節目のLIVEに立ち会うことが出来て本当に幸せだった。



20160920_06.jpg

帰りに以前から一緒にBABYMETALのLIVEに参戦している知人とお好み焼き屋さんに行ったら、店先にペッパー君が!!

20160920_07.jpg

この日は台風直撃ということもあり、店が空いていて快適だった。

BABYMETALはこれからまたフェスやツアーで海外を周っていくのだろうけれども、観光も兼ねて海外公演にも行ってみたいなぁなんて思った。

Posted by りすお [RIS-O] on 20.2016   0 trackback

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT

Category : LIVE
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHTに行ってきました(*・∀・)ノ

20160919_01.jpg

20160919_02.jpg

この日は台風の影響であいにくの空模様

会場周辺は人と傘で溢れていた。。。

20160919_03.jpg

今日明日が屋内ライブで本当に良かったと思う。

20160919_04.jpg

メジャーデビュー前からずっと見てきた彼女達がついに東京ドームの大舞台へ…。

20160919_05.jpg

ツアーTシャツとリストバンドを装着して、参戦準備完了!!



ツアーファイナル東京ドーム公演は、アリーナ・スタンドを含めすべて指定席制だった。

全席指定はNHKホールの聖誕祭LIVE以来かな?

【参考リンク】
BABYMETALワンマンライブ LEGEND "1999" YUIMETAL & MOAMETAL聖誕祭

ワンマン、FC限定LIVE、フェスを含めオールスタンディングばかりだったから逆に新鮮。

顔認証を終えた直後、入場時にスタッフから発光型コルセットが配布された。

どうやらTHE ONEシート(FC限定シート)のアリーナの観客だけではなく、スタンド席の客にも配られていたらしい。

ドーム公演2日間で11万人が来場していたらしいので、11万個用意していたのか…凄いな。

裏にカッコイイロゴ(絵柄と文字)が記載されていたので、最初はそちら側が表だと思っていたのだけど…



思いっきり逆だったwww

間違えている人があまりに多いからなのか、LIVE開演前に運営が急いで告知を出すという…w

最近流行りの発光型LEDリストバンドではなく、なぜコルセットなのか?については改めて説明するまでもないと思うが、BABYMETALはユニット結成当初からX JAPANを意識した演出を行っており、ドラム演奏時のYOSHIKIがコルセットをしていることに由来している。

客席に足を踏み入れた瞬間!!

『うぉお! センターステージじゃん!』と感動してしまった。

センターステージ構成は日本武道館公演以来だから懐かしかったなぁ。

BABYMETALの過去のワンマンライブの中で一番印象に残っているのが日本武道館公演だったから、このセンターステージ構成は嬉しかった。

【参考リンク】
BABYMETAL 日本武道館ワンマンライブ!! 「赤い夜 LEGEND 巨大コルセット祭り〜天下一メタル武道会〜」
BABYMETAL 日本武道館ワンマンライブ!! 「黒い夜 LEGEND "DOOMSDAY" ~召喚の儀~」

日本武道館はロックバンドの登竜門として有名だけれども、実際はお金さえ出せば誰でもコンサート出来てしまうし、ガラガラの客席でも『日本武道館公演を成功させたバンド/アイドル』なんて宣伝に使われることもあった。

正直、NHKホール(3500人クラス)から一足飛びに日本武道館(8000人クラス…しかも2days)に行くのは無理じゃないか?と思っていたのだが…



彼女達は見事に2日間ともソールドアウトさせたのである。

”世間がBABYMETALを放っておけなくなった”のもこの頃からだった気がするな…

20140408_02.jpg
BABYMETAL@日本武道館公演

当時、日本武道館公演の舞台装置も凝っていて凄いと思ったけれど、東京ドームのそれは更にグレードアップしていた。

20160919_09.jpg
※場内撮影禁止だったのでネットから拝借

巨大な円柱型ステージ!!

しかも360度死角のない曲面型ディスプレイが取り付けられていて、アリーナ席・スタンド席どこからでも楽しめるようになっていた。

20~30分押しでいよいよLIVEスタート!!

プロデューサーのKOBAMETALから『MCも無ければアンコールも無い』ノンストップライブであることが告知され、更に『アルバム「BABYMETAL」(1st)と「METAL RESISTANCE」(2nd)からすべての楽曲が披露される』ことが発表された。
さらに驚いたことに『一度奏でた調べは二度と奏でることはできない』と発言し、ドーム公演初日と2日目は全て違うセットリストになることが発表され、驚きを隠せない観客たちの歓声が凄かった。

20160919_10.jpg
© Taku Fujii/MIYAAKI Shingo

LIVEの素晴らしさ・クオリティの高さは文字では伝えられないほど。

屋内コンサートであんなに高い火柱が上がるのも初めて見たし、スタンド席にいた知人達まで「炎の熱が届いた」と言ってたから、ステージ内にいたBABYMETALと神バンドのメンバーは相当暑かったんだろうなぁ。

5万5千人の熱量も凄まじかった。

武道館公演のときと同じく、円型のステージの外周はぐるぐる回る仕掛けになっていて、曲中に360度ぐるりとBABYMETALの3人が回っていくような曲もあった。

個人的に最も好きな演出&ダンスになっていたのが1stアルバムに収録されている『Catch me if you can』かな。



メンバー達が鬼ごっこで走るポーズをしながら360度ぐるぐる回っていく姿がとてもチャーミングだった。

更に、BABYMETALのメンバーが裏側にいる間、円の内周にいた”神バンド”が逆側に来るようになっていたりして、凄く工夫されていた。言葉では説明しずらいけれども、円型ステージの外周と内周が逆回りに動いたり、エレベーターで装置の頂上まで行ったメンバー達がそこでパフォーマンスすることも度々あって…
とにかくスケールのデカい凄まじい舞台装置だった…w

センターステージ構成ということもあり、四方八方から飛んでくる照明やレーザー光線による演出も凄かったなぁ。
こればかりはライブビューイングやBlu-ray/DVDでは味わえない独特の雰囲気・臨場感があると思う。

20160919_11.jpg

2ndアルバムに収録されている『シンコペーション』

生で聴いたのは今日が初めてだったけれども、鳥肌が立つほど格好良かった!!

普通のアーティストであれば、アルバム発売→アルバム曲を引っ提げて回るツアーという流れになると思うのだけど、BABYMETALは2ndアルバムの曲の一部しか公開してこなかったので、実は国内で初披露される2ndアルバムの曲も結構あったんじゃないかと思う。

およそ80分のノンストップライブは無事に終演。



メタル色の強いセットリストで、自分好みだった。
2ndアルバムの曲が多かったなーという印象。

20160919_06.jpg
20160919_07.jpg

さらば東京ドーム!!



終演後、フォロワーさんと合流して新大久保の焼肉IWAで打ち上げ

20160919_08.jpg
TRILOGY!!

BABYMETALツアーTシャツを着て焼肉IWAに入ったら、BABYMETAL好きのおじさんに『ライブ行ってきたんですか!! 自分初日のチケット取れなかったんですよー!』と話しかけられたw

自分以外の2人はBABYMETALのLIVE初参戦だったらしいけれど、楽しんでくれたようで良かった。

バンド生演奏ライブは久しぶりだったらしく、改めてバンド演奏の良さに気づいたのだとか。

20160919_13.jpg
20160919_14.jpg

この感動を思わず誰かと共有したくなるような東京ドームライブだった。

20160919_15.jpg

Posted by りすお [RIS-O] on 19.2016   0 trackback

GEM Live Mixture 2016 ~4th STAGE~ vol.6ct & vol.7ct

Category : LIVE
GEM Live Mixture 2016 ~4th STAGE~ vol.6ct & vol.7ctに行ってきました(*・∀・)ノ

この日は朝9時からTOHOシネマズ日本橋で『君の名は。』を観て、三越前駅から末広町へ移動。
末広町から秋葉原駅方面に向かい、AKIBAカルチャーズ劇場でGEMの昼公演(vol.6ct)を観て、アキバのカフェでサクっとブログを更新した後、再びAKIBAカルチャーズ劇場でGEMの夜公演(Vol7.ct)を観るという強行スケジュール。

我ながら時間を無駄にしないスケジュールの入れ方に惚れ惚れするわー(笑)

『君の名は。』の時間がどうしてもLIVEにかぶってしまうので、朝イチで映画館に向かうしかなかったヽ(´ー`)ノ

AKIBAカルチャーズ劇場は夢アドが隔週木曜日に定期公演を行っている関係でメンバーズ(有料会員)になっていたので、GEMもメンバーズ枠で先行予約していた。

昼公演 → 最前列
夜公演 → 2列目

この運を夢アドに使いたかった…ε=\_○ノ

いや、単にGEMILY(GEMファンの総称)にメンバーズが少ないだけなのかもしれない。

なんせ月1公演だからね。

とはいえ、昼公演からなかなかの混み方だった。
夜公演はやたら混んでいたのだけど、なんと満員だったらしい。

今月のテーマは学園祭。

本日の公演のために特別VTRが作成され、オープニングで流されていた。

そして何と、GEMのメンバー達は全員制服姿(ブレザー&セーラー)で登場!!
各々スカートの丈が長かったり短かったり、スカートにリボンが付いていたり…
1人1人違ったアレンジで制服を着ていた。

8月は浴衣姿だったから、GEMはこれから毎月コスプレ(?)で登場してくるのかな…。

今月の衣装に関しては、萌えというよりも…
パフォーマンスが始まって間もなく皆汗だくになっていて暑そうだった←
※GEMのダンスはアイドル界の中でもかなり激しめ

相変わらずダンスはキレッキレで見ていて気持ちが良かった。

昼公演は演劇部というテーマで寸劇が挟まれたりしたのだけれども、個人的には歌で攻めてきたアイドル部があった夜公演の方が良かったかな。
アイドル部のパートではNMB48『ナギイチ』とSKE48の曲のカヴァーでパフォーマンスがあったのだけど、今日一番のMIXはこのシーンだった気がする←

夜公演では『No Girls No Fun』が聴けて良かったなー。

個人的にアルバムの中で一番クールな曲だと思っていたし、ずっと生で聴いてみたいな…と思っていたから嬉しかった。

GEMは曲とパフォーマンスが好きで特に推しメンはいないので、公演終演後サクッと退場。

そういえば、MC中にメンバーが言っていたのだけど、GEMは今度初の撮影会(写メ会?)を行うのだとか。
ずっと応援してきたファンにとっては待望のイベントだろうなー。

その点、ビジュアル良しスタイル良しの夢みるアドレセンスは初期から写メ会があったから、そういう点では恵まれてるのかな…なんて思った。

夢アドは今月下旬から渋谷WWWで月イチの定期公演を続けていくことになったのだけど、最近セットリストと衣装の固定化が著しいので…。
GEMのようにコスプレをしろとは言わないけれど、衣装を変えるなり、旧曲を中心にしたセットリストにするなり、ファンを飽きさせない工夫をしてくれたらな~なんて思った。

Posted by りすお [RIS-O] on 18.2016   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend